CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まなびのたねネットワークの『まなびのたねまき』
ようこそ!まなびのたねネットワークへアクセスありがとうございます。
学校教育と社会教育において行っている「まなびのたねまき」をご紹介します。
« ボランティア募集!! | Main | 活動報告 »
活動カテゴリ一覧
最新記事
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
ワークショップとは?[2008年07月14日(Mon)]
参加体験型の学習スタイルのことです。
講義のような一方的な知識伝達のスタイルではなく、参加者が自ら参加・体験して、気づき、学びあい、創り出す「学びと創造のスタイル」のことを言います。

ワークショップの要点
・ワークショップに先生はいない
・「お客さん」でいることはできない
・初めから決まった答えはない
・頭が働き、身体も動く
・交流と笑いがある  

(中野民夫著「ワークショップ-新しい学びと創造の場-」より)

ワークショップの基本的な流れ
0)ゆるやかな関係づくり
        ↓
1)自己紹介などを含む個人ワーク
        ↓
2)共通のテーマを持ったグループワーク
        ↓
3)発表を通じた全員での情報共有
        ↓
4)ふりかえりと今後の方向付け


私たちが行っているキャリア教育(仙台「自分づくり教育」)において、一人ひとりの想いや可能性を引き出し、将来や職業に対する意識を高めるためには、ワークショップのスタイルが最適であると考え、この学習スタイルを取り入れています。
Posted by まなびのたねネットワーク at 16:12 | 参加型学習って何? | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まなびのたねネットワーク基本情報

まなびのたねネットワークさんの画像