CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 工芸美術 | Main | メディアアート»
石井抱旦―游 絲 遥―獨・抱旦・展(ひとり・ほうたん・てん) @ギャルリ志門 [2013年12月05日(Thu)]

むっちゃ楽しい!
ワクワクの展示です!
立 愉.JPG
「立ー愉(yu)」

なんでかというと、
文字が躍っているからなのです。

立 刻.JPG
「立ー刻(koku)」

文字と言うべきか、人と言うべきか。
とにかく、いまにも跳び出しそうで
いまにも走り出していきそうで、
つい追いかけて行っちゃいそうで、楽しいのです。

立 躍.JPG
「立ー躍(yaku)」

いま、字の練習で
流行の「ボールペン字練習帳」なるのものを2冊、
「筆ペン練習帳」なるものを1冊。
それに加えて、書きやすいと謳われていたボールペンと筆ペン。
筆ペンで書くならばと和紙の練習紙を買い、
時間のあるときにちょこちょこ練習しておりますが、
これを見て、気づきました。

文字は、こうであるべきだと。
だって見ていて楽しいですからね!

立 48態.JPG
「立ー48態(tai)」


と言っても、仕事は読めなければ仕方がないので
ちょっとだけは練習を続けます。

この48態シリーズが素敵!!

鬼 48態.JPG
「鬼ー48態」


そして、この展示にはまだまだ続きが…

それはまた今度で。


****************************************************
ギャルリ志門
東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル3F
TEL:03-3541-2511
11:00~19:00(最終日17:00)
2013.12.2.(月)~12.8(日)
http://g-simon.com/a_topics.html


石井抱旦
前衛書のメッカである奎星会に属して活躍する石井抱旦は、
極めて包容力の大きい豊かな表現をし、面で表せる墨の変化に、いま果敢に挑んでいる。
もとより晋、六朝、唐といった書のルーツの要素を筆技に託し、
文字を書くときはここにも独自の形を生み、
作品それ自体が一つの生命体として発言する厳格さがある。
曲線や直線を面的に表現するところに独自の世界がある。
このなかに石井抱旦独特のロマンが潜んでおり、圧倒する魅力もある。
個展
2009 東京ギャラリーフクタ
2013 ギャルリ志門 他
http://www.shodo-journal.com/calligrapher/a/ishihotan/ishiihotan.html
岡田真由子展 @あかね画廊 [2013年11月16日(Sat)]

壁一面に泳ぐ鯉。

DSCF1721.JPG

色とりどりに
それぞれの思うままに
優雅に
気持ち良さそうに。


これらの魚は
ちりめんの余った端切れで作られているそう。
祖母・曽祖母から大量のきものを譲り受けた岡田さんは、
きものを生かして何かできないかと思い、
作り始めたのがこれらの作品。

「何千種類もの着物生地の中から、
色、織柄、文様、風合いなど、モチーフに最適な生地を選び出し、
日本古来の工芸「押絵」の技法を応用して、
着物生地を彩色手段とする「絹画」(きぬが)というオリジナルのスタイルで、
新たな日本画の世界、日本の美意識を展開します。」
引用:http://mayuko-okada.com/profile/


DSCF1725.JPG

押絵とともに作品を彩るのが
「書」。
岡田さんの書は大きな紙に書いて
作品に合うようにトリミングするそうです。
だから、とっても伸び伸びして躍動感があります。

DSCF1723.JPG

押絵もかわいくて素敵。
チェリーサーカス.JPG
「チェリーサーカス」

押絵ってぷっくり命が吹き込まれたような
丸みがあって、とてもかわいいんです。

DSCF1728.JPG
「富士」

ちりめんと伝統的な風景が相まって紡ぎ出される
日本の美。
たくさんの人に見ていただいて
思いを繋いで残していきたいです。


*************************************************
あかね画廊
東京都中央区銀座4−3−14 筑波ビル2F
03−3561−4930
11:00〜18:30 (最終日は17:00まで)
http://www.akane.com
2013/11/12~11/23

岡田真由子
2011年 NY初個展 「春化粧」日本倶楽部 ギャラリー(後援・在NY日本総領事館)
産経国際書展 東京都知事賞受賞 ・ 特選
2012年 Persons The New School インテリアデザイン 修了
個展 「Yellow Cab + Wasabi」 RESOBOX Gallery (NY)
2013年 個展「 Swim Like Swing」 Shape Shifter Lab (NY)
グループ展 「KIZUNA 展」ギャラリー唐橋(滋賀)
個展 岡田真由子展 ギャラリー唐崎(滋賀)
第30回 産経国際書展 会友賞 2作品 他
秋月洋子さん「雪月花」 [2013年11月15日(Fri)]
今日は、お仕事で「書」の取材です。

着物スタイリストの秋月洋子さんの「書」。

DSCF1585.JPG

これは、象形文字のひとつらしいのです。
目で見たままの様子を、絵のように表現した文字。
また、甲骨文字の要素も入っているそうで、
細く切り込まれたような線は、獣甲骨に彫られたような線でもあるとのこと。

DSCF1584.JPG

こんなかわいらしい形の文字もあるみたいです。
柔軟な頭でユーモアを持って見ないと
分かんなくなってしまいそうですが、
絵を見る感覚で見ても楽しいと思います。

書を書く時はすごい集中力の秋月さん。
ラフ板の光も気にならないほどで
一筆一筆に魂を込められています。
DSCF1576.JPG

他にも短歌を書かれたり。
これは、江戸時代の女性の上の句を書いたものらしいです。
DSCF1590.JPG


これらの書は、なんときものの帯に刺繍されるのです!

「衣裳らくや」さんの1月23日(木)〜29日(水)に
銀座カネマツホールで開催される「らくやブランド発表会」。
4人のスタイリストによる36パターンのスタイリングが楽しめ、
秋月さんは3種類の反物と9パターンのスタイリングが披露されます。

ここでお披露目となるきものは普通のきものとは違います。
繭作りから、糸引き、染色、織りまですべてが純国産。
誰が作ったかもわかります。

4人のスタイリストが、反物の染色から意匠まで
すべてにおいてオーダーメイドの究極のきもの。

圧巻だと思います!

また、秋月さんは来年に「書」の展示もされるそうで、
6畳もの大きさの作品が見られるそうです。
これも楽しみ!!

*******************************************************
衣裳らくや
東京都中央区日本橋浜町2-5-1東洋浜町ビル
代表電話:03-5623-9030
http://www.rakuya.co.jp
開催日:2014年1月23日(木)〜29日(水)
※詳細はらくやHPにて。

銀座かねまつホール
東京都 中央区 銀座6-9-9 銀座かねまつ6丁目本店
03-3573-5285
http://www.ginza-kanematsu.co.jp/ginza/