CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

茨城・学びの会情報発信ブログ

「茨城・学びの会」月例会の報告を中心に発信しています。明日の学校づくり・授業づくりのために,会員のみなさんや授業づくり・学校づくりに関心のある方からのコメント等をいただければと思います。


5月25日例会の記録 [2014年05月26日(Mon)]

今回の授業実践DVDは,坂東市立岩井第一小学校6年理科(水溶液の性質)の授業を視聴しリフレクションしました。岩井第一小学校は3年に渡り協同的な学びを校内研修で探究してきましたが,昨年度いばらき理科教育推進事業モデル校となり11月に公開研究会を実施しました。その時の理科の授業を例会に持ち込んでいただきました。

5月28日例会


5月28日例会


岩井第一小学校6年理科学習指導案

授業を視聴して

この授業の「良さ」として出された意見
○課題6種類の水溶液がそれぞれ何の水溶液なのかを調べる」(食酢・石灰水・炭酸水・食塩水・水酸化ナトリウム・塩酸)

・教師の説明が非常に短く3分くらいで実験に入ったこと。(前説が短いが何をするのかがはっきり伝わっている)
・「時刻までには終わらないかもしれないよ。」と子どもが実験にのめり込むようにしている。
・子どもがほとんど立ったまま実験を進めている。無駄話なし,トーンが低い,つぶやき多し。集中している。
・実験の結果をまとめる段階は,個人作業ではあるが個々が何を書くかを分かっているから停滞しない。
・実験結果の共有では,理科の言語を子どもがちゃんと使って話をしており,理科の言語活動が成り立っている。
・教師の授業テクニックを見せるとか,教材の目新しさを見せる授業でもなく,理科の言語活動とはこういうものだと見せつけた授業
・3年間持ち上がりで育ててきた「作品」としての授業であり,プロジェクト学習の典型的な例といっていい。
・実験の後に,実験で困ったこと,うまくいかなかったこと,分からなかったことを聴き取り上げている。
・この授業は普通は単元の最後に行う授業だが,敢えて単元の最初に行った。そこに子どもを学びに引き込む理由がある。
・子どものポジティブな姿,活動が充実していると課題のある子が見えにくくなる。

学んだこと

本橋和久
岩井第一小学校の6年理科「水溶液の性質」の授業を見ました。実験に入るまでの時間がとても短く,子どもたちは旺盛な好奇心をもったまま実験に入っていきました。次に驚いたのは,グループになっていても,個々の子どもが自分の実験を粛々と進めていることです。器具がめいめいに準備されていたことは当然ですが,検討会で明らかになったところによると,前時にそれぞれの未確認の水溶液の正体をどのように突き止めるか,その方法を考えていたということです。5分以内に実験に入れた理由のひとつはこの「耕し」があったからに違いありません。子どもたちは期待を胸に理科室に来ていたのです。改めて,その時間の学びは単一の時間で成立しているわけではなく,前時までの長い期間にわたる指導や学びの積み重ねがあるからこそ成り立っているということを学びました。実験に続くディスカッションでは,わかったことよりもわからないことに焦点が当てられ,二人の先生たちもいっしょに「どうしたらいいだろう。」「わからないでしょう?先生もどうなるか楽しみ。」というように子どもの問いに寄り添っていました。そうして新たな課題が見つかって授業を終えたのでした。印象に残っているのは,誰かの「私は・・・。」という発言にそれぞれが呼応して「同じでーす。」「いいでーす。」と反応するところ,それから,ある子どもが「石灰水って,二酸化炭素にふれると白く濁るの,わかりますか?」と,相手のわかり方を考え
て発言していたことです。すでに分かっている(はずの)ことを引用して説明するところは,テキストや資料とのつながりを意識して学んでいる証拠です。この授業は昨年の11月に実施された授業ということです。4月から始まった学級が11月にはここまで育っている。このように,指導すべきことをしっかり指導し,学ばせる条件を整えてやることによって,子どもたちが学び合える関係になることが証明されたような授業でした。自分の学校でもこのような学び合う集団をつくりたいと強く思いました。

次に今年度から福井大学教職大学院の准教授となった小林和雄先生の講話がありました。岩井第一小学校の理科の授業へのコメントあり,教職大学院で実践されている,質の高い授業を実践できるようになるための各種授業研究の取り組みなど,大変興味のある内容でした。特に以下にあげる「ラウンドテーブル」の開催については,年に2回開催されるのでぜひ参加してみたいと思わされる内容ですし,教職に進もうという若い世代の質的向上がますます向上するのではないかと期待します。

5月28日例会


5月28日例会


http://www.fu-edu.net/sites/default/files/story/1/rt201406panhuretutoan_c3.pdf

会の最後には,定年退職の樫村先生・藤代先生・今橋先生に花束が贈られました。

5月28日例会








5月例会の案内 [2014年05月01日(Thu)]

5月例会の案内,以下のPDFです。

5月例会案内





<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ