CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
NPO法人子どもへのまなざし info@manazashi2009.sakura.ne.jp
第一回まめのめ俳句大会 #5[2021年04月20日(Tue)]

長靴は
履物だけで
終わらない
まめの子たちの
マルチツールだ

(長靴は大人にとっては
単なるレインブーツだけしてかないものの、、
彼らにとってはスニーカーになったり、
バケツになったり、コップになったり、
水槽になったり、おみやげ入れになったり、
ショベルカーやブルドーザーになったりする
超アナログなハイパーマルチツール。
すごいですよね。)

ただいまは
洗濯開始の
合図やで

(泥コーティング、泥染め仕上げの衣類は洗面所直行。
まずは固形石鹸で洗ってから洗濯機へ。
洗濯機に直接放り込めれば少しは楽だけども、
彼らの遊びっぷりは最新洗濯機の
驚きの洗浄力さえ無効化させてしまう。
まめのめに入って彼らの泥だらけのウェアを洗うまで、
固形石鹸の洗浄力の本領を
実感したことはありませんでした。)

空弁は
育児の日々の
オアシスだ

(自分が料理が得意とは決して言えないため、
えいじのお弁当はいつもゆかぽんが作ってくれています。
明日は空弁だというメールを見るたびに
『たすかるぅぅぅ目がハート』とゆかぽん歓喜。
毎日のお弁当作りって本当に大変なんやなあって痛感)

from父M



骨折れて
心も折れると
思いきや
パワー全開 
怪獣との夏

そんなにも
食べれないよと
言うけれど
母の取り分
忘れるなよな

おやつ前
ねこ撫で声の
息子くん
それ以外は
通常モード

この夏に
クレヨンしんちゃん
解禁し
母の呼び名は
おねいちゃん

from母T




ガラス石 洗濯機から 今日もまた
ガラス石 割れたらただの 危険物
長靴で 海老の水槽 水入れる  
カニパンが 最近全然 売ってない
売ってたよ 森のセブンに カニパンが

from母A



ママずるい!
はるちゃん雨の日だって外なのに
ママ家の中!

嬉しいな
親子とも
憧れだった
バス停ガムテ

「いいもの」は
だいたいやり場に
困るもの


from母M

7月34.JPG
Posted by まめのめ at 11:00 | 共に創る | この記事のURL | コメント(0)
4月のニヤリホット[2021年04月05日(Mon)]


「まめのめ」だけでなく、世界中がコロナ禍で翻弄する1年でした。そんな中でも大人の私たちに元気をくれたのは、まぎれもなく子どもたちです。私たちスタッフは、「まめのめ」の子どもたちと過ごすこと中で元気をもらっていることをこれほど実感されられた年もなかったと思います。
今を全力で生きている子どもたちの前で縮こまっていた背筋が伸びた場面が何度もありました。そして子どもたちの仲間ととことんあそぶ日常をこの状況の中で支えて下さった保護者のみなさんに、今感謝の気持ちでいっぱいです。みなさんが支えてくださった子どもたちの日常を少しでも感じてもらいたくて今年も書き綴ってきた「ニヤリ☆ホット」をお届けします。





◯まめの家 ・・・ ななちゃん
まめのめ新学期が始まりました。
世の中が揺らいでいても、おかまいなく、季節は春の風を運んで来ます。河原を小さいひとと手を繋いで歩いてると、「はーるがきーたー、はーるがきーたー、ここにきたー♪」ってYちゃん。
今日からは、まめのめさん、みんなひとつずつ大きく。Yが「今日からザリガニだよっ。」と言うと、Tは、「これからね、もぐらになってね、とんびになるんだよ。」と上を見上げながら言いました。”これから”が楽しみなんだなあ。
朝早く来た3人の新とんびさんは、なんだかちょっと照れくさそうにあつまって、とんび仲間を感じているよう。


先週からまめのめに来たMちゃんは、その目に映るもの映るもの触ってみたくて、持ってみたくて、あっちいったりこっちにいたり瞬間移動中。
そんな妹が気になって仕方ないお姉さんのY。でも本人も遊び始めるととことん。妹の世話なんてどこへやら、みつけたやりたい遊びに猪突猛進です。今日は、まめキッチンでしょっぱい塩作り(原料:砂)。
「(痛くなっちゃうから)手は入れないように気をつけて。いーい?」とやっぱり気配りは忘れないみたい。


そして、今朝は、みんなで集まり、春になったよパーティー♪
桜湯ときなこたっぷりのよもぎ団子で、「みんなひとつ大きくなったね」のお祝いをしました。美味しいよもぎ団子がひとつの大皿に乗れば、そこにかけ寄り、囲んで夢中のみなさん。およよ、あっちからこっちから手が...今日は、手づかみしないように、ひとりずつに楊枝を用意。
団子が売り切れても大皿にはまだまだたくさんのきなこ。余ったきなこだって逃さないのが子ども達。皿がぴかっとなるまで無心でペロリ...。
そうだよね。こうでなくっちゃね。
でもどこかで気になってしまうな。困ったなあ。1日でも早く、何も考えずつまみ食い出来る日が戻って来ますように。


0406_3.JPG


◯長沼公園 ・・・ あっちゃん


子どもたちの行動に、面白さと気持ちの動きを勝手に感じて感心しきりの一日。
遊びの中では、E、S、Y、Kの
「おなかがすいたら食べられちゃうから大変!」と、せっせと草花を摘むS。
Eと私との吠え対決に、Tは水を飲もうとして、でもあまりの面白さについ吹き出して顔から全身濡れる驚き照れ笑いに癒やされました。



Posted by まめのめ at 10:57 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
今の気持ち[2021年03月10日(Wed)]
「今の気持ち」


振り返りとでもいいましょうか…。

まめのめには、2年通いましたが、最初はただついて行くのに必死で毎日のお弁当作りと送迎だけで精いっぱいの日々でした。

保育園を経てから来たここはカルチャーショックの連続で、息子にとっても最初はえーー!?毎日遠足なのー。毎日外なのー?雨の日もー?ときっと楽しいながらも??がいっぱいの日々だったのかぁと思います。


私にとってのカルチャーショック色々ありますが、一番感じたのは、ここにいる大人達は、なんて子供目線で子供寄りで過ごしてくれているんだ!ということです。

日々の保育にしても親子関係にしても、それまで自分はもちろんの事、周りでもそこまで大人の都合ではなく子供の立場で物を考えている人種というのを見たことがなくて…こういう風に考えてあげられるんだ!とか、こんな考え方もありなんだとか、日々発見驚きの連続でした。

当たり前に子供優先で子供目線でみんな動いている!!だからこそ、まめのめに通わせようと思ったり、まなざしの活動に携わっているのかも知れませんが…

これが出来るってかなりすごい事だと思います。こどものやりたいを尊重してスタッフは極力寄り添ったり見守ったりということが他の園でもあるかも知れませんが、これほどまで徹底というかここまでやって下さっているところは、なかなかないのではないでしょうか。

こういった環境を作って下さっている、まめのめまなざしスタッフの皆様へは本当にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

こどもが生き生きと自分のやりたいことを自由に出来る、やらせてもらえるがまめのめでそれには、同時に親の覚悟も必要で子供が自由に出来る=親は大変な訳でその大変さも全部ひっくるめて受け入れて、まめのめに通わせられるのかなぁと…だからみんなスーパー母ちゃんだしスーパースタッフだなと思っております。


この生活や母達との関係に慣れてくると、気付くことがありました。まめのめや森での常識や通用することが他では非常識!?通用しない?!みんなの子をみんなで育てようと
いう親にとっても子にとってもいいこと尽くめのような気がするのですが、一歩外に出る
と超少数派。自分の子と他人の子ときっちり分けられている感じ…淋しい。まめのめに入る前はそれが当たり前だった事に今は違和感を感じるように…なんだろうか。この違和感。

そうか!まめのめって村なんだ。

まなざし県立まめのめ村に所属しているような
感覚とでもいうのでしょうか…村の子はみんなで育てるし、村民同士は助け合ったり許し合ったり協力し合ったりするのが普通の事だし、それに似ているんだなぁと気づいた2年目でした。

そしてまもなく、まめのめ村は、一旦卒園しますが、皆さんから頂いたあたたかい気持ち、あたたかいまなざしを、おこがましいのですが、友人やご近所、これから関わる人々に伝えて行けたら、自分がしてもらった事を今度は人にしていけたらと思っています。
ありがとうございました。


母ささみき



Posted by まめのめ at 09:34 | 親のつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
3月のニヤリホット[2021年03月05日(Fri)]


まめの家で・・・ ひろみん

まめの家で絵の具あそび。それぞれが紙粘土で作ったおひな様に絵の具で色づけをしました。前の週に紙粘土でおひな様づくりをしている様子をたまたま撮影に来ていた洋一さんが、とても感心してくれて「ぜひ、色づけの日も撮影したい!」とこの日も朝から来ていました。

洋一さんがどこに感心していたかというと、ひとりひとりが自分の納得のいく作品を楽しんで夢中になって創っている姿。その作品がみんな違っていて、正解を求めるものではなくとても発想豊かなことでした。色づけ作業もさまざまで大人には絶対真似出来ない色使い。子どもたちの熱中する姿と重なって、ひとつひとつが心打たれる作品に仕上がりました。

小さい人も、大きい子が夢中になって楽しんでいる姿を見て「やりたくて、やりたくて!」気がつけばお弁当の時間がすっかり過ぎていました。

そのお弁当の時間、ななちゃんが「Yちゃん、ぶどう食べるのMだっけ?Kだっけ?」とYちゃんに尋ねていました。そして「Kだよ!」と普通に答えるYちゃん。そのやり取りがあまりにも自然で思わず笑ってしまいました。

なな曰く「Yちゃんの方が2人の事ちゃんとわかってるから」って。なんです。あの面倒見のよさは、スタッフ顔負け、どうしてあんな風にお姉さんが出来るのかしら。みんなのアイドル、おたましゃくしのM・Kの心をつかんでいるYちゃんは、みんなからやきもち焼かれてるかもしれません。でも、真似出来ない心づかいなんです。

T談「M・ Kいなければ、YちゃんはTと遊んでくれるんだけどなぁ」ですって。こちらはM・ Kへのやきもちですね。とうこだってYちゃんみたいにお世話焼きたくて仕方ないのだけれど、思うようにM・Kが振り向いてくれなくてかえって意地悪したい気持ちになっちゃっうことも。

うん、小さい人の受け入れは、みんなにとってもお兄ちゃん、お姉ちゃんになれるチャンスでもあるんですよね。

RIMG5347.JPG
Posted by まめのめ at 10:14 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
2月のニヤリホット そのA[2021年02月25日(Thu)]


高尾山で・・・ ひろみん

毎年、一番寒い日を狙って高尾山に出かけています。もちろん春や秋に行きたいのだけれど、すっかり観光地化してしまった高尾山に気持ちよく登れるのはこの時期だけになってしまいました。

この時期、もぐらさんを大きい子たちで連れて行ってあげる!と言うのもミッションのひとつ。今年は諸々の理由でスタッフ4名で引率(たもつ、えりちゃん、ひとちゃん、ひろみん)しました。

「子どもたちの力量は?」「そもそも無理させすぎじゃない?」「時間配分は?」などなどスタッフも実は内心ドキドキ。結局は、その都度判断しなくてはならないことばかり。子どもたちの様子をしっかり観察しながら慎重に(子どもたちにはそうは見えないと思いますが・・・)進みました。

人数が多いと大変!って思うかもしれないけれど、大きい子たちのパワーが伝わって、決して大変を感じませんでしたよ。いいチームになったなぁと感じさせてもらいました。それにしても、もぐらさんは本当によくがんばった!大きい子たちについて行きたい。という強い気持ちを感じました。ゆっくり時間をかけながらもいいペースで登り、思った以上の底力に、いやぁ~この子たちをなめていたかも・・・とスタッフで振り返りました。(13時半すぎ 32名みんなで山頂にて)


2020_2月13.JPG



【2月12日(水) まめの家で】・・・  たもつ

卒園が近づいていることを何となく感じている大きいチーム。この日はザリガニさんだけでミーティングをすることにしました。これまでとんびさんのミーティングを憧れのまなざしで見てきたので、何だかワクワクしているのが伝わってきます。はじめに、ひろみさんからミーティングのルールを教えてもらいました。

「手に何も持たないこと。そして自分の気持ちをみんなに伝え、仲間の話もしっかり聴くこと。」

今日のテーマは、卒園に向けてのプレゼントづくりについて、とんびさんひとり一人の顔を浮かべながら、誰が誰にプレゼントするのかを話し合いました。ひとり一人がしっかり自分の気持ちを大切にみんなと相談しながら決めていく姿に、頼もしさも感じました。

話し合いが終わっても集中が途切れないようなので、ひろみさんが「とんびさんはミーティングのはじめにしりとりしてるんだけど、やってみる?」と聞くと「やる!やる!」と、自分の番が来るとドキドキするけれど、12人でしりとりを回すことができました。すごいぞ!

ミーティングを終えてまめの家に戻ると、Sが「たもつのしりとりと、ひろみさんのしりとりは違うね。でも、普通のしりとりはひろみさんのしりとりの方だよね。なんでたもつのしりとりは違うの」と聞くので

「みんなが、言葉のしりとりは難しいと思って、お尻とりにしちゃったんだ」と答えると

「Sちゃんたちは、もう出来るよ!」と胸を張って教えてくれたので「そっか、ごめんごめん」とあやまりました。



次の日、大和田運動広場でPとTとEが「たもつ、しりとりやろうよ!」といつもの様に目の前にお尻を向けてきた。今、カエルチームに「尻とり」が大ブーム。「たもつ、今日尻とりやる」って?毎日聞いてきます。よし!とばかりに「尻とった!」と追いかけるエンドレスのあそび。キャッキャと逃げるみんなを追いかけていると、近くにSもいたので、思わず「尻とった!」とやったら「そうちゃん、もうしりとり出来るって言ったじゃん!」って叱られてしまいました(笑)


Posted by まめのめ at 10:13 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
第一回まめのめ俳句大会 #4[2021年02月20日(Sat)]

靴下が 
指無し靴下に 
なってるよ!

(まめのめから家に帰り「今日靴下に穴空いちゃった〜♪」と
可愛く報告してくれたメルの靴を脱がせてみると、
靴下からきれいに指が5本とも飛び出し、
指なし手袋の靴下バージョンみたいになってる!!
「穴空いちゃった〜♪レベルじゃないから」
と爆笑した日の出来事でした)

まめっ子は 
のびるにどんぐり 
飴にする

(飴食べてんだ〜♪と自慢気に教えてくれるまめっ子。
口の中を見せてもらうと、のびるやどんぐりが入ってる〜!)

from母M



一人でも
慌てて食べる
シュークリーム

from 母R



このあいだ
書いたはずの
名前消え…
特に靴下
気をつけよう

from 母I



石ふえた
赤子、アイテム?
捨てちゃだめー

from 母R



朝起きて
気分占う
空もよう

(おまけ)
俳句です
期日ギリギリ
すみません
しかもひとつよ
ゆるしてね

from 母M



玄関で 川靴長靴 運動靴 
わたしの靴が 埋もれてる
(お城にでも引っ越すかな…)

持ち物に
名前を書くのが
大変だ!
書いても書いても
消えてるよ…

(特にプラスチック消えるよね…100円ショップに行くと
油性ペンつい買っちゃうよね…)

梅干しの
種を飲んだ
ことあるゼ♪
息子の自慢
姉に響かず

from 母Y

DSCN7914.JPG
Posted by まめのめ at 10:44 | 共に創る | この記事のURL | コメント(0)
2月のニヤリホット[2021年02月05日(Fri)]


浅川土手で・・・ ゆみちゃん

節分の日。みんなで作った段ボールの鬼を浅川の遊び場に連れて行って遊びました。

散々遊んでお弁当の時間。

食べている間は鬼には近くに立っていてもらっていたのだけど、少し風が吹くとバタンと倒れてしまう・・・

「よわいおにだなーー!!よわいから女のおにだっ!!」「そうだっ よわいから女だっ!!」と大きな声で断言している RとK。

すると、隣のシートで食べていたO。

呟くように「女がよわいってのはちがうとおもう。いろんな女がいるとおもう、Oのお姉ちゃんすごいつよいし・・・」そうか 姉ちゃん強いか!!

RとKは強い兄ちゃんがいるからね。

女の強さはまだ分かっていないようね・・・( ´艸`)


2020_2月3.JPG



Kの家で・・・ひろみん

大和田小学校までバスで行き、とんび、ザリガニはこはくの家まで歩きました。

(車が置けないので、もぐらさんはたもつはバスで先に小宮公園へ)こんなに交通量が激しい道を毎日通学するんだね・・・と感じながら歩き、Kの家に着くとなんとものどかな景色が広がりました。このまま小宮公園まで農道を歩いて行こうと決めて出発するも、Rちゃんとえりちゃんがなかなか来ない。

どうやら、Rが小さい時乗っていた自転車がKの家にあるのを見つけて、自転車の思い出がよみがえりテコでも動かなくなってしまったらしい。そうだよね、大事な自転車だったんだもんね。こうなると一筋縄ではいかなくなるRちゃん、えりちゃんと携帯でやり取り。

「もう帰りたいと思っているので、無理しないで付き合いますから」なるほど。ということは、この先の道のりは一人引率になるけれど・・・車もほとんどないし、見通しもいい。うん、このチームなら大丈夫!そして、Rちゃんもえりちゃんが付いていれば大丈夫。よし、前に進もう。その時、Kちゃんが「Rちゃんが迷子になるといけないから・・・」と走って戻って、えりちゃんに合図。

再び走って戻って来てからも「大丈夫かなぁ?」と気にかけていてくれました。「ひろみさん一人だからよろしくね」と伝えるも誰もRちゃんを責めることなく「後から来るかもね」とRちゃんの気持ちをくみ取ってくれていることが伝わりました。

小宮公園までの道のりは、かなりあったものの、土の匂いと豊かな緑が広がって気持ちよく歩けました。小宮公園に着いてもぐらさんチームと合流してしばらくすると、Rちゃんも到着。

何とか気持ちを切り替えて歩いて来れたんだね。偉かったねぇ。そんな時のRちゃんは、ちょっぴり恥ずかしそうだけど、でもやっぱりみんなと一緒がうれしそう。他のみんなもその空気を感じ取ってさらりと受け入れてくれます。

納得するのにそれぞれが必要な時間は違います。必要な大人の関わりの量も違います。みんなと一緒を求めて急かしたり、叱ったりすることは意味がないと思います。卒園を目の前にして、お互いのことを解り合う関係を重ねてきた時間を想い、胸を熱くする私でした。


Posted by まめのめ at 10:11 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
1月のニヤリホット そのA[2021年01月25日(Mon)]


見晴らし公園で・・・ひろみん

小学校巡りが始まりました。それぞれバラバラな小学校へ進学する「まめのめ」の子どもたち。この時期、それぞれの小学校の校門の前まで仲間を案内し、そのままその子の家の近くで遊んでくることを重ねます。

この日は南平小学校へ行こうということで、高幡不動駅から高幡山を越えて見晴らし公園まで行きました。真っ直ぐ坂道を下ると南平小学校です。「ここからの道は知ってる!」と自信たっぷり。ここで遊んでからお弁当を食べてからYに案内してもらうことにしました。

見晴らし公園は名前の通り日野市全体を見渡せるロケーション。緑も多く、木の枝もたくさん落ちています。そこで早速はじまる男子たちの戦いごっこ。K、S、T、S、D、H、Gが次々と自分の背より長い棒をかついで戦いごっこがスタート。さてさて、どうしたって“もめ事”になりそうなシーン。

「大縄回して!」のリクエストに答えながら、しばらく見ていると案の定Dが泣きながら私の所へ。どうやら棒が耳に当たったらしい。幸いたいしたケガにはならずに済んだものの「痛かったねぇ〜」とそばにいると、戦いごっこがとんび・ザリガニ対もぐらさんになっているのが見えたので、ここは介入かな、と。

棒を構える子どものたちの輪に近づき、大きい子たちに向かって「棒が相手に当たっちゃうのは反則なんだよねぇ?」と話しかけると、私の足元にくっついていたDが私に「あっち行って!」のジェスチャー。みんなの輪から追い出そうとするではないか!

あの甘えん坊で有名なDさんが「今、あそびの続きなんだから大人は邪魔するな!」と言わんばかり。なるほど、棒が当たって痛かったけどやっぱりみんなの中に入って戦いごっこの続きがしたいのね。わかったわかった、野暮なことはしないよ。とその場を離れました。

その後も男子チームは長い棒を使って戦いやら、秘密基地づくりやらと盛り上がっていました。よく見ていると大きい子たちは、ムキなる小さい子たちにちゃんと手加減しているみたい。ホント、大したもんですねぇ〜♪


この出来事をDの母Yにお話すると「Dの妹(双子M・ K)が入園したことで、Dが急に成長した」とうれしそうに話してくれました。4月を待たずに入園したことで3人在園となり、保育料も送り迎えも、さぞ大変だろうなと思っていたけれど、こうして一緒に成長を喜びあえることは何よりうれしいことでした。

そして、成長は嬉しいけれど、いつまでも今のままでいて欲しい母Yさんの複雑な気持ちも伝わってきました。わっかるなあ〜♪

11月35.jpg
Posted by まめのめ at 10:09 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
第一回まめのめ俳句大会 #3[2021年01月20日(Wed)]




mamenome_haiku6.jpg


mamenome_haiku4.jpg


mamenome_haiku2.jpg


mamenome_haiku1.jpg


mamenome_haiku5.jpg


mamenome_haiku3.jpg

from母A
絵 母A

Posted by まめのめ at 10:36 | 共に創る | この記事のURL | コメント(0)
1月のニヤリホット[2021年01月05日(Tue)]


ムカゴはらっぱで・・・ななちゃん

もうすぐお昼ごはんの時間だなぁ〜とリュックの場所へ戻ると、そこに泣いてるHがYに連れられてやって来た。「HとDがケンカした!」とY。

後からDも、Sに連れられやって来る。

Hは、「Dが(Hに)棒をなげた!」と言い、Dは「ちがうー!!」と言う。



もう少し話を聞こうかなと思ったところへ、どこからかM、K、Rが来る。

7人で輪になり、DとHの話を聞き始める。



どうやらDはHのいた方に棒を投げたけどわざとじゃなく、Hは棒を自分に投げられたと思ってDを叩いたらしい。泣きながら話すHと怒っているD。

話を聞く5人のケンカへの寄り添い方は十人十色で。

2人の話を何度もそれぞれに確認して、なにをしちゃって今どんな気持ちなのかを正確に知ろうとするS。

泣きながら小さい声ではなすHの言葉は、大きい人達にはなかなか聞き取れず、それをゆっくり一生懸命に聞いて、大きい人達に伝えるKちゃん

Hが「Dはわざとやった!」と訴えると、Mが「自分の気持ちは自分にしかわからないんだよ。(Dがわざとだったかどうか)だからHにはわからないでしょ」と伝え

みんなの話、2人の気持ちを聞きながらも、時々ひょうきんな顔して場を和ませるY

「わざとじゃないんだって!(しょうがないよ)」と納得することを教えるR

沢山話しをした7人はなんだかお腹が空いてきたようで、お弁当だよ〜!と遠くから聞こえる声で「お弁当にするか!」となった。

きっと、話を聞く側だった5人も今まで色んな形で仲間や大人に気持ちを聞いてもらってきて今があり、この時も、それぞれその人らしく居て、群れで育てば大丈夫とはこのことかと思いました。

2020_1月17.jpg
Posted by まめのめ at 10:08 | ニヤリホット | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。