CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« まめのめ父参加と6歳誕生日に添える手紙 | Main | まめのめ参観をして・・・ (2015.10.27) »
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ウキウキ、ワクワク、ドキドキ、大地沢お泊り  [2015年11月11日(Wed)]

こんにちは
すぐにでも話したいことがあったのですが、少し遅くなってしまいました
「話したい話」というのは、大地沢のお泊りのこと!!
とんびさん(5歳児)とざりがにさん(4歳児)と
10月28日(水)〜31日(土)の3泊4日間、大地沢青少年センターにお泊りに行きました

10月に入ってからお泊りに向けてとんびさんと、ざりがにさんはミーティングを何度も行い
その度にワクワクしていました
ざりがにさんは初めての大地沢のため、どんな事が待っているのか分からず不安になってしまうかと思いきや、ミーティングの様子は楽しそう
はやくお泊りに行きたそうな様子
(なかには不安な子もいたと思いますが…ちなみに初参加の私はちょっぴり不安でした)

みんなで
どんなことが楽しみか
不安はあるか
とんびさんの役割って何かなぁ
カレー作りのグループ分けはどうするか
自分たちで作った旗は誰が持つのか

P1030841.JPG

お泊りの持ち物は何が必要かなどなど
色々な話を「こーでもない、あーでもない、こうしよう」と決めてきました

そして、ついにまちにまったお泊りの日!!
楽しみな気持ち、不安な気持ち、いろんな気持ちを胸いっぱいにして集まったまめの子たち
泣く子もいましたが笑顔の子が多く
“ついにお泊りの日が来た”とテンション高く集まってきた子たちの雰囲気にのまれ
泣いている子も笑顔に
みんな期待に胸ふくらませて、出発しました!!

P1000824.JPG

電車やバスに乗って向かい、大地沢では遊びながらハイキング
いっぱい遊び、いっぱい歩き、いっぱい美味しいご飯を食べ
いっぱい素敵な人との出会いがあった3泊4日のお泊りでした
すべて話すと長くなってしまうので、ちょこっとだけ!

まず、お弁当について!
1日目、テンション高いまめの子たち、お腹が空きお弁当を食べることに
リックから出し座ると、みんな同じ袋の同じお弁当箱なのを見て
テンションが上がるみなさま
お母さんたちが愛情を込め作ってくれたお弁当の中身を見て、テンションMAXに!!
「何がはいっているの?」
「これが入ってた!」「いいな〜、美味しそう」
「おんなじだね!」などなど嬉しそう
同じお弁当箱だというだけなのに、それが嬉しくて喜んでいるみんなを見て
微笑ましく感じるわたし
一体感みたいのがあって嬉しいんだろうな〜
それに、中身はお母さんの作ってくれたご飯だから、お弁当箱が一緒でも、特別感があるんだろうな〜とみんなを見つつ考えて笑ってしまうわたし

P1000836.JPG

やっぱりお弁当って素敵、毎日作ってくれるお母さんたちに感謝!!
まめの子たちは幸せものだな〜

2日目、今日も同じお弁当箱を持ってハイキングに
お昼にお弁当を広げてびっくり!!今日はお弁当箱もお弁当の中身もみんな同じ!!
ご飯前いっぱい歩いて疲れていたのに、お弁当のふたを開けてテンションあがるみなさま
“同じ”が嬉しい様子

P1000982.JPG

のりが一人半分あったので、のりにご飯をのせ海苔巻にしたり、ライスバーガー風、ふとまきなどなどにして食べました
そんな中で、誰かが上手に海苔巻できると「いいな〜」という子が!
「いやいや、みんな同じものだよ」と思い笑ってしまうわたし
自然の中で楽しみながら食べるご飯は格別ですね〜
今回、再度「食」って大事なんだな〜っと実感し、本当にまめを支えてくれているお母さんたちに感謝!
子どもたちの事を考え、少しずつ準備してくれたこと、お泊りの間の食材の下ごしらえをしてくれたこと、調理をしてくれたこと、すべてにありがとう!と伝えたくなりました

話は変わり、城山湖のそばで探検をしている時
Sのすけが「こういう所には、アケビがありそうだね〜」と言っていると
Cさとが「あったー」とのこと
一緒にいた子たちが「どれどれ」と見上げると、なんと大きなアケビがあるではありませんか!!
みんなで木やつるを引っ張り、頑張ったことで大きなアケビをひとつ落とすことができました!
採れたことが嬉しくて、たもつや他のみんながいる場所に走ってもどり見せていました

P1030959.JPG

「すごい!すごい!」と言われ、とってきたみんなは嬉しそう
そのあとは少しずつ分けて食べました
とっても甘い美味しいアケビでした
普段から色んな場所で何かないか探しているまめの子たちは
どんな場所に何があるのか知っている事に感心しちゃいました
お泊りって特別だけど、子どもたちの遊びは普段とかわらないんだな〜と感じました

あと、ざりがにさんのSちゃんのこと
1日目、Sちゃんは山登りをはじめてすぐ
葉っぱが山道にいっぱいあり足をすべらしてしまいました
滑りそうな時、滑った時、少しスタッフと間があいた時に泣きだしていたSちゃん
ゆっくりペースで山登りをすることで少しずつ頑張っていました
2日目、Sちゃんにとって急階段や起伏がある道
距離がある山登りだったため大丈夫か心配でしたが、ゆっくりペースですがしっかりとした足取り。泣くことは何度かありましたが昨日と歩く感じが違っていました。長距離も歩け、最後にみんなからの「Sちゃん、Sちゃん」と応援されると、照れ笑いをしていました。

P1000961.JPG

頑張っていっぱい歩いたからか、夕食前ウトウトと今にも寝てしまいそうな様子でしたが、ごはんはしっかり食べ寝ました

P1050046.JPG

3日目、泣くことなく、山道をしっかりと歩いているSちゃん
やっぱり一番後ろを歩いていますが、よくしゃべり、歌を口ずさみながら、少しテンションが高く、楽しそうに歩いていました。日々、山歩きが上手なってるSちゃん!!
4日目、元気よく大地沢を出発!楽しそうに一番後ろを歩き、もう心配な様子なんて感じられないほど、日に日に変わっていくSちゃん
そんなSちゃんを見ていて気づいたことが!
Sちゃんは自分のペースを知っており、楽しみながら無理なくあるいていると!
なので、解散場所に行くまでも元気!まだまだパワーがありそうに笑っているSちゃんを見て
強さ、たくましさを感じました

P1050122.JPG

誰かが言っていましたが、普段やっている活動の延長線上にあるお泊り
日々の遊びの中で体をつくっているから、登山道にいってもへこたれず遊びに変えながら楽しみながら歩けているんだと
私はみんなと過ごしていて、3泊4日のお泊りは活動の延長線であったとしてもやっぱり特別な気がしました
4日間だれにも邪魔されず、ずっとみんなで終わらない”あそび”【山歩きも、ご飯の時間も、お風呂も、寝ることさえも、全てが遊び】ができる素敵な時間。そんな時間を仲間と過ごしたみんなは、心も体も成長しているはず。

みんなでたっぷり遊べる時間を用意してくださった、ざりがにさん・とんびさんのお母さん、お父さん、本当にありがとうございました。
家族の支えがあったから、お泊り担当のお母さんたちがいたから、おいしいご飯を準備してくださったから、まめのめの小さい子たちを見守ってくれるスタッフがいたから、たもつに元気が出るお弁当を作ってくれるお母さんたちがいたから(笑)、みんなでいっぱーい楽しい時間をすごしてこれました。ありがとうございます!!
私もみんなと素敵な時間を過ごせて幸せでした。
それと、お迎えに来てくれているお母さん、お父さんに会った時の安心したような、みんなの表情をみて、4日間頑張っていたんだな〜会いたかったんだな〜っと感じました。

P1050248.JPG

まめの子も家族のみなさんも、お疲れ様でした〜!!

もう来年を楽しみにしている、ゆきんこでした〜



Posted by まめのめ at 15:41 | まめのめお泊り | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mamenome/archive/218
コメントする
コメント
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。