CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年12月 | Main | 2016年02月»
ジャック=アンリ・ラルティーグ作品展@フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 [2016年01月25日(Mon)]

一目見たときから、恋に落ちること。それを「一目惚れ」と言いますが、
私はジャック=アンリ・ラルティーグの作品に狂いそうなほどの恋心を抱いてしまったのです。

スクリーンショット 2016-01-25 8.11.02.png
オートゥイユ競馬場の障害レース  1911年6月23日
Photographie Jacques Henri Lartigue コピーライトマークMinistère de la Culture - France/AAJHL


70歳を目前にしての遅咲きデビューでしたが、
彼の抜群のセンスは、“偉大なるアマチュア写真家”として世界に衝撃を与えたそうです。

そして彼が写すユーモアは、私にとっても大きな衝撃だったのでした。
何と言っても構図の美しさが魅力的なのです。

スクリーンショット 2016-01-25 8.09.58.png
従妹のビショナード、コルタンベール通り 40番地 パリ  1905年
Photographie Jacques Henri Lartigue コピーライトマークMinistère de la Culture - France/AAJHL



目の前の風景、出来事は、見る角度やタイミングによってまるで別物に映りますが
ジャック=アンリ・ラルティーグは、絶妙な一瞬のタイミングを切り取ります。

きっと裕福で幸福な人生を暮らしたからこそ、
“偉大なるアマチュア写真家”と呼ばれるのでしょう。

写真を撮ることの楽しさ、そして純粋に写真が好きという気持ちにあふれた
ジャック=アンリ・ラルティーグに首ったけになったのでした。

スクリーンショット 2016-01-25 8.10.30.png
自分で作ったタイヤボートに乗る兄のジスー、ルザ  1911年
Photographie Jacques Henri Lartigue コピーライトマークMinistère de la Culture - France/AAJHL



※写真はHPから引用しています。
***************************************************
開催期間 2015年11月3日(火・祝)〜2016年2月1日(月)
開館時間 10:00〜19:00(入館は18:50まで)  年末年始を除く期間中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館
入場料 無料
http://fujifilmsquare.jp/detail/15110304.html
積み上げる。 [2016年01月23日(Sat)]

ひとつ、またひとつ上に積み上げる石。
願いを込めて、祈りを込めて。

DSCF2792.JPG

大きい石の上に小さい石。
たくさんの小さい石が集まったら
大きい石だって載せられる。

カタチに合わせて
絶妙な距離感と関係性を築き上げていく。

ひとつでは成し得なかったことが
たくさん集まってできるようになる。

積み上がった石たちに
深い意味を感じたのであった。
けむり雲 [2016年01月21日(Thu)]


巨大な鉄の塊をレンガのように積み上げる。
塊が崩れ落ちないよう互いを括り付け合う。
時には針金なんかを張り出して美しくする。

人の何倍もあるような大きさにまで広げて、
のっぽの煙突を天に届くほど高く伸ばして、
毎日休むことなく、白い煙を吐出している。

DSCF2987.JPG

もくもくと吐き出され続ける真っ白い煙は、
やがてふわりと宙に浮かぶ「雲」となって、
世界中の空を覆ったり、ぽつりとたゆたう。

美しい風景画の一部として語り継がれたり、
ふいに切ったシャッターにうつり込んだり、
川辺に座るカップルの目に留まったりする。

雲製造工場は、いま私の目の前にあるのだ。
ここからすべてのけむり雲が生み出される。
Nicolas Buffe×ISETAN 「新説七福神めぐり むっつりダルマを笑わせろ!」 [2016年01月18日(Mon)]

「七福即滅、七福即生」。
七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われる
福の神7人集です。
日本人の私たちにとって、七福神は信仰の対象ですが
海外の人から見たら、どうなるのでしょう。

ジュロウジン.JPG
ジュロウジン
フクロウ.JPG
フクロウ
ダイコク.JPG
ダイコク

今年の三越伊勢丹の新宿・日本橋・銀座の3店舗では、
新進気鋭のフランス人アーティスト、ニコラ・ビュフさんによって
七福神がダルマを笑わせるために奮闘するストーリーが描かれていました。

ビシャモン.JPG
ビシャモン
ベンテン.JPG
ベンテン

現代的に描かれた七福神は、まるでロックスターのようにカッコよく生まれ変わり
もはや神としてではなく、スターのような存在になったような。。。

エビス.JPG
エビス
ホテイ.JPG
ホテイ

さて、むっつりダルマは笑ったのでしょうか。
展示は終わってしまったので、あとはご想像にお任せいたします。

*******************************************************
期間:2016年1月3日(日)〜1月12日(火)
場所:伊勢丹新宿本店/三越日本橋本店/三越銀座店

▼ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢
nicolasbuffe.com/ja/
ねこ採集B [2016年01月11日(Mon)]


先日までは「あけましておめでとうございます」と挨拶を交わしていたのが
うっかり、もう1月も3分の1が過ぎようとしています。

そうやって、毎年暮れ頃に「一年って早いわね」なんて言い合うのが
恒例行事になっていますが、今年はそうはさせません!
なぜならば、やることがたくさんあるからです。
(いつになく、ちゃんと予定を立てました!)

あれやこれや、さあやるぞー!気合が入る反面、
だら〜ん、にゃら〜んと気を抜きたくなる時も必要です(早い!?)。
といっても、年末に帰省したときに出会った
にゃんこさんたちを見返してしまったのであります笑

今年のお正月は例年になく暖かくて
車で走っていると、陽射しだけはもはや春のような。
そんなうららかな陽気に誘われて、
田舎特有のだだっ広いコンビニの駐車場で彼らに出会ったのです。

DSCF2735.JPG

運転にとても慎重な私は、その日も注意深く前進駐車をしていたところ
何やら熱い視線を感じたのです。
くるりと見渡してみるも誰もおらず、ふと真正面を向いた時にその正体が分かりました。
ベンチに隠れた、彼でした。

DSCF2730.JPG

マイペースな彼は、私に気がつくと急に眠そうな顔になりました。
かわいいなあ、なんて夢中になっていると、続々と仲間たちが登場。

DSCF2736.JPG

しっかり人と目を合わせるので、人慣れしているのかしらん?と思いながら
さよならして、安全運転で帰りました。

寅さんの街を歩く@帝釈天題経寺 [2016年01月05日(Tue)]

今年の初詣は、葛飾柴又の帝釈天へ行きました。
柴又の近くに住んでいるのにも関わらず
なかなか足が向かなかったのですが、今回ようやく行くことが出来ました。

DSCF2770.JPG

さて、今年の干支といえば「申」。
申のお寺は、滋賀県大津市にある西明寺を思い出すのですが、
柴又・帝釈天も申との所縁が深そうなお寺でした。

DSCF2756.JPG

本当に美しい木彫に彩られた門や本殿。
中でも「彫刻ギャラリー」は圧巻でした。
昭和の名匠が彫り上げた、素晴らしい木彫を拝むことが出来るのです。

DSCF2759.JPG

帝釈天は法華宗で、修行や浄土への様子が描かれていました。
中でも私は「三車火宅」という作品が印象深かったです。

DSCF2757.JPG

ある時、長者の邸宅が火事になった。
中にいた子供たちは遊びに夢中で火事に気づかず、長者が説得するも外に出ようとしなかった。
そこで子供たちを導き出すために、長者は子供たちが欲しがっていた
「羊の車(ようしゃ)と鹿の車(ろくしゃ)と牛車(ごしゃ)の三車が門の外にあるぞ」と言った。
その後にさらに立派な大白牛車(だいびゃくごしゃ)を与えた。
この物語の長者は仏で、火宅は苦しみの多い三界、子供たちは三界にいる一切の衆生、
羊車・鹿車・牛車の三車とは声聞・縁覚・菩薩(三乗)のために説いた方便の教えで、
それら人々の機根(仏の教えを理解する素養や能力)を三乗の方便教で調整し、
その後に大白牛車である一乗の教えを与えることを表している。
(Wikipedia引用)

このエピソードは後から知ったのですが、
私はまだまだ火事に気がつかない子どもだなあと思いました。(精進します!!)

しかしながら、この彫刻ギャラリー。
関東近郊ではなかなか出会えないクオリティの高さです。
今回は人も多かったので、落ち着いた頃に御朱印をもらいがてらに再訪したいと思います!

▼帝釈天題経寺
http://www.taishakuten.or.jp/index2.html
真ん中。 [2016年01月02日(Sat)]


2016年になりました。明けましておめでとうございます。
今年は、新しいチャレンジをたくさんして「前進の一年」にしたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そんな中で、ここ最近考えさせられることは「家族」についてです。
その背景には、ご近所さんたちのあったかい言葉の数々がありました。
帰省するならば、両親のことを労りなさいと、もっと長く帰省しなさいと、
言ってくださる方々が近くにいます。それも、たくさん。

嬉しいなあと思うのです。有り難いなあと思うのです。
だからこそ、改心しなければならないなあと思うことがいっぱいありました。

ふと、我が家について振り返ると
その真ん中には、私たちの愛ねこで老ねこがおりました。
私が中学に上がるときにやって来たそのねこは
親と子、そして兄妹をいつも取り持ってくれていたのです。

160102_190646.jpg

病気もすることなく、今日も健やかに寝ていましたが、
もうすっかりおじいちゃんです。
親と同じくらいに、このおじいちゃんねこに感謝。

そして私は今月、新しい家族を迎え入れようとしています。
新しくやってくる子も、おじいちゃんも
互いの存在を知ることは無いと思いますが、
もし認め合うことがあれば、仲良くしてくれるといいなあ。

優しくて、元気な子を願う親の気持ちが少しだけ分かりました。
早く、愛しきねこに会いたいです。