• もっと見る
«101年目のロバート・キャパ 
誰もがボブに憧れた @東京都写真美術館 地下1階展示室 | Main | 春の江戸絵画まつり 江戸絵画の19世紀 @府中市美術館»
愛すべき「のらもじ」D [2014年04月17日(Thu)]
ようやく冬眠から目が覚めた熊のように
暖かな陽気に誘われて、あちこち面白そうな匂いを嗅ぎ付けては
どんどこ新境地を開拓する今日この頃。

面白そうな匂いがするところには、「のらもじ」あり!
ということで、今回ものらもじです。

最近、街を歩いていてものらもじしか目に入ってきません!
パッと目が合ったとき、最高に気持ちのいい瞬間です。
この出会いを求めて、今日もキョロキョロ…


DSCF4232.JPG

「留め」のところをポップに丸くデザインするのは
なんておしゃれなんでしょう。
「ト」なんて、ハングル文字の「이」にそっくりですよね。
(韓国語はほとんどわからないので、意味や使い方・読み方も知りません!)


DSCF4202.JPG

この「なかま」の好きなところは
絶妙な影具合と「な」のデザインです。
とくに、横線の下の影は必要ないのではないかと思います。
しかも若干はみ出た感じが、手描きっぽくていいですよね。


DSCF4230.JPG

これは、店の上の上の方にある看板。普通に見ても見えない位置にあります。
でも、結構重要なことが書かれているのです!
「一歩進でスピードクリーニング 3時間仕上げ」
スピード感溢れる書体は、向かって左方向にぐんぐんと進んでいます!
ちなみに、こちらの店主のおじさまは、すっごく親切で
会員特権で、ティッシュとかいろんなものくれるんですよ。


最近気になるのは、
「ジオラマ」にして美しいかどうかという点です。
のらもじももちろん素晴らしい上に、ジオラマにしてみたらどうか
という点も見過ごせないのです!

DSCF4194.JPG

こちらの「おいしんぼ」はぜひジオラマにしたいです。
配色もそうですが、室外機、錆びた欄干、隣の家のゲリラガーデニング…
ついついこの出会いを記憶したくて、通りの反対側から写真を撮ってしまいました。
丸みを帯びた「おいしんぼ」の文字も可愛いですね!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント