CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
« フットサルの秋B-1 MKBCUPおもてなし準備篇 | Main | スキー&スノボ »
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
佐々木淑恵
生き物シリーズ (04/15) 佐々木淑恵
小さい生き物さがし (04/15) 佐々木淑恵
また会う日までサヨウナラ (04/15) 佐々木淑恵
JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー (04/15) 佐々木淑恵
風の便り@ (04/15) 佐々木淑恵
野球部始動! (04/15) 佐々木淑恵
サッカーボールアート展 (04/15) 佐々木淑恵
網地島先発隊がゆく (04/15) 佐々木淑恵
網地島キャンプ ザワメキのドワメキ岬 (04/15) 佐々木淑恵
神様トンボを追え! (04/15)
フットサルの秋B−2 晴れてよかったなあ篇[2018年11月29日(Thu)]
11月3日MKBCUP当日は、
見事な晴天。

1541665599826.jpg

今年の開会式は外の広場で行う。
お集まりの皆様を前に
開会宣言をするボランティアさん。
マスタークラス8チーム
U-15クラス3チーム
が優勝目指して激突する
アツい一日がはじまる。

1541665579653.jpg

そして終わる。
試合の写真撮るの忘れてました(涙)
優勝は
マスタークラス まきばFC(2年ぶり2回目)
U-15クラス アスイク(初優勝)
おめでとうございます。

個人表彰は
各クラスMVPと優秀選手4名。
「今年は優勝してMVP獲りに来た!」
少年は惜しくも優勝を逃し優秀選手に。

この場に来ることや
試合に出場することには
それぞれのドラマがあり、
その結果として
達成や歓喜を得た人もいれば、
落胆や無力を感じた人もいる。

怖くて嫌な思いをしたかもしれない。
けれど本当に怖くて嫌なのは、
「なんにもない」
ことなのだと思う。

怖かったということは、
カベに囲まれた自分だけの安全地帯から、
自分の意志で一歩出られたということ。
出たら怖かったから、
またそこに戻ってきたということ。
だからもう、
そこにあるのはカベではなくて、
扉になっている。

IMG_20181108_145915.jpg

自分で閉めた扉は、
必ず自分で開けられる。
いつかきっと、
自由に出入りできるようになれる。

怖いものばっかりの外の世界で、
仲間を増やして待ってるよ。

集まってくれた皆様、
2019年の11月3日、
雲一つない晴天のしたで、
またお会いしましょう。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/makibafree/archive/914
コメントする
コメント
扉はどんな時でも開きっぱなしにもいきません。
鍵をかけておくのも一つの方法です。
だけど、あなたを待っている人が必ずどこかで待っています。
そのためには大切にしている鍵を誰かのために使うのも
惜しくはないのではないでしょうか。

淑恵
Posted by:佐々木淑恵  at 2019年04月15日(Mon) 16:49

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ