CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年03月 | Main
驟雨の街、春。3 [2016年04月13日(Wed)]

IMG_7122.jpg

あっという間に桜が散っていった。
枝先に咲き誇った淡い桃色の花は
キメが粗い泡のごとく、なくなってしまった。

あれほどに儚く可憐な花弁は、
いまや地上で無残にも車や靴の下敷きとなっている。
花ぶりが盛りの時には褒め称えられるも、
一旦地に落ちてしまえば、捨てられたタバコの吸殻や空き缶と同じというのか。
人間の冷酷さを垣間見たようだ。

さて、平家物語は、学校で習う古典であるが、
その冒頭部分は必ずと言っていいほどに暗記させられ、
教卓に座る先生に向かって、一人ずつ口頭テストをさせられたのではないだろうか。
そんな記憶があるせいか、私はいまだに暗記している。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

偉そうに言ったが、わずか100文字足らずのこと。
何度か練習して言えば、誰でも覚えられるものだ。
そして桜を見るたびに、平家物語を思い出す。
生きとし生けるものすべてが盛者必衰。
遅かれ早かれ、塵のように滅びていくものである。

物覚えの悪い私だけれども、桜好きが高じて
平家物語の冒頭を未だに空で言えるのは不思議と思う。

今年は、故郷の桜を拝められなかったのは残念だったが、
例年にも増していろんな場所から眺めることができた。
嬉しさの反面、ふと、ふみさんは桜というものを知らずして
春を過ごしていくのかなと思うと、幾分と切なくなった。