• もっと見る
«今日のセッション終了 | Main | 美山の面白いところ»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
地方の共通の話題 [2010年02月28日(Sun)]
■平成の大合併と称される地方行政の統合が各地で進んできた。
福井県福井市も1市2町1村が合併したという。合併した福井の最東端に位置する旧美山町の上味見地区にある上味見小学校≠ェ平成13年3月に廃校になった。
廃校といっても鉄筋コンクリートのまだまだ立派な建物だ。残雪が校庭に残り周辺は山深い地域でもある。
廃校後、平成17年からこの校舎を借りて、NPO法人自然体験共学センター≠ェ地域民とともに自然学校(ふくい森の子自然学校など)の運営をしている。
■「廃校になった校舎の活用と地域の活性化」・・・・以前から全国各地で聞かれる同じような話題だ。全国で活躍する、いわゆる自然学校の仲間たちも地域に入り込んで、地域の課題の解決のために取り組んでいる。
地域地域特有の課題や問題点もあるが、全国を巡りそれぞれ地域を見聞きすると共通の課題や問題点も見えてくる。
■国や地方自治体でも様々な取り組みをはじめている。「緊急雇用××」「地域活性化××」とか税金も投入されているケースも多い。
自然学校という業態はこれらの課題解決に取り組むこれまでにない役割をい担うために各地で頑張っているのだと思う。
いずれ・・・私が言い続けている「足もにある資源、地域資源を使った取り組み」これが地域を再生させ、元気にさせるだろうと思う。
ないものねだりで、外に依存するのではなく。

■自然体験共学センターも福井県、地元に働きかけ新しい動きを仕掛けている。
これまでにない発想と前例がない取り組み。これが地域を変化させる一歩だと思う。
ここでも一歩動き始めている。

■「前例がないから」とか「何かあった・・」とか言っている所からは何も生まれない。
やってみる。ダメなら何がダメなのか検討し直し、改善していく。

豊志@福井市美山

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント