CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

茨城・学びの会情報発信ブログ

「茨城・学びの会」月例会の報告を中心に発信しています。明日の学校づくり・授業づくりのために,会員のみなさんや授業づくり・学校づくりに関心のある方からのコメント等をいただければと思います。


今,読むべきこの本 [2017年02月13日(Mon)]

冬のセミナーで小林先生が紹介してくれた書籍です。梶浦真著の2冊をアップしてありますが,アクティブラーニングについての知見,授業の振り返りの意味も併せて必読の書籍だと思います。国府中では全職員が購入し,校内研修で読み合わせをしています。

resize6701.jpg

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
著者です。偶然ネットで発見しました。佐藤学先生と縁がある会の様ですね。私も若い頃、佐藤学先生の授業検討会「井戸端」に毎月参加していました。ここでは、書くことができませんが、佐藤学先生のある言葉がきっかけで授業研究の道に入りました。さて、学びの最先端は今日の授業の中に在りですね。高邁な理論も大事ですが、それが子どもと出会ってこそ真価がわかる。だから、授業は常に新しいのですね。きっと、明日の授業も過去を超える新しさ、真理の目を芽を持っていることでしょう。
Posted by:梶浦真  at 2017年05月31日(Wed) 16:23
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ