CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2月のニヤリホット そのA | Main | 今の気持ち »
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
3月のニヤリホット[2021年03月05日(Fri)]


まめの家で・・・ ひろみん

まめの家で絵の具あそび。それぞれが紙粘土で作ったおひな様に絵の具で色づけをしました。前の週に紙粘土でおひな様づくりをしている様子をたまたま撮影に来ていた洋一さんが、とても感心してくれて「ぜひ、色づけの日も撮影したい!」とこの日も朝から来ていました。

洋一さんがどこに感心していたかというと、ひとりひとりが自分の納得のいく作品を楽しんで夢中になって創っている姿。その作品がみんな違っていて、正解を求めるものではなくとても発想豊かなことでした。色づけ作業もさまざまで大人には絶対真似出来ない色使い。子どもたちの熱中する姿と重なって、ひとつひとつが心打たれる作品に仕上がりました。

小さい人も、大きい子が夢中になって楽しんでいる姿を見て「やりたくて、やりたくて!」気がつけばお弁当の時間がすっかり過ぎていました。

そのお弁当の時間、ななちゃんが「Yちゃん、ぶどう食べるのMだっけ?Kだっけ?」とYちゃんに尋ねていました。そして「Kだよ!」と普通に答えるYちゃん。そのやり取りがあまりにも自然で思わず笑ってしまいました。

なな曰く「Yちゃんの方が2人の事ちゃんとわかってるから」って。なんです。あの面倒見のよさは、スタッフ顔負け、どうしてあんな風にお姉さんが出来るのかしら。みんなのアイドル、おたましゃくしのM・Kの心をつかんでいるYちゃんは、みんなからやきもち焼かれてるかもしれません。でも、真似出来ない心づかいなんです。

T談「M・ Kいなければ、YちゃんはTと遊んでくれるんだけどなぁ」ですって。こちらはM・ Kへのやきもちですね。とうこだってYちゃんみたいにお世話焼きたくて仕方ないのだけれど、思うようにM・Kが振り向いてくれなくてかえって意地悪したい気持ちになっちゃっうことも。

うん、小さい人の受け入れは、みんなにとってもお兄ちゃん、お姉ちゃんになれるチャンスでもあるんですよね。

RIMG5347.JPG
Posted by まめのめ at 10:14 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mamenome/archive/411
コメントする
コメント
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。