CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«思い出の場所 | Main | 明日からスノーワンダーランド始»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
葛巻町 [2010年01月03日(Sun)]
■盛岡から葛巻へ来た。
大坊峠を越え葛巻町に入ると道の駅“ほすなある”がある。直売所・レストランがあり葛巻町の産物のワインや乳製品、町のPRコーナーもある。
ちなみに、“ほすなある”とは、この地域でも冬の時期に大根の葉っぱを干して味噌汁の具に入れると言う。この干した葉っぱを“干菜”(ほすな)と呼び、“干菜がある”で“ほすなある”と言っていた。

■入り口に貼ってあるポスターに目が止まった。
以前に鈴木葛巻町長が、空いてい土地や田んぼ畑を活用するために、移住者を受け入れる為のアイデアを語っていた。
具体的に町では進めているようだ。流石に動きが早い。
くりこま高原自然学校でも地域資源の生かした取り組みを地域に広める活動をしてきた。
葛巻町も、地元にあるものを生かすことが第一のようだ。企業を誘致するしか能がない自治体とは違う。




豊志@くりこま高原自然学校〓
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント