CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大雨注意報 | Main | 行政説明のあり方»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
本業をどうする [2008年08月25日(Mon)]
◆昨日、震災応援エコツアーの参加者から別れ際に「体を大事に無理をしないで、本業もがんばってください」と励まされた。松倉に校舎を移転し立て直しをしているが、自然学校の基軸になっている、寄宿生やスタッフとともに暮らしを作り、その過程をとおした人づくりの取り組みはなんら変わりがない。。建て直しには、直接的なもの、間接的なものあある。直接的に本業を立て直すことはと、今は本業に結びつかないけれども将来を考えてさまざまな取り組みも必要だ。

◆今日は直接的な動きが必要で、岩手県の葛巻町まで出かける。
被災後寄宿生も避難所に残った者、一時的に自宅に帰った者などがいる。
中には自然学校に籍をおきながら、縁が深い岩手県にあるくずまき高原牧場の研修制度にお願いした寄宿生もいる。
今日は、葛巻での研修期間が終了するので、今後の生き方を考え、今後の身の振り方を本人と親と相談してくる。

◆その前に一関の印刷屋さんい震災でストップしていた印刷を再度進めるために立ち寄る。
確かに地震でストップしていた、あるいは停滞し進んでいなかった物事がたくさんある。

◆自然学校の直接的な部分の多くはスタッフがよくやってここまでがんばってきている。
それそれの課題の対応につまずくケースも多々ある。
今朝から中学生は夏休みが終わり学校が始まったが、すんなり学校へいえる子ばかりではない。今朝一人は学校へ行けていない。何が理由か今はわからない。
時間をかけてその子の本当の気持ちを探るしかない。
葛巻から戻ってからじっくり聞くとする。

◆今から、とにかく葛巻に預けている寄宿生の対応に向かう。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
今回のツアーに参加させていただき、ありがとうございました。
本当にお世話になりました。佐々木さん・菅原さん・大場さんいろいろの体験談はマスコミにあらわれない生のお話で、たいへん興味深いものでした。いろいろの組織論・コミュニケーション論などとも共通する普遍的な悩みですね。でもそれを乗り越えようとする皆さんの取り組みに感動しました。
佐々木さん、「海の学校」にスタッフの皆さんと気分転換に是非お越し下さい。 石塚
Posted by: 「七ヶ浜海の学校」石塚 洋一郎  at 2008年08月26日(Tue) 22:10

昨日のツアーは岐阜に出ていて参加できず残念でした。役場としては地区内にボランティアを入れない方針を崩していませんが、この段階こそはボランティアの働きがより重要になってきます。排他的とも思えるボランティア排除の規制を何とか崩して、耕英の復興に多くの人が参加できるようにしていきましょう。震災エコツアーは今後も続けて行き、息長く社会の関心を耕し続けていきましょう。これも自然学校の本業ですね。
Posted by: 広瀬 敏通   at 2008年08月25日(Mon) 15:36