• もっと見る
« 2016年01月 | Main | 2016年03月»
no title [2016年02月29日(Mon)]
先日、大事にしていた急須を壊された。

その急須は、数年前にわざわざ益子まで連れて行ってもらって
あれやこれやと丸一日探して
諦めかけた時に、ようやく見つけた逸品だった。

一目見た時から気に入って
そのときの出会いの感動や喜びが詰まった
思い出の一つだったのだ。

だから、扱うわたしの手は
優しかったに違いない。
何年後も使い続けたいという気持ちがあったから。

形あるもの、ないもの、
いづれも時の流れとともに朽ちていく。
平家物語の教えだ。

もちろん、陶器みたいな繊細なものほど
壊れやすくて然るべきだと思う。

ただ、モノにだって寿命はある。
よく使ったから仕方ないものや
まだまだ使えたのにと若くして亡くすものがある。

不慮の事故のように壊れてしまったのが今回であるが、
その壊した相手のゾンザイな扱い方に
わたしの怒りは溢れ出したのだ。

やはり、世の中にはものを大事にできる人とできない人がいる。
きっとそれは大量生産大量消費社会を経験した
日本の弊害だと思う。

壊れたらまた買い直せばいい。
そんな思いがまだまだ蔓延ってるのだと思う。
しかしそうは思わない人が、最近増えてきているのだ。

長く大事に。
お気に入りを肌身に。
自ら語り部となりたくなるものを。

価値観の相違と、言えば仕方ない。
ただ、前者の価値観を持った人に壊されたのなら
わたしの大事な急須は浮かばれないのではなかろうか。

もう壊れてしまったから
元には戻らないけれど
また買い直そうと単純に思えないわたしがいる。

非日常の世界 [2016年02月05日(Fri)]
非日常の世界に飛び込むには、マグリットの絵を見たら良い。
これは私の金言だ。

でも、マグリットの世界観は、何も絵を見るばかりではないことが分かった。

DSCF2809.JPG

湖の鏡に映る空は、まるでマグリットが表したような風景だった。
リズム [2016年02月01日(Mon)]

どんなお仕事にも、必ずリズムがあると思うのです。

言葉のリズムなのか、音のリズムなのか、動きのリズムなのか。
お仕事によって異なるのですが、リズムは
その仕事の良し悪しを決める重要なポイントになるものだと思います。

DSC07717.JPG

先日お邪魔させていただいた、金具職人の八重樫栄吉さんはリズムの達人でした。
八重樫さんが作るのは、手打ちの打ち出し金具。
タガネを用いて、鉄板や銅板を表と裏と順番に打ち出し、立体感と表情を作り出すのです。

タガネは工房内にあるフイゴを使って一つひとつを手作りします。
タガネ作りに修行3年は必要だそうです。
一つの金具を完成させるのに用いる金具は100以上に及ぶこともあるのだとか。

こうして出来た打ち出し金具は、仙台の伝統工芸品「仙台箪笥」の抽斗につけられます。
龍や獅子、牡丹など細かな細工を施された八重樫さんの手打ち金具は
ため息が出るほどに素晴らしい。何時間だって見られちゃうのです。

八重樫さんは、三拍子のリズムで板を叩きます。トントントン、トントントン・・・。
朝一番に少し叩いた感覚で、その日1日の仕事の具合が分かるそうな。
さらに不思議なのは、奥さんも八重樫さんが叩く金具の音でその日の調子が分かると言うのです。

リズムを感じて板を叩くと、余分な力が抜けて体を痛めることがないそうです。
無理に叩かないことから、金属にしなやかな動きが生まれるのだと思いました。
力まず、金属板の反響する音を聞きながら、トントントン、トントントン・・・。

金具職人・八重樫さんのリズムは、軽快に鳴り響く三拍子でした。