CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大事にしたい「愛でる」気持ち | Main | オノ・ヨーコ 私の窓から @東京都現代美術館»
吉田花子展 @GalleryQ [2015年11月12日(Thu)]

DSCF2349.JPG

初めて見たとき、音のような絵だなと思いました。
風に揺れる木々の葉音、川のせせらぎ、鳥や虫の音…
自然界から生まれる、優しく、自分の中にスッと入る音のような感覚を
吉田さんの絵を見て思ったのです。

DSCF2348.JPG

今回の個展のテーマは、「残像」。
そこにあった大きな建物や物体、もしくは人かモノ。
それらがなくなったときに残る、影か、香りか、はたまた温もりか。
見えなくなってしまったその「残像」を表現されたそうです。

「まだ、今回の作品はカタチがはっきりしているんです」と優しく教えてくれた吉田さん。
何の残像だろうかと思いめぐらせてみたのですが、分かりませんでした。
でも、こうやって思案を巡らせ、いろんな見方を楽しめるのが、
抽象画の素晴らしいところだと思います。
そのお話を聞くまで、私はてっきり音を表したのかと思っていた位なので。

DSCF2346.JPG

「残像」という普段はあまり耳にしない言葉を聞いて、
残像はその人にしか残らない記憶のようなものだと思いました。
だから、残像を共有することは難しいのです。
でも、一つの絵をきっかけに、自分自身の思い出や記憶が蘇ってくる、
内部に残った私の残像は、吉田さんからいただいたプレゼントのような気がしたのです。

※作者の許可を得て撮影しています。
*********************************************************
Gallery Q
東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3階
tel.03-3535-2524
会期:2015年11月9日(月)- 11月14日(土)
11:00~19:00(最終日は17:00)
日曜休廊、祝日は開廊
http://galleryq.info/index.html
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント