CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
NPO法人子どもへのまなざし info@manazashi2009.sakura.ne.jp
春休みの「まめのめ」[2020年03月31日(Tue)]


新型ウイルスで大人たちがざわざわの中、春まめさんは、やっぱりいつものように仲間と外でとことんあそんで、もりもり食べて、お家でぐっすりの日々を過ごしていました。

これ以上感染が拡大したら、この子どもたちの日常も中断せざるを得なくなりそうです。心から1日も早い収束を願ってやみません。
(hiromin)




62F8A7A0-6CEE-43F5-8837-E222E3E915F9.jpeg



Posted by まめのめ at 11:34 | 今月の「まめのめ」 | この記事のURL | コメント(0)
2019年度 「まめのめ総会」[2020年03月20日(Fri)]


【野外保育まめのめ2020年度にむけて】

毎年この時期に、今年度を振り返り来期の保育料や保育体制など運営面を、保護者とスタッフそして事務局も顔をあわせて、来期の議決をする「まめのめ総会」を行っている。

今回は3月20日(金・祝)新型ウイルス感染拡大予防のため、屋外でゴザを敷いて行うことにした。「まめのめ」の子どもたちは、毎日屋外で過ごしているので、大人の私たちも全く違和感なく、かえって「毎年、このスタイルがいいのでは?」という声も多く聞かれたほど。
前半は、事前に行った「来期を考える会」で出された質問に答えながら、2020年度をみんなで考え、後半は、保護者有志が「幼児教育保育無償化」に関することを調べて発表。その後、それに対しての意見交換を行った。
最後に、親だって外であそぼう!とまめのめスタッフのリードーで自己紹介ゲームや体を使ったあそび、そしてまめのめスタッフによる絵本の読み聞かせで、解散としました。

在園児が増え、なかなか全員で集って語り合う時間を確保するのが難しい今、それぞれを感じあえる貴重な時間となりました。「無償化」の対象外の「まめのめ」これからの運営も、決して楽ではないけれど、ここで子育てしたいと出会った仲間と力をあわせて試行錯誤を楽しんで行きたいと改めて強く感じることが出来ました。 

(hiromin)


C824E6BA-5A94-470A-9AA6-417C9BB123F5.jpeg


Posted by まめのめ at 10:20 | 共に創る | この記事のURL | コメント(0)
まめのめバスが新しくなりました〜♪[2020年03月18日(Wed)]


【まめのめバスが新しくなりました〜♪】

卒園子どもたちと「まめのめバス」をリニューアルをしました。
ベースは、野外保育「まめのめ」の子どもたちが遊んでいるフィールドを表現「太陽」「木」「草原」「川」「土」「雨」「火」などなど
絵の具でペイントしたり、シールを貼ったり…
そこに卒園児ひとりひとりが、フィールドで遊んでいる「自分」をイメージして描いた、あそび心いっぱいのバスです。

これから毎日、西平山から日野市内を1日3回(朝、15時、17時)ぐるりと往復します。

日野市の豊かな自然の中であそび育つ「野外保育まめのめ」をこれからも、あたたかく見守ってくださると幸いです。

(hiromin)


116789A0-F7B0-4CB8-B0B7-B85AE95DFAB8.jpeg



第10回卒園を祝う会[2020年03月15日(Sun)]


3月8日(日)西平山のまめの家にて「卒園を祝う会」を行いました。10回目にして、初めての雨。しかもどしゃ降り。窓は外してフルオープン。そして新型ウイルス予防への配慮で障子をわざとくり抜いて換気にも配慮しました。

ブルーシートの屋根の下はとても寒かったと思いますが、たくさんのあたたかいまなざしに囲まれたうれしい時間となりました。雨で小さい子は残念ながら参加できなかったので、みんな大きくなったね♪のお祝いの会は別日に延期としました。

小さい時から「まめのめ」に通っていた子も、とんびさん(年長)になって、「まめのめ」に来てくれた子も、しっかり仲間となってここまで来ました。ちょっとドキドキするけれど、たくさんの大人たちが見守る中で、ひとりひとりにスポットがあたる時間を過ごしました。

小学生になっても、会えなくなるわけではないけれど、やっぱり大事な節目の日をこれまで活動を支えてくれたみなさんとお祝いすることが出来たことが何より幸せでした。

さぁ、旅立ちです。

大丈夫、しっかり心の根っこが育ちました。ひとりひとりの新しい一歩を応援しています。


(hiromin)





45CBBF60-0659-4D6A-82C2-29F6A0C83320.jpeg





******





第10回 卒園を祝う会 第U部


3月11日(水)8日が雨のため実施出来ずに残念な気持ちだった第U部=子どもたちを真ん中に一緒に成長を喜び合う時間を、急遽平日ですが、大和田運動広場で行うことにしました。
ぬけるような青空の下で子どもたちと一緒の笑顔あふれる1日を過ごすことが出来ました。(hiromin)




AADBFA1F-841A-4B44-BACD-491357CD4D3A.jpeg


Posted by まめのめ at 12:19 | 卒園を祝う会 | この記事のURL | コメント(0)
3月の「まめのめ」[2020年03月12日(Thu)]


3月、1日1日があっという間・・・ 子どもたちみんなで関わってあそぶ姿を見ているだけで胸がいっぱい。 新型ウイルスの刻々と変わる状況に翻弄しながらも「卒園を祝う会」も無事に終えました。(別のアルバムでご報告しますね) 最終日は、とんびさん(年長)だけ特別「まめの家お泊まり会」をしました。色々迷ったけれど子どもたちの声で急遽、予定通り行うことにしました。「もっともっと遊びたい」そんな気持ちのまま“なかだの森"に帰って来たみんなの顔が何より晴れやかで胸がいっぱいでした。活動を支えてくれたたくさんの皆さんに感謝を込めて。ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・(hiromin)


https://m.facebook.com/pg/NPOmanazashi/photos/?tab=album&album_id=3050853158292519

4883AF43-0F94-403B-AC93-5C938B4749C1.jpeg


Posted by まめのめ at 12:08 | 今月の「まめのめ」 | この記事のURL | コメント(0)
2月の「まめのめ」[2020年02月29日(Sat)]



卒園を終えた今、「まめのめ」の2月を振りかえっています。この頃は新型ウイルスが世間を騒がす前でした。その後も変わらず野外であそび尽くす日々を送っています。大人たちのザワザワを子どもたちは敏感に感じとっています。今だからこそ、変わらぬ安心の居場所を守っていきたいと強く感じています。(hiromin)






FCDED115-7766-4410-86B7-B2082BB7AE5B.jpeg



Posted by まめのめ at 12:01 | 今月の「まめのめ」 | この記事のURL | コメント(0)
森から始まったのだ[2020年02月25日(Tue)]



森から始まったのだ


誘われ訪れたなかだの森であそぼうは当たり前のように毎週通う場になってしまった。顔見知りが増えて、声をかけてもらうのが心地よく温かくて、体を心を開かれるのだ。

感じのよい森の人々に、ここなら私も子育てを通して仲間になれるかな、息子にとってはまるごと遊び尽くす時間を重ねることができるだろうな、と流れに乗るように「まめのめ」に入れていただいた。

多摩市在住、仕事を続けたままの私に心よく力を貸してくれた母たちがいてやっと通うことができたものの、段々助けてもらうばかりの身に心苦しくもあったのだが、

「いつかできる時にできる人にお返しして廻していけばいいのよ」と言ってもらえて納得したり、「手助けする事で逆にがんばらなければならない状況に追い込んでしまったかも」と想いを共有してもらえて楽になった。

毎週の話し合いでは、初めのうちは特にみんなの前で短時間で自分の事を話すのは難しくて、どう伝わったのかなと不安になったけれど、何日かして「この前のこと、もっと詳しく聞かせて」と、知ろうとしてくれているのがわかると一方通行ではなくてよかった、とほっとしたのだった。

反対に軽やかな気持ちで声をかけたつもりがよくわかってあげられずに嫌な気持ちにさせてしまったり、きちんと伝えきれずに傷つけてしまうこともあった。そんな時にそっと寄り添ってくれているのが感じられる言葉や何気ない雰囲気に、ふいに救われたり「まめのめの人々」の心に触れながら精進の日々。

ふとしたきっかけで話をしてみると全く違和感がなく何でも話せる様になったり、一緒に作業をすると自然に出てくるその人らしさを知って親しみが湧いたり、思いきって伝えたありがとうを喜んでもらえた時、口に出すことの大切さを実感したのだった。

何度もやりとりを繰り返しながらあれやこれやたくさんの言葉を交わして、すんなりとはいかなくてもお互いを受け止め会える関係をつくっていけたらいいな。

「あせらずにそれぞれの人と、少しずつ関わりを深めてゆけばいい」と言われた時に、はっとしたのだろうけれど、そうなのだろうな。

森を通して出会えた人とこれから又いろいろな形でつながりながら喜怒哀楽と共に育ちながら仲間になっていけたなら、そんな風に思っております。



卒園母 Fっすぅ



FA3E76DE-1FA8-4AA0-A9FD-62B0EB40D0C9.jpeg



Posted by まめのめ at 11:14 | 親のつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
1月後半の「まめのめ」[2020年01月31日(Fri)]


年長さんの小学校巡りが始まりました。今年の年長さんは12名。10校の小学校へ進学します。仲間の小学校を巡り、その子の家の近くで遊んでくることを重ねながら、小学生になることへのドキドキする気持ちや楽しみな気持ち、そして漠然とした不安な気持ちなど、今の自分の気持ちに気付いていきます。どの子も、張り切って道案内してくれる姿が頼もしいのです。(hiromin)





FCDED115-7766-4410-86B7-B2082BB7AE5B.jpeg


Posted by まめのめ at 13:50 | 今月の「まめのめ」 | この記事のURL | コメント(0)
1月前半の「まめのめ」[2020年01月15日(Wed)]


年が明けたと思ったら、あっという間に1月も後半に…。この時期いつも思うのですが「時間よ止まれ」の気持ちです。子どもたち同士の関わりが深くなり、もっともっと遊び込みたい気持ちが伝わってきます。1日1日を大切に重ねていきたいです。(hiromin)




0FF9748C-DFAF-49B8-88D0-13B438E5A375.jpeg

Posted by まめのめ at 10:11 | 今月の「まめのめ」 | この記事のURL | コメント(0)
冬休みの「まめのめ」[2020年01月07日(Tue)]


野外保育「まめのめ」は、幼稚園みたいでもあり、保育園みたいでもあるけれど、そのどちらの枠にも入らない手作りの保育の場です。冬休みも半数以上の子どもたちが元気に遊び尽くしましたよ。(hiromin)



25B6365F-A3C0-4E4F-BA56-47198FD1D097.jpeg
Posted by まめのめ at 12:31 | 今月の「まめのめ」 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。