• もっと見る
«スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」 @POLA MUSEUM ANNEX | Main | NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN @d47 MUSEUM FORUM»
まえだゆたか展 @GalleryQ [2015年05月21日(Thu)]
アブロサム、アブロサム。

呪文のようなその言葉は、アメリカの作家・フォーグナーの代表作のタイトルだ。

アブロサム、アブロサム。
もともとアブロサムは、旧約聖書「サムエル記」に登場する
非常に美しい男性の名前だそうだ。

「美」の評価基準は、国や文化によって様々異なるけれども、
「美しい」ことが評価されることは、時を超えていまもむかしも変わらない。

この作品を創ったまえださんは、作品についてこう述べていた。
「衣服は女性を飾り、女性の欲望の対象とさせるものです。
また、女性は衣服によって欲望を満たします。」

DSCF0567.JPG

衣服は女性の「美」を引き立てるもの。
だからこそ、自分に応じた衣服を探し、その欲望を満たすために
「ファッション」にこだわっている。

情熱とこだわりを持っていた衣服には、
きっとその使い手の思いが移っているはずだけれども
衣服の寿命は極めて短い。

ウェデリア.JPG
「ウェデリア」

「ファストファッション」に代表されるように
次々に流行が生み出され、過去のものは捨て去られていく。

そんな衣服たちは、もしかしたらこんな風に
少し哀しい顔をしているのかもしらない。

ヒューケラ.JPG
「ヒューケラ」


※ギャラリーの許可を得て撮影しています。
*********************************************************
Gallery Q
東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3階
tel.03-3535-2524
会期:2015年5月18日(月)- 5月30日(土)
11:00~19:00(最終日は17:00)
日曜休廊、祝日は開廊
http://galleryq.info/index.html
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント