CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まなびのたねネットワークの『まなびのたねまき』
ようこそ!まなびのたねネットワークへアクセスありがとうございます。
学校教育と社会教育において行っている「まなびのたねまき」をご紹介します。
« 自然体験in浦戸諸島 | Main | 震災に関する活動報告 »
活動カテゴリ一覧
最新記事
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
仙台から[2011年03月15日(Tue)]
 みなさまへ

 事務局Tです。
 代表と私はそれぞれ無事に過ごしています。
 仙台市の中心部は徐々に通電箇所も広がっています。
 本当に日本中の皆さんのおかげです。
 感謝の気持ちでいっぱいです。

 3月5日に実施した自然体験の受け入れ先である
 塩竈市浦戸諸島は、津波の被害をまともに受けました。
 協力くださったカキ養殖の漁業関係者は、家族ともども
 「命は残った」とおっしゃってました。

 自治体からの情報発信もままならないほど
 被害は甚大かと思います。

 これから、です。
 私たちにできることは限られていますが、
 これまでも活動してきた
 子どもたちの未来のために、
 やれることをやっていきたいと考えています。

 現在そのための情報収集中です。
 仙台市災害ボランティアセンター(宮城野区体育館)が立ち上がり
 ボランティアの受付を開始しました。
 ボランティアの活動時間は9時〜15時だそうです。
 ライフラインが止まっているため 
 災害ボランティアコーディネーターの方々への情報発信も
 ままならないとのことでした。
 
 私たちがお世話になっている小学校も避難所になっています。
 学校の先生方が対応におわれています。
 
 22日からの学校再開に向け、そして宮城の復興に向け
 できる限りのことをやっていきます。

 まだまだ水、食べ物、その他物資が足りません。
 こういう時だからこそ、みんなで助け合って、共に未来に向かって
 生きていきたいと思います。

 またアップできるタイミングで情報発信したいと思います。 
【東日本大震災の最新記事】
Posted by まなびのたねネットワーク at 15:08 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/manabi_no_tane/archive/48
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
まなびのたねネットワーク基本情報

まなびのたねネットワークさんの画像