CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年03月 | Main
驟雨の街、春。3 [2016年04月13日(Wed)]

IMG_7122.jpg

あっという間に桜が散っていった。
枝先に咲き誇った淡い桃色の花は
キメが粗い泡のごとく、なくなってしまった。

あれほどに儚く可憐な花弁は、
いまや地上で無残にも車や靴の下敷きとなっている。
花ぶりが盛りの時には褒め称えられるも、
一旦地に落ちてしまえば、捨てられたタバコの吸殻や空き缶と同じというのか。
人間の冷酷さを垣間見たようだ。

さて、平家物語は、学校で習う古典であるが、
その冒頭部分は必ずと言っていいほどに暗記させられ、
教卓に座る先生に向かって、一人ずつ口頭テストをさせられたのではないだろうか。
そんな記憶があるせいか、私はいまだに暗記している。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

偉そうに言ったが、わずか100文字足らずのこと。
何度か練習して言えば、誰でも覚えられるものだ。
そして桜を見るたびに、平家物語を思い出す。
生きとし生けるものすべてが盛者必衰。
遅かれ早かれ、塵のように滅びていくものである。

物覚えの悪い私だけれども、桜好きが高じて
平家物語の冒頭を未だに空で言えるのは不思議と思う。

今年は、故郷の桜を拝められなかったのは残念だったが、
例年にも増していろんな場所から眺めることができた。
嬉しさの反面、ふと、ふみさんは桜というものを知らずして
春を過ごしていくのかなと思うと、幾分と切なくなった。
驟雨の街、春。2 [2016年04月10日(Sun)]
昔、心拍数の回数はニンゲンも動物も
生き物すべてが平等に与えられていて
一定の回数を終えたら、その命も終える、
という都市伝説のような話を聞いたことがある。

大きな動物は心拍数も少なく、
逆に小さな動物はとても早いスピードで心臓を打つから早く死ぬのだと。
当時は、その噂に妙に納得していたのだが、
いまとなっては、嘘だと思っている、確信はないけれど。

「大人になるといろんなことが大体わかるものだよ」なんて
どなたかの先輩から恭しく拝聴したが、
心拍数の話も大人になったから違うとわかったことの一つだ。
大体違うだろうということがわかった。

IMG_6299.jpg

さて、2月11日に来た我が家の天使・ふみさん(ねこ・キジ白・7ヶ月)は
まだまだ子猫だけあって、非常に体温が高く心拍数が早い。
とくに遊んだり勝手に発狂したりした後は一層早くなるから
少し心配になるものだ。

(育ての)母の優しい心遣いを他所に、ふみさんは発狂するのが好きだ。
深夜12時を回った頃から元気になるのは、ご近所迷惑になるので
本当にやめてほしいと願うのだが、きっとその思いは届かない。
今日も、彼は無邪気に走り狂っているだろう。
驟雨の街、春。1 [2016年04月08日(Fri)]

IMG_7037.jpg

散りゆく桜。
風に揺られ、嵐のごとく去りゆく季節。
花筏は波を越え、
新しい出会いを運んでくる。

一歩踏み出した今春。
いまだからこその出会いとひとときを綴るべく
筆を執ろうと、一人決め込んだ。
季節、はる。 [2016年04月07日(Thu)]

image.jpeg

花散らす雨。
いよいよ淡い桃色の夢は終わり、
新緑へと化す。

空高きところで流るる雲は
慌ただしく過ぎ去り
深い青が僅かに見えた。

どんな力も及ばずに
季節は変わり
新たな出会いがやってくるのだ。

ときの移ろいにただ身を委ね、
鼻唄なんぞを口ずさみながら
心地よさを体いっぱいに浴びる。

きっと、これが自然体。
私が私である所以なのだと思う。
愛しのモレア [2016年04月03日(Sun)]

image.jpeg

空と海の出会うところにその島はある


海の風がささやき、夜となく昼となく


あなたを呼んでいる


まだ見ぬタヒチ。


その心地よさを石井好子さんを読んで巡らせる


碧と蒼、いろんな「あお」が


タヒチで生み出されている、はずだ。