• もっと見る
« 喫茶店 | Main | ねこ採集»
街歩きC 吉祥寺 [2015年12月04日(Fri)]

師走の月になりました。
すっかりコートを着るようになり、
秋は終わって冬になったのだなあと感じます。

冬の陽射しはあたたかい。
冬は太陽の高度が低くなるので、光りが優しくなるのです。
こういう授業は中学生のときに習ったのかしらん。

風はつめたいけれど、晴れた日のお散歩が楽しい時期。
今回は、吉祥寺をぶらり散歩いたしました。

吉祥寺といえば、井の頭公園。
冬でもカップル・家族連れは「スワン」に乗って
水上デートを楽しむのですね。

DSCF2489.JPG

そのお隣の池は、ボート禁止のため
鳥が安心してのんびりと過ごしておりました。

DSCF2493.JPG

今回は目的地があったので、限られた時間での街歩きでしたが
吉祥寺には面白いお店がたくさんあるそうなので
今度はゆっくり散策したいです。
街歩きB 神楽坂 [2015年06月20日(Sat)]

物事には必ず由来があるものです。
地名はそこの地形から名付けられているものが多い傾向にあります。
今回、街歩きをした神楽坂は、やっぱり「坂」の多い場所でした。

DSCF0993.JPG

駅からの大通りはオシャレな店とオシャレな人でいっぱい。
しかし、一本小径に入ると、
ここだけにしかないユニークなお店や古い建物もありました。

古いお家はトマソン的な臭いのあるものが多く
曲線美のマンションや不思議なポストのあるお家など
奥に進めば進むほどにたくさんの発見があったのです。(また別の日に報告します)

街歩きで私がよくする、通行人にとって極めて邪魔な行為は
道路の真ん中で、後ろを振り返ってみることです。
前に進んでいるときには気付かなくても
振り返るだけで新しい発見があるのです。

頑張って階段を登った後に見たちょっと気持ちいい景色。
DSCF1022.JPG


元気な子どもたちがたくさん集う公園の横の小径。
DSCF1002.JPG


「とま」だけ強調されたのはなぜなのだろう。
DSCF1013.JPG


さて、最近、いろんな人に写真を学びたいと公言しているものの
なかなか前に進んでいない私。
カメラも知識も一向に更新されないままに時間だけが経過しています。

だけどちょっと励まされたのは、宮本常一さんの言葉。
「メモがわりの写真」。
何があって、何がないのかが一目でわかるためには記録が必要なのだ。
それらから教えられることはたくさんある、とさすが民俗学者。

私も見習って、引き続き、記録することを目的として、写真を撮りたいと思います。
隅々まで歩いて、外を見て、ちゃんと驚きや新鮮な発見を積み重ねよう!
そんな風に思った一日でした。
街歩きA @月島 [2015年03月29日(Sun)]

実は、上京して初もんじゃ。
月島をぶらり歩いたのは、小学生のとき以来なので
かれこれ十数年振りのことでした。

前職のお仲間がわざわざ東京に遊びに来てくださったので
東京観光をしてきました。

月島にもすてきな路地発見。
DSCF9501.JPG

コンクリートの絶妙な曲がり加減が良いですね。
ゲリラ的に道ばたに置かれた植物が味を出しています。

そして、素敵な街にはのらもじあり。
麦ッ子(勝手に命名)が可愛すぎる!
DSCF9500.JPG

遊び心満載の電気屋さん。
ナショナル系列でございます!
アンパンマンに負けないくらいの動物キャラクターが
看板にイキイキと描かれています。
DSCF9502.JPG

それにしても、もんじゃの美味しさに感激しました。
また食べに行きたいですな〜!
街歩き@ @銀座 [2015年03月25日(Wed)]

日本一の商業都市、銀座には、
たくさんのキラキラしているショーウインドウが並んでいる。
中央通りなんかを歩くと、一流ブランドの数々が
素敵に彩られて、四季折々のおしゃれを発信している。

そんなキラキラ・わくわくの銀座の通りを
一本脇道に入るだけで、面白い顔が見えてくる。

どんつき、と規則正しい屋外ファン。
DSCF9375.JPG

カワイイのらもじ。
DSCF9373.JPG

自販機の落書きと焦げた壁。
DSCF9376.JPG

銀座は奥深い街である。