CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 卒園を祝う会 | Main
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
11月のニヤリホット[2021年11月05日(Fri)]


◯大地沢お泊まり2日目・・・ えりちゃん
Y「Tなにしてんのー?」
T「ん〜のんびり」
Y「そっかーのんびりいいよね〜」「わかる〜」
猛スピードで遊びまわる方々の横で自分ペースの2人のほほえましい会話を聞いてニヤリ。

0904mame.JPG
Posted by まめのめ at 10:08 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
10月のニヤリホット[2021年10月05日(Tue)]


◯まめの家(空弁の日) ・・・ ともちゃん
初めて空弁の日、お料理をさせていただきました。
かわるがわる楽しみにする大人、子どもたちが台所をのぞき見。
そのわくわくした顔を見ると、緊張と喜びを感じました。
みんなにありがとう。おいしかったって言われるのってこんなに嬉しいんだ…心が温まりました。

1005-8mame.JPG
Posted by まめのめ at 10:07 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
9月のニヤリホット[2021年09月05日(Sun)]


◯バズの田んぼ(イナゴ捕り) ・・・ ゆみちゃん
S、T、K、Y、S、Dたちがイナゴ捕りで大活躍!たのもしい。お弁当中にひろみんがイナゴ料理。デザートに食す。
ゆみ「いなご、ひろみさん上手にお料理してくれたね〜。」
K「うん?ゆみちゃんよりも上手だった?」
ゆみ「うんうん、ゆみちゃんよりも上手だったよ〜。」
きこ「えー、ひろみんより、ゆみちゃんの方が大きいのに〜。」
Kちゃんの「大きい子」の概念を知れて面白かった。
「母Mちゃん家のバターピーナッツかぼちゃ」も沢山あったのに見事完食。M、かぼちゃの入っていたトレイについた塩や油もきれいになめて、イナゴ調理した鍋も口のまわりタレだらけにしてなめて満足げ。

田んぼ0930-2mame.JPG
Posted by まめのめ at 10:05 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
7月のニヤリホット[2021年07月05日(Mon)]


◯長沼橋 ・・・ ゆうきちゃん
雨が降ったりやんだり強風吹いたり…と荒れ気味のお天気。しかしこんな天気でも川に流されて泳ぐパンツの男たちに、カッパのまま腰上まで水につかって大はしゃぎのザリガニもぐらさん。そしてはだかんぼうのK・M…いつでも思い切り楽しんでいる姿ご立派です。

◯立日橋・・・ えりちゃん
午前中、川近くの水場で長靴のまま入って1人楽しそうなHの横でTと私でお料理をしていたら(ニラレバやデザート)、少し離れたところで粘土団子していためるが納豆巻きで参加して、Hはウルトラマンのまま、野菜配膳をしてくれるという異色のコラボが実現。楽しい展開でした。

◯多摩動物園 ・・・ あっちゃん
最後の方に見たサイの姿がよっぽど魅力的で離れがたく、皆が次へ移動する中、「俺たちはまだ見てる!」と、周りの姿が見えなくなっても見続けるSとS。離れたところでしばらく待ってから、「そろそろ行こうか。」と声をかけて、やっと動き出す。
2人がゆっくり歩きながら、
S「サイたのしかったよな!またみにいこうよ!がっこういっても、お母さんにお願いして、また2人でいこうよ!!」とSを誘っていた。感動したそのときを共有できた嬉しさから出た気持ち。すてきだな〜。

RIMG8381mame.JPG
Posted by まめのめ at 10:04 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
6月のニヤリホット[2021年06月05日(Sat)]


◯長沼橋 ・・・ えりちゃん
雨だとカッパ着るのがめんどくさくて嫌だなーとK。でも雨の日は、少しいつもよりみんなの距離が近くて、遊びの流れがゆったりして、相手の心の動きが感じられたり、みんなの笑顔がいつもより(2倍は!)ずっとあたたかく、雨の日にしか味わえない感覚があるなと思う。

0427_2mame.JPG

◯浅川 ・・・ あっちゃん

浅川へ移動し、川あそびが始まる中、Y、P、G、Sは、海賊ごっこ〜と、たきび広場周りで遊び始める。そこにEが入りたそうに近づくと、「ダメー!!Eバカ!!」と言われてしまい、悔しくてなく。
それに気づいたKが間に入り、Eに「いやだったの?」と声をかけ、相手の4人に向かって、「バカって言うほうがバカなんだ!!」と参戦し味方に。と思ったら、「あれっ!!俺も言っちゃった!!おれもバカだー!おまえもおまえもおれもバカへへへっ(笑)」とおとぼけをかます。

相手の4人は理解できずに「...」。一方的な「バカ!!」の言葉かけケンカはしらけて終わり、その跡何事もなかったかのように遊び始める。そんなケンカのおさめ方に感心した。

◯浅川 ・・・ あきちゃん
枝を取り合ってケンカ。Pが枝でぶとうとしたので止めたのですが、ケンカはさらにヒートアップ。どうなることかと思いましたが、Pが「ぼくはもぐらさんなんだぞ!」、Sも「ぼくだってもぐらさんだよ!」周りにいたNやTも「私も!」「ぼくも!」。「みんなもぐらさんの仲間だね!」とぺっぺ。あっという間に仲直りしてしまいました。

Posted by まめのめ at 10:02 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
5月のニヤリホット[2021年05月05日(Wed)]


スポーツ公園 ・・・ ゆみちゃん
Gが久々の登園で、朝やって来ると、Pがゆっくりと近づいて行き、2人で固い握手。長ーいこと握手。喜びの表し方が、何だか大人っぽくて、でも嬉しさがあふれいておもしろかった。

Sが、Y•Sに「きょうはおもいっきりもりあがろうぜっ」と大コウフン。久々に演奏会ができる喜びがバクハツ!「かんちーろーど」と、3人+1人(H、ドラムで加わる)で演奏会が久しぶりに開かれて、何だか、もう、いつもの世の中になったと感じてしまったわたし。いや、まだだ...。

0424mame.JPG

Posted by まめのめ at 10:01 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
4月のニヤリホット[2021年04月05日(Mon)]


「まめのめ」だけでなく、世界中がコロナ禍で翻弄する1年でした。そんな中でも大人の私たちに元気をくれたのは、まぎれもなく子どもたちです。私たちスタッフは、「まめのめ」の子どもたちと過ごすこと中で元気をもらっていることをこれほど実感されられた年もなかったと思います。
今を全力で生きている子どもたちの前で縮こまっていた背筋が伸びた場面が何度もありました。そして子どもたちの仲間ととことんあそぶ日常をこの状況の中で支えて下さった保護者のみなさんに、今感謝の気持ちでいっぱいです。みなさんが支えてくださった子どもたちの日常を少しでも感じてもらいたくて今年も書き綴ってきた「ニヤリ☆ホット」をお届けします。





◯まめの家 ・・・ ななちゃん
まめのめ新学期が始まりました。
世の中が揺らいでいても、おかまいなく、季節は春の風を運んで来ます。河原を小さいひとと手を繋いで歩いてると、「はーるがきーたー、はーるがきーたー、ここにきたー♪」ってYちゃん。
今日からは、まめのめさん、みんなひとつずつ大きく。Yが「今日からザリガニだよっ。」と言うと、Tは、「これからね、もぐらになってね、とんびになるんだよ。」と上を見上げながら言いました。”これから”が楽しみなんだなあ。
朝早く来た3人の新とんびさんは、なんだかちょっと照れくさそうにあつまって、とんび仲間を感じているよう。


先週からまめのめに来たMちゃんは、その目に映るもの映るもの触ってみたくて、持ってみたくて、あっちいったりこっちにいたり瞬間移動中。
そんな妹が気になって仕方ないお姉さんのY。でも本人も遊び始めるととことん。妹の世話なんてどこへやら、みつけたやりたい遊びに猪突猛進です。今日は、まめキッチンでしょっぱい塩作り(原料:砂)。
「(痛くなっちゃうから)手は入れないように気をつけて。いーい?」とやっぱり気配りは忘れないみたい。


そして、今朝は、みんなで集まり、春になったよパーティー♪
桜湯ときなこたっぷりのよもぎ団子で、「みんなひとつ大きくなったね」のお祝いをしました。美味しいよもぎ団子がひとつの大皿に乗れば、そこにかけ寄り、囲んで夢中のみなさん。およよ、あっちからこっちから手が...今日は、手づかみしないように、ひとりずつに楊枝を用意。
団子が売り切れても大皿にはまだまだたくさんのきなこ。余ったきなこだって逃さないのが子ども達。皿がぴかっとなるまで無心でペロリ...。
そうだよね。こうでなくっちゃね。
でもどこかで気になってしまうな。困ったなあ。1日でも早く、何も考えずつまみ食い出来る日が戻って来ますように。


0406_3.JPG


◯長沼公園 ・・・ あっちゃん


子どもたちの行動に、面白さと気持ちの動きを勝手に感じて感心しきりの一日。
遊びの中では、E、S、Y、Kの
「おなかがすいたら食べられちゃうから大変!」と、せっせと草花を摘むS。
Eと私との吠え対決に、Tは水を飲もうとして、でもあまりの面白さについ吹き出して顔から全身濡れる驚き照れ笑いに癒やされました。



Posted by まめのめ at 10:57 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
3月のニヤリホット[2021年03月05日(Fri)]


まめの家で・・・ ひろみん

まめの家で絵の具あそび。それぞれが紙粘土で作ったおひな様に絵の具で色づけをしました。前の週に紙粘土でおひな様づくりをしている様子をたまたま撮影に来ていた洋一さんが、とても感心してくれて「ぜひ、色づけの日も撮影したい!」とこの日も朝から来ていました。

洋一さんがどこに感心していたかというと、ひとりひとりが自分の納得のいく作品を楽しんで夢中になって創っている姿。その作品がみんな違っていて、正解を求めるものではなくとても発想豊かなことでした。色づけ作業もさまざまで大人には絶対真似出来ない色使い。子どもたちの熱中する姿と重なって、ひとつひとつが心打たれる作品に仕上がりました。

小さい人も、大きい子が夢中になって楽しんでいる姿を見て「やりたくて、やりたくて!」気がつけばお弁当の時間がすっかり過ぎていました。

そのお弁当の時間、ななちゃんが「Yちゃん、ぶどう食べるのMだっけ?Kだっけ?」とYちゃんに尋ねていました。そして「Kだよ!」と普通に答えるYちゃん。そのやり取りがあまりにも自然で思わず笑ってしまいました。

なな曰く「Yちゃんの方が2人の事ちゃんとわかってるから」って。なんです。あの面倒見のよさは、スタッフ顔負け、どうしてあんな風にお姉さんが出来るのかしら。みんなのアイドル、おたましゃくしのM・Kの心をつかんでいるYちゃんは、みんなからやきもち焼かれてるかもしれません。でも、真似出来ない心づかいなんです。

T談「M・ Kいなければ、YちゃんはTと遊んでくれるんだけどなぁ」ですって。こちらはM・ Kへのやきもちですね。とうこだってYちゃんみたいにお世話焼きたくて仕方ないのだけれど、思うようにM・Kが振り向いてくれなくてかえって意地悪したい気持ちになっちゃっうことも。

うん、小さい人の受け入れは、みんなにとってもお兄ちゃん、お姉ちゃんになれるチャンスでもあるんですよね。

RIMG5347.JPG
Posted by まめのめ at 10:14 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
2月のニヤリホット そのA[2021年02月25日(Thu)]


高尾山で・・・ ひろみん

毎年、一番寒い日を狙って高尾山に出かけています。もちろん春や秋に行きたいのだけれど、すっかり観光地化してしまった高尾山に気持ちよく登れるのはこの時期だけになってしまいました。

この時期、もぐらさんを大きい子たちで連れて行ってあげる!と言うのもミッションのひとつ。今年は諸々の理由でスタッフ4名で引率(たもつ、えりちゃん、ひとちゃん、ひろみん)しました。

「子どもたちの力量は?」「そもそも無理させすぎじゃない?」「時間配分は?」などなどスタッフも実は内心ドキドキ。結局は、その都度判断しなくてはならないことばかり。子どもたちの様子をしっかり観察しながら慎重に(子どもたちにはそうは見えないと思いますが・・・)進みました。

人数が多いと大変!って思うかもしれないけれど、大きい子たちのパワーが伝わって、決して大変を感じませんでしたよ。いいチームになったなぁと感じさせてもらいました。それにしても、もぐらさんは本当によくがんばった!大きい子たちについて行きたい。という強い気持ちを感じました。ゆっくり時間をかけながらもいいペースで登り、思った以上の底力に、いやぁ~この子たちをなめていたかも・・・とスタッフで振り返りました。(13時半すぎ 32名みんなで山頂にて)


2020_2月13.JPG



【2月12日(水) まめの家で】・・・  たもつ

卒園が近づいていることを何となく感じている大きいチーム。この日はザリガニさんだけでミーティングをすることにしました。これまでとんびさんのミーティングを憧れのまなざしで見てきたので、何だかワクワクしているのが伝わってきます。はじめに、ひろみさんからミーティングのルールを教えてもらいました。

「手に何も持たないこと。そして自分の気持ちをみんなに伝え、仲間の話もしっかり聴くこと。」

今日のテーマは、卒園に向けてのプレゼントづくりについて、とんびさんひとり一人の顔を浮かべながら、誰が誰にプレゼントするのかを話し合いました。ひとり一人がしっかり自分の気持ちを大切にみんなと相談しながら決めていく姿に、頼もしさも感じました。

話し合いが終わっても集中が途切れないようなので、ひろみさんが「とんびさんはミーティングのはじめにしりとりしてるんだけど、やってみる?」と聞くと「やる!やる!」と、自分の番が来るとドキドキするけれど、12人でしりとりを回すことができました。すごいぞ!

ミーティングを終えてまめの家に戻ると、Sが「たもつのしりとりと、ひろみさんのしりとりは違うね。でも、普通のしりとりはひろみさんのしりとりの方だよね。なんでたもつのしりとりは違うの」と聞くので

「みんなが、言葉のしりとりは難しいと思って、お尻とりにしちゃったんだ」と答えると

「Sちゃんたちは、もう出来るよ!」と胸を張って教えてくれたので「そっか、ごめんごめん」とあやまりました。



次の日、大和田運動広場でPとTとEが「たもつ、しりとりやろうよ!」といつもの様に目の前にお尻を向けてきた。今、カエルチームに「尻とり」が大ブーム。「たもつ、今日尻とりやる」って?毎日聞いてきます。よし!とばかりに「尻とった!」と追いかけるエンドレスのあそび。キャッキャと逃げるみんなを追いかけていると、近くにSもいたので、思わず「尻とった!」とやったら「そうちゃん、もうしりとり出来るって言ったじゃん!」って叱られてしまいました(笑)


Posted by まめのめ at 10:13 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
2月のニヤリホット[2021年02月05日(Fri)]


浅川土手で・・・ ゆみちゃん

節分の日。みんなで作った段ボールの鬼を浅川の遊び場に連れて行って遊びました。

散々遊んでお弁当の時間。

食べている間は鬼には近くに立っていてもらっていたのだけど、少し風が吹くとバタンと倒れてしまう・・・

「よわいおにだなーー!!よわいから女のおにだっ!!」「そうだっ よわいから女だっ!!」と大きな声で断言している RとK。

すると、隣のシートで食べていたO。

呟くように「女がよわいってのはちがうとおもう。いろんな女がいるとおもう、Oのお姉ちゃんすごいつよいし・・・」そうか 姉ちゃん強いか!!

RとKは強い兄ちゃんがいるからね。

女の強さはまだ分かっていないようね・・・( ´艸`)


2020_2月3.JPG



Kの家で・・・ひろみん

大和田小学校までバスで行き、とんび、ザリガニはこはくの家まで歩きました。

(車が置けないので、もぐらさんはたもつはバスで先に小宮公園へ)こんなに交通量が激しい道を毎日通学するんだね・・・と感じながら歩き、Kの家に着くとなんとものどかな景色が広がりました。このまま小宮公園まで農道を歩いて行こうと決めて出発するも、Rちゃんとえりちゃんがなかなか来ない。

どうやら、Rが小さい時乗っていた自転車がKの家にあるのを見つけて、自転車の思い出がよみがえりテコでも動かなくなってしまったらしい。そうだよね、大事な自転車だったんだもんね。こうなると一筋縄ではいかなくなるRちゃん、えりちゃんと携帯でやり取り。

「もう帰りたいと思っているので、無理しないで付き合いますから」なるほど。ということは、この先の道のりは一人引率になるけれど・・・車もほとんどないし、見通しもいい。うん、このチームなら大丈夫!そして、Rちゃんもえりちゃんが付いていれば大丈夫。よし、前に進もう。その時、Kちゃんが「Rちゃんが迷子になるといけないから・・・」と走って戻って、えりちゃんに合図。

再び走って戻って来てからも「大丈夫かなぁ?」と気にかけていてくれました。「ひろみさん一人だからよろしくね」と伝えるも誰もRちゃんを責めることなく「後から来るかもね」とRちゃんの気持ちをくみ取ってくれていることが伝わりました。

小宮公園までの道のりは、かなりあったものの、土の匂いと豊かな緑が広がって気持ちよく歩けました。小宮公園に着いてもぐらさんチームと合流してしばらくすると、Rちゃんも到着。

何とか気持ちを切り替えて歩いて来れたんだね。偉かったねぇ。そんな時のRちゃんは、ちょっぴり恥ずかしそうだけど、でもやっぱりみんなと一緒がうれしそう。他のみんなもその空気を感じ取ってさらりと受け入れてくれます。

納得するのにそれぞれが必要な時間は違います。必要な大人の関わりの量も違います。みんなと一緒を求めて急かしたり、叱ったりすることは意味がないと思います。卒園を目の前にして、お互いのことを解り合う関係を重ねてきた時間を想い、胸を熱くする私でした。


Posted by まめのめ at 10:11 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。