CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 春休みの「まめのめ」 | Main | まめのめに参加して感じたこと! »
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
入園して8年…
初めての我が子のまめのめ参観記
〜まめのめの日常はぶっとんで楽しすぎた〜[2020年06月18日(Thu)]
ママ、まめのめに8年ぶりに見学参加!!

長女が入園してから早8年が経過した。
まめのめの入園を考えて見学したあの日以来、まめのめの保育時間にお邪魔するのは初めて。


我が子3人は、まめのめから帰ってくると楽しかった!楽しかった!と必ずいう。
もうまめのめなんか行きたくない、と言った事は、3人合わせても、なんと1度もない。

だから私もまめのめにいきたかった。

だから私もまめのめと同じ時間を過ごし、感じてみたかった。その夢が叶った日、それが今日。

末っ子卒業の最後の1年、年長さん最後の誕生日会の日、思い切ってママの体験見学を申し出てみた。

明日の天気は雨なんと梅雨入り1日目。
なんでこんな日に限って梅雨入りするのよ。
そう思いながら眠りについた。

ワクワクしながら朝5時に目が覚めた。
お弁当を作り、ちょっとみんなで食べられるおやつを作り、空を見上げると、晴れ!!

朝から本降りと昨日の天気予報は言っていたのに、晴れた!
そして、今朝の天気予報は大風。昼過ぎより雨!すごい!
まめのめらしい季節感を、さまざまな天気を、たくさん感じさせてくれるのね。とほほ。


雨が降るならレインコートと長靴で行くし、晴れるなら水着で行く。こんな日が1番困る。

でも今日を楽しみたいから、全身水着で行くことにした。

まめのめに向かい、門を開ける。

うわ。涙がこみ上げてきた。

子どもたちがずっと幸せに過ごしてきたこの場所。

母になり、たくさん悩んで、転んで、ぶつかって、泣いて笑って、もみくちゃになって、
ここでわたしも成長してきた。

わたしが「母」になった場所。
そして、母を超えて、「わたし」をみつけたじかん。
まめのめとの出会いは、
ここでのたくさんのママやパパやスタッフさんとの出会いは、本当に…

ありのままのわたしでOK、
がんばるわたしも、がんばらないわたしも、
すきなわたしも、大っ嫌いなわたしも、
全部合わせて、このわたしで生きていく、
そう、「THEちーちゃん」をつくってくれた。

103720698_689745381809627_9125217381607616505_n.jpg


そんな想いが、子育て11年分の想いが走馬灯のように蘇ってきたのだ。
長女がお腹に来てくれた日から、いろんなことがあった…
涙が。うっ。なんだこれ!うっ。


門を踏み込むと、

「ちーちゃん、おはよー!」

こどもたち
「はちぃぃぃー!はちの巣だよ〜!!! 大変だ大変だ〜こわい〜!!」
「こーわーい!こーわーい!」←声を合わせて歌ってる♫うれしそう(笑)


そこへ、枝切りバサミを持ったたもつ登場!
ガシガシ!ガシガシ!どれどれ、切っちゃうぞーガシガシガシガシ!

サラッと帰ってきたたもつの手には、蜂の巣が。

82837718_1145074332526227_6116087303864773041_n.jpg

たもつ「蜂の子だよ〜食べたい人ー!?」

こどもたち「はーい!はーい!はーい!」(笑)

たもつが、
はちの巣を「ここのね一番外側が卵でね、ここが幼虫で
この中は、もうさなぎになってて、ほら、どんどん進化してるんだよー。」
一つ一つ説明してくれる。こどもたち重なるように、覗き込む。
はちの巣の壁をひろみさんが開けていくと。。。

幼虫〜!ひぃぃぃ〜!
ハチの形してる〜サナギ〜!ひぃぃぃぃ〜!!
出てくる出てくる。

さっきまで、食べるーと言っていた子たちが、
「やっぱりいいや」
「おらもやめとく」
食べてみた子は、「おぇー、にがーい!」おえっ。。。

みんなが一歩一歩気持ちが遠ざかっていく。

ここで食べなきゃ、女が廃る!よしっ!
せっかくなので、おひとつ、勇気を出していただいてみることに。。。

104753298_574721226563774_5678507346105556013_n.jpg

頭から行くか、お尻から行くか、
うっ。。。うー。。。。
噛んでみる。。。むにゅ、ぷちっ。うっ。おえ。
んんんん?!
クリーミー♡
意外といけるかも!(笑)

そんなこんなで、感傷に浸っている間は5秒で終わり、こどもたちとの楽しい1日が始まった♫

朝から遊びこむこどもたち。砂場に、鬼ごっこに、かくれんぼ、虫探しに、柿の実集め。

わたしがいても、だーれも気にしないで遊んでる。
たまに普通に話しかけてくれて、
当たり前にここにいさせてくれる。

こどもたちの世界で、穴を掘り、実を集め、観察。
木に登り、石を転がし、棒をふる。

小さな小さな2歳の子も、言葉になるかならないのお話しをしながら、なんか笑い合っている。
すてきだなぁ。
ちょっと距離をとって空気になってよーっと。

こどもたちのゆったりとしたじかんを眺めながら、幸せな気持ちが胸に溢れてくる。

さ、全員揃った♪
出発しよう!
川へGOGO!!

川へつくと、あっという間に着替えがはじまって、
あっという間へ川へ!

川の中へ飛びこむや、スィスィ〜とばた足しながら流れていく。
こどもたちとながれていくと、ナマズ!コイ!
でかいのが、私たちに挨拶をするように間をすり抜けていく。
みんなが追いかけても追いかけてもすり抜けて、「おはよー」

いつもひろみさんがFacebookにあげてくれている写真を眺めて幸せな気持ちになっているが…
本物の世界は比べ物にならない。
遠くの山と、青空と、こどもたちが一つに見える世界。
空気が流れ、水が流れ、こどもたちが流れているリアルな世界。
水が冷たくて、魚が「あ!」とみつけられる世界。

103759279_268529477696390_1557222756711462694_n.jpg


こどもたちのもともと明るい顔が、もうどうしようもなく、これ以上はじけようがないような眩しい笑顔になる!
一気に表情がはじける!
水の力はすごい!
一瞬だ、一瞬でこどもにワクワクのスイッチを入れてしまう。

男の子たちは、なにがあるわけでもなく叫び始める!
がおー!!!ぎゃー!がぉーぎゃー!!!きゃーひゃーひょーいぇーい!
誰と絡むわけでもなく、水を叩いて、水を蹴って、自分の最大の声でオタケビをあげる!
それぞれがひとりとして叫びまくっている。
いい顔!いい顔いい顔!!!!!!!いい!

こうやって楽しい!気持ちい!最高って気持ちを表現するんだね!!


こんな顔、自然がなければなかなか見れない。

わたしも学校や保育園で働いていたけれど、
この表情、このはじけかた、こんな声。やっぱりなかなかお目にかけられない。

わたしのまわりにもちっちゃの子がわちゃわちゃ。
2歳のすぐに転んじゃいそうな子も、手を繋いでガシガシ川の中へ。頼もしいねー。
後ろからも前からもとびついてくるこどもたち、
足の下をトンネルしたり、足を引っ張り上げたり、引っ張られたり、
こりゃ全身筋肉痛間違いなしだ。。。スタッフさん、すごいな、これ、毎日って。。。

水の中でたくさん泳いでたくさん遊んで、
寒くなってきたら、岩場へ上がる。
あったかい石の上に寝転がり、
あったかい石をお腹や足の上に並べる。
そうするとね、全身があったまるんだって。

ほんとだ、めっちゃ気持ちいい。

空を見上げて、太陽さんに話しかけて、
体を温める。
気持ちよすぎて、眠くなってきたよ。

目の前の川を長い長い3mくらいの木の棒の端と端を持って、流れていく人たち…
「電車でーす、乗りますかー?」って。
お。スタッフのともちゃんも電車に乗って流れてる(笑)


「ちーちゃん、こっちおいでー」
いろんなところから、声がする。

うれしいなぁ。
たのしいなぁ。

95988766_335915117408027_2514683726628953227_n.jpg

遠くで我が子も遊んでいる。
男子たちでつるんで、絡まって、走りまくっている。

こんな風にいつも遊んでるんだね。
頼もしい。

遊びの中でもたくさんのちっちゃなケンカがおこる。
でもさすがのまめのめ。
大人に依存せず、自分たちでサラッと解決していく。

誰かが怒る。寄り添う人がいる。
誰がが泣く。そっと隣にいる人がいる。
誰がが奪う。一緒に喧嘩する。
誰がが引っ張る。さささっと逃げる。
誰かが威張る。ながいものにはまかれる。
誰かが相談する。一緒に考える。

当たり前のように、川の中で対話が生まれている。
当たり前のように、相手の気持ちを感じて、コミュニケーションが生まれ、
自分のあり方を判断して、選択して行動している…無意識に。

すごいなぁ。。。
目に見えない力、たくさん学んでいるんだなぁ。
ここで。もう参ります参ります参ってます。
8年間、まめのめの保育には本当に感動してばかりですが、
もうどうしようもなく「ここで子育てさせてもらえてよかった」と、
それ以外の気持ちが見つからないほど心がいっぱいになる。

さ、たくさんあそんで、お昼ご飯。
くるみがたわわとなる木の下で、お弁当を広げます。おいしいね〜、というも束の間…

ザーー!!!!!
ま、大人は予想通りですが、大雨ザーッ。

風は吹き荒れ、
大粒の雨が。。。

すばやく木の下の雨がなるべく来ないところに逃げる子もいれば、
ボー然と身動き取れずに雨に打たれる子も…

お弁当がビッチョビチョのお粥になる子もあれば、立ちながら口に流し込む子も。

過酷ですなぁ、自然は。。。あはははは。。。

雪が降る、雨が降る、台風が来る、
春が来て、梅雨が来て、夏、秋、冬が来る。
暑い、寒い、気持ちがいい。
いろんな季節と、天気をこれでもかってくらい感じながら過ごせる毎日。
この幼児期。。なんと豊かなことでしょう。。。


雨に打たれ、お家に帰りたくなる子、
「たいよう!がんばれー!たいようー!がんばれ!」と空に叫ぶ子たち。
大きな子たちは、水着のまま、川に行ってきまーす!と雨降る中、喜んで川の中へ。
湧き水を掘って、温泉づくりが始まる。

こだもたちがやりたいことを、
やりたいままに尊重してくれる。
なにに時間を使うかを個々にまかせてくれて、
遊び込める時間を保証してくれる。

先に帰る組とギリギリまで帰る組で分かれた。
わたしはギリギリ組だったが、

たもつが
「この子たちは大丈夫。ギリギリまで遊んでていいよ」と言ってくれた言葉が
こどもたちの気持ちに自信をつけてくれる。

「うちらは大丈夫。たもつに信頼されてるから」って♡

雨降る中、
川でまた遊びまくって、
ダッシュで着替えて、
走ってまめの家まで帰る。

103722063_318438455986802_5921127001440755471_n.jpg

たもつが近くまで迎えに来てくれて、
まめの家が見えてくると、
なんかすごくほっとする。

帰ってきた〜。
遊びきった〜。
たのしかった〜。

すっかりこども気分♫

はぁ、たのしかった。
こんなに毎日楽しい時間を過ごしてるのか!
ずるーい、いいなぁー!
我が子に嫉妬する。

ありがとう、まめのめ。
ありがとう。

卒業まで9ヶ月。よろしくお願いします。

104289550_191082892244895_2131264815064711978_n.jpg

(ちーちゃん)
Posted by まめのめ at 11:45 | 親のつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mamenome/archive/375
コメントする
コメント
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。