• もっと見る
«HIS-FACTORY RENEWAL OPEN | Main | 曽根夏生展「くらん」 @コバヤシ画廊»
若冲と蕪村 @サントリー美術館 [2015年05月11日(Mon)]

私が若冲のことを大好きになったのはおよそ三年前の初夏のこと。
ある展示会で出会ったのが、若冲の犬の絵でした。
おそらく以前にも見たことがあったと思うけれど、
三年前に始めて名前と絵とが一致したのです。
教えてくれた人は、昔東京で開催した「若冲展」の様子まで語ってくれました。
あれから時は経ち、私は初めて若冲展を見に行くことができました。

DSCF0464.JPG

今回行ったのは、サントリー美術館で開催された
「〜生誕三百年 同い年の天才絵師〜若冲と蕪村」。
同世代に活躍し、互いに切磋琢磨しながら独自の絵を描き続けた
二人の生涯に迫った展示でした。

最終日に行ったもんだから、館内は人でいっぱい。
なかなかゆっくりと絵と向き合うことは難しかったけれど
そんな中でもお気に入りの絵を見つけることができました。

私のお気に入り「若冲賞」はこちら。
栗に雄鶏図.JPG

2Dの絵画なのに迫り来る様子が伝わるこの作品には心奪われました。
若冲の描く鳥の表現・表情がいいんだなあ。
ちょっとデフォルメされた感がなんとも愛しいのです。


そして、私のお気に入り「蕪村賞」はこちら。
DSCF0465.JPG

闇と舟の光のコントラストを墨の濃淡で見事に表されています。
静かな夜の海で鵜飼をする親子の楽しい会話が聞こえてきそうです。

もっとゆっくり見たかったなあ。
図録もボリュームたっぷりの内容だったので、
こちらで楽しむことにします。

※写真は図録から抜粋しています。
*********************************************************
サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント