CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年05月 | Main | 2010年07月»
ニーズにあったボランティア [2010年06月26日(Sat)]
僕の思い「命」の中に、子供達に命の大切さ、自分達を守り、自分達が守ることをわかってもらいたいことがある。
これについてお手伝い出来ることがないか、お話しを聞きに地元の松原市立第六中学校、東小学校、南小学校を訪れた。
第六中学校は、今年初めに現在の3年生が命の授業で、神戸の防災センターへ校外学習されていたので、その辺を中心にこれからについてお話を聞こうとしたが、アポ取りもせずに行った為、管理職の先生に会えず事務職の先生に意向だけ伝えた。

東小学校は、アポ取りをして校長先生に面会し、お話をされて頂いた。お話によると、現在は避難訓練など一般的な対応で、「今すぐ先生方に取り組みを考えなさいという立場ではない。」とのやや消極的な反応でした。

南小学校は、事前に教頭先生に連絡し、「26日土曜日に南っ子といって、小学校を子供達に解放しているので校長も来ていますので、気軽に来て下さい。」とのことでしたので、今日寄せて頂いたました。
訪れると玄関ホールに僕も参加している日本赤十字社/大阪府支部「親と子の防災セミナー」のチラシが早くも置かれいました。
うれしいヾ(^v^)k
しかし、校長先生も教頭先生も不在で、高学年担当の先生にお話を聞いて頂きました。玄関ホールのチラシについて、「日本赤十字社からのチラシがありましたが、協調されているのですか?」と聞いてみると、「そんなん、ありました?」と返答されました。
がっかり(∋_∈)
これまた、意向を告げて帰るかたちになりました。

すぐには対応して頂けるとは思っていませんが、PTAをはじめ、関係する方々と考える場をもって頂ければと心に思う所存です。

追伸、南小学校で学童を少し見させて頂いたら、本当に伸び伸び、生き生きしていて、思わず笑みが出ました。
(o^∀^o)
国際交流? [2010年06月23日(Wed)]
本日のランチは、梅田で国際食文化を知るために、ベトナム料理を頂きました。
メインは代表的な麺料理のフォーをチョイス。それに、日本の湯呑みぐらいに入った豚の角煮丼。
フォーは僕の口の中では交流をはかってくれなかった。
(^_^;)
豚の角煮丼は美味しかった。
それより意外に美味しくて、はまりかけているのは、+100円で追加したデザート。
簡単に説明すると、各種寒天とフルーツ(缶詰め)などをチョイスしてココナッツミルクをかける。自分で作るバイキング方式にしたもの。
今までココナッツミルクだけを直接食したことがなかったが、これがまた、牛乳では出せないココナッツオイルの風味が寒天、フルーツを結びつけていて、とても美味しかった。
デザートは簡単にいえでも作れますし、料理は平日1000円でランチできます。お試しあれ。
(^o^)/

気になった記事 [2010年06月21日(Mon)]
<柳瀬川>小2おぼれ、中学生3人が救助。東京 清瀬


東京都清瀬市の柳瀬川で19日おぼれた小学2年の男児(8)を中学生3人が救助していたことが20日分かった。対岸で遊んでいた埼玉県所沢市立柳瀬中の3年(15)と1年(12)の兄弟が男児を岸まで引っ張り、3年の女子生徒(14)が心臓マッサージをすると、意識が戻った。男児の命に別条はない。
地域(6/20 19:43 毎日新聞)


中学生が心臓マッサージとは凄い。
拍手をおくりたい。
それと同時に、詳しく書かれいないが、どうやって心臓マッサージを取得したのだろう?と疑問に思う。
素早い手当が命を救うことを、もっとみんなに知ってもらい。
赤十字ボランティア基礎研修会/大阪府支部 [2010年06月20日(Sun)]
今日は一日中、赤十字ボランティア基礎研修を受けました。
基礎だからっていって初めて受講ではありません。
僕の自念で基本は少なくとも、忘れてはならないものと考えます。
何事も出来るかぎり繰り返し、原点回帰する事により自分のものにします。


その中でボランティアについての講義が今の僕は、特にためになりました。

(1)ボランティア活動の特性
:ボランティアにはどんな特徴があるか?
◇自発性・自主性
・ひとから強制されたり命令されたりして行うものではない
・それぞれの自由な意志と主体性によって取り組む
・「ボランティア」の語源はラテン語のウォロ(Volo)「喜んで〜する」とか「すすんで〜する」という意味
・反対語はノロ(Nolo)「いやいや〜する」
・ウォロには命令形がない
・大阪弁にすると「ほっとかれへん」「がまんでけへん」
◇無償性
・原則的に報酬はありません
・報酬、利益を求めて活動するものではありません
◇福祉性、公共性
・その活動が社会福祉や生活環境、教育などの向上に役立つもの
・特定個人に対する活動ではない
◇先駆性・創造性
・行政ルールに囚われない活動
・自由な発想やアイデアが大切
◇実践活動が伴う
・ボランティア活動は何らかの行動を伴います
・実践なきボランティア活動はありえません

(2)ボランティア活動の意義
:なぜボランティアをするもの?
◇内面が豊かに
・様々な体験が、喜びや苦しみが自分の内面を磨き、人間性をも豊かにしてくれます
◇出会いと気づき、そして学び
・たくさんの人との出会い
・いろんな生き方や考え方
◇やさしさのネットワーク
・誰かのために役立ちたいという人たちのやさしい心のネットワークができます
・職業や地域、年齢、国籍を越えた仲間
◇知識、技術が身につく
・活動を通して、様々な知識や技術が身につきます

(3)ボランティア活動の心得
:こんなところに気をつけて…
◇健康に心がける
・一にも二にも健康
・健康な心と体が活動の源
◇テーマと責任
・まずはあいさつが基本「挨」「拶」
・どんな小さな行動も誠意と責任をもって
・些細なことでも約束は守りましょう
◇常に楽しく
・活動の中に喜びや楽しみが必ずあります
・あなたの愉快さや明るさは周囲に感染します
◇自信をもって
・熱意があれば誰にでも始められます
・先輩がいます 仲間がいます
◇謙虚に
・常に自分の活動姿勢を点検し、周囲との協調も心がけましょう
・活動相手の立場に立って考える

(4)活動の進め方
:ステップを踏んで計画的に
・活動サイクル 考え→行動する→気づき→(考えにまた戻る)

(5)よりよい活動のために
◇周囲の理解を得る
・家族や職場の理解が必要です
・良いことをしているという甘えは禁物
◇けじめをつける
・活動の時間や量は一定の範囲で
・長く活動を続けられる秘訣です
◇相手のニーズを大切に
・相手の立場に立ってニーズを考える
・善意の押しつけはやめましょう
◇学習と研鑽
・いろいろなことに興味を持つ
・活動に必要な技術を磨く
◇ネットワークを大切に
・活動ネットワークを大切に活かす
・一人一人の力は微力でも…
◇評価、反省
・活動の反省点を確認しておく
・反省点、気づいたことを記録する


これを踏まえて頑張ろう!
p(^^)q

松原市のボランティアの現状が見えてきた [2010年06月19日(Sat)]
今日、松原市ボランティア連絡会の会合に寄せてもらった。
色々お話をさせて頂き、思ったことは、松原市の行政が完全にボランティア活動について協調せず、社会福祉協議会に一任している。しかし、社会福祉協議会も全てのボランティアの把握、及びコントロールがなされいないことが実状である。
その中、松原市ボランティア連絡会の方々が一生懸命まとめようと御尽力されています。

昔からボランティアをされている方が、「20年程前は、三位一体になって活動していたんよ。」と言われました。時代と共に予算削減、責任問題、市政転換など色々あり、「その時は今より若かったから、勢いもあった。」とも言っておられました。

これからのボランティアの進め方について、もう一度自問自答すべきであると思った。



帰りに消防署の救急担当の方へ訪問し、お話させて頂いて、とても丁寧に応対してもらい、「協力出来るところは、協力させてもらいます。」と言って頂き、力強く思い帰宅しました。
(^◇^)┛
みんな応急手当の必要性は意識している。 [2010年06月19日(Sat)]
応急手当について調べていると、色んなことがわかってきました。

1.救命講習を受講の動機
・家族に何かあった場合に対象できるように
・いざというとき役に立てたい
・興味があった

2.応急手当普及啓発事業について、市町村で大差があること。
・積極的な市町村では受講者を「市民救命士」と称し、カードを発行することにより認識を高めている。
・普及に際し、行政と市民との連携の仕方が多種多様である。


平成16年7月から一般市民でもAEDを使用できるようになり、AEDを配備されても、講習を受けていない人には認識が薄いように感じられる。


僕が思うところ、市民は応急手当の必要性を認識している。違いは、行政が市民への伝えて方をどうするかによって、普及の仕方に大差が出てくる。


松原市はどういう考えでいるのかは知らないが、少なくとも僕の知るかぎりでは出遅れているように思える。
2010年防災白書より [2010年06月15日(Tue)]
地域防災リーダー育成の重要性指摘


との見出しで、今日の夕刊紙に「2010年防災白書が閣議で了承された。」との記事が載っていた。

その中で気になった部分は、
阪神大震災死者6434人を出した阪神大震災から15年となる今年は、同震災の際、防災の担い手として重要性が認識されたコミュニティーやボランティアなどを「新しい公共」と位置づけた。人口減少や少子高齢化の中で、新たな地域防災の担い手を育成する必要性を強調している。
白書は同震災後、地域、学校、企業など民間の防災活動が広がりを見せたと評価した。だが、防災組織は高齢化し、住宅街の昼間人口の減少など環境は変化していると指摘。こうした中で防災活動を強化させるために、地域の自主防災組織、企業、学校などが連携を深め、防災リーダーを育成することが重要とした。

…読売新聞夕刊より抜粋


共感する。
阪神大震災を知らない世代に、この教訓となる出来事から学んだものを、伝えていきたい思いが僕にはある。

少しでも興味を持ってもらい、命の大切さをわかってもらいたいものだ…。

昨夜の夢 [2010年06月15日(Tue)]
昼間の大阪老人ホームの喫茶ボランティアで、中々笑顔を見せもらえなかった事が心に残っていました。

その為か見た夢は、何をすれば喜んでもらえるか?
ボランティアの押し売りでなく、自分たちで調理して出すのは衛生上無理だし、と考えている自分の姿でした。

ぶつぶつ独り言。「普段中々口に出来ないもの…」「やっぱり出来立て?…の匂いがいい。」「匂い?」「やっぱり出来立ての食べ物は食欲を刺激を与える。」「待てよ!美味しい匂いを嗅いだら、自然と笑顔が出る。」
「そうだ!!」

次の場面で僕は別の場所に居ました。

そこはパン屋さん。

そう、僕の出した答えは、焼きたてパンを焼いもらう事でした。

近くの美味しいと評判のパン屋さんに飛び込んで、交渉していました。

美味しいパン屋さんは、素材にこだわっているので、やはり値段も高め。
(>_<)
それに加え、喫茶の時間に合わせて焼き上げてもらう事や少しの量で6種類を要求していました。

当然、店主は中々首を縦に振ってくれません。
「100円で5個づつ、6種類。そんなの無理だよ!」
僕は必死で主旨を話し、拝みたおしていました。
m(_ _)m

夢はここで終わりました。

どうでしょう?
これが実現すれば、本当に喜んでもらえるでしょうか??
(^_^;)
大阪老人ホーム ボランティア「希望会」 [2010年06月13日(Sun)]
昨日、リンクしている松原市市民活動サポートサロンさんにも登録されている松原ボランティア連絡会の代表の方に、松原市のボランティアの現状をお聞きしたく連絡したところ、「明日(本日)、午後1時から大阪老人ホームで喫茶をするから来ないか?その時に話をしましょう。」との事でした。

そして今日、寄せてもらいました。
ボランティア「希望会」は大阪老人ホーム(松原市阿保)で四十数年続けておられるとの事で、毎月第二日曜日に入居者さんの買い出し、喫茶を開催しているそうです。

少しお手伝いさせて頂きました。
買い出し品を入居者さんに配りに行くと、一人の入居者さんからお礼に手編みのアクリル毛糸たわしを頂いた。
ヾ(^v^)k
喫茶は饅頭、わらび餅、たこ焼きが用意されており、人気メニューは普段食べれないのか、たこ焼き(冷凍物を電子レンジで加熱)でした。
歯のないおばあちゃんが蛸をよけて、格闘しながら食べていた。
(^^ )

感想として入居者の方々は、やはり食事介助を必要と思われる方がいて、どこまで手助けするべきか少し戸惑った。
(^_^;)
終わってからミーティングが行われ意見交換をした。自分たちの意見は活発に話合ったが、率直、入居者さんからの感想、意見が聞こえて来ないなぁ〜と思った。

松原ボランティア連絡会の会合は、来週の土曜日にあるとの事ですので、寄せて頂こうと思います。
(^o^)/
初めてのボランティア体験2010 in まつばら [2010年06月09日(Wed)]
初めてのボランティア体験2010 in まつばら


たこ焼き作ってボランティアやってみよう
〜興味はあるけど、きっかけがないというあなたへ〜


特別な資格がなくてもボランティアはできます。
人と人がつながることで街が元気になります。
新しい出会いがしたい、新しいことにチャレンジしたい、新しい自分を発見したい、そんな人集合!
みんなで食べるの大好き、そんなあなたも大歓迎!

障がいのある人や、障がい者施設の職員・ボランティアと出会い、交流するイベントです。


7月25日(日)10:00〜16:00(受付9:00〜)
場所 松原市総合福祉会館(松原市新堂1-589-6)
対象 16歳(高校生)以上の方
定員 20名
参加費 無料
申込締切 7月15日(木)まで


問い合わせ・申込先
(福)松原市社会福祉協議会 http://www.matsubarashakyo.net/
まつばらピアセンター
<受付時間:月〜金の9時〜17時>
電話 072-337-7333
FAX 072-335-0294


僕からの一言

普段かかわらない人との交流というのは、気づかなかった事、意識していなかった事など自分自身のためになるなぁ〜といつも思います。
(^_^)v
| 次へ