CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


災害ボラパック [2007年01月22日(Mon)]
過去に伊勢湾台風を経験した三重。04年は台風21号によって大きな被害を受けました。そんな三重の防災ボランティアサイト「防災ボランティアみえ.jp
そして三重の災害系ボランティア団体が協力して作成した「みえ発!災害ボラパック」〜ボランティアバスの出し方教えます!〜はかなりの優れものです。
ボラバスは現地ボランティアセンターでの手続きが割愛でき、何より被災地の周辺に大量にボランティアを見込める都市がない場合など完結型のとても有効な方法の一つです。

災害ボラパック(PDF)


04年台風21号で被害を受けた三重県旧海山町

海と山に囲まれた美しい町でした
はるかのひまわり [2007年01月21日(Sun)]
12年前の阪神大震災で当時6年生の加藤はるかちゃんがお亡くなりになり、その家の跡地に咲いたひまわり。そこから採れたひまわりの種が日本全国に広がりました。12年間この活動を行ってきたお姉さんのいつかちゃんもすっかり大人になって1.17希望の灯のお手伝いをしていました。
中越地震の仮設のまわりに咲いたひまわりもこの「はるかのひまわり」から咲いたものです。

絵本にもなったはるかのひまわり


今年の1.17会場で配られていたひまわりの種(左)は秋田の小学校から届けられたもの
右は活動のシンボルのマグネットリボン

はるかちゃんが大事に飼っていたペットの餌のひまわりの種が偶然に芽を出し花開いた夏、あの年はとにかく暑い夏だったなぁ

小千谷塩谷、芒種庵にも、観音様にも、春にできる絆の碑にも、塩谷への道ばたにもひまわりを植えたいと思います。
また塩谷に集まりましょう!
災害ボラの勉強会 [2007年01月20日(Sat)]
中越のボランティア仲間が勉強会を企画されおよびいただきました。

本日、1月20日(土)
川崎市多摩区登戸にて開催

久しぶりに多少突っ込んだ本音の話を皆さんとできたらと思います
お手やわらかにお願いします
------------------------------------------------------
そして明日、21日(日)には、話題を呼んだあの災害ボランティアお作法集と規範」を世に出した「防災とボランティアのつどいが開催されます。

1.日時  
平成19年1月21日(日)  
10:30〜16:30
2.場所  
損保会館(東京都千代田区神田淡路町2−9)
3.日程
(1)全体会(午前の部)10:30〜12:00 (90分)
テーマ:多様な防災ボランティア活動の可能性
(2)分科会   12:30〜15:20(170分) 
・分科会@ 減災に向けた防災ボランティア活動
・分科会A 災害後の長期的な支援と防災ボランティア活動
・分科会B 地域の助け合いと防災ボランティア活動
・分科会C 防災の次世代の担い手と防災ボランティア活動
(3)全体会(午後の部)15:30〜16:30(60分)
各分科会からの報告と意見交換

分科会Aでは中越会議スタッフ及び川口町木沢小千谷市塩谷の住民の方がパネラーとして参加されます
-------------------------------------------------------
現役消防団員もいるIVUSAさん
高圧ジェット洗浄機のこの構え、さすがです!
                           昨年夏の長野水害にて
不二家 [2007年01月19日(Fri)]
小さい頃、父が時々ルックチョコレートを買ってきたのを覚えている。いま思うに多分給料日だったのだろう。ルックチョコレートは中に4種類の味が隠されている。現在はストロベリー、バナナ、メロン、パイナップルだが、その頃はストロベリー、バナナ、コーヒー、キャラメルだったと思う。サイトで検索してみたらその変遷が載っていた。ただの板チョコが多かったあの頃はルックチョコレートを食べることがとても楽しみだった。

その父が入院し末期症状だった頃、プリンが食べたいといい、病院の売店やコンビニでは忍びないので美味しいプリンを探して車で走った時、不二家の看板を見かけ、店内にある美味しそうなプリンを買ったのを覚えている。そして美味しく食べてくれた。

コンビニなどでルックチョコレートを見かけたとき父を思い出すことがある。遠足も運動会も・・・・私にとって不二家は良い思い出でしかないなぁ。

定番チョコ『LOOK』の意外な変遷史

4色の味が何だったかで年代がわかってしまうルック!
青パト車登場 [2007年01月18日(Thu)]
近年、身近なところで犯罪被害に遭遇する事件が急増しており、特に子どもを標的とした凶悪な犯罪が続発し、社会を震撼させています。そのような社会情勢を受け住民自らが自主的に巡回パトロールを行ったり、地域防犯に関する情報発信を行うなど、それぞれの地域において安全・安心に関する様々な取組が進められています。

政府においても、05年6月犯罪対策閣僚会議において、「安全・安心なまちづくり全国展開プラン」が決定され、その活動は全国的な広がりを見せています。その中にあってそれら自主防犯活動を行うボランティア団体が運行する青色回転灯を装備した車両によるパトロール活動が著しい成果を上げています。



本当はこのような車両が走らない社会が良いのですが・・・・・
青パト車両整備事業のイメージをつかむために青パトの試作車を作ってみました

団塊世代の高齢者予備軍の皆さんには、まだまだ世の為人の為に頑張っていただくことが沢山ありそうです! 

参考:
青パト効果
車両チームオフィシャルブログ
新しい仲間 [2007年01月17日(Wed)]
神戸1.17の追悼会場の東遊園地で新しい仲間ができました。四国徳島の災害ボランティアグループ「徳島の風」のメンバーAOさんです。AOさんは日本の高校で唯一環境防災学科のある神戸の舞子高校のOGで現在は徳島大学生。

私の知る限り四国4県の災害系の団体(災害に強い)は、まずは高知。高知は98年大水害以降、高知市民会議や高知県社協を中心に県外派遣も行う実力のある層の厚い県です。愛媛はもともと市民活動の活発な県ですが、災害では水害の多かった04年、新居浜も大被害を受け、その時に大活躍をした新居浜市社協。香川においても04年台風16号による高潮水害・23号の洪水などを受け、社協系や各NPOの災害ネットワークが確立された。04年の災害年においても徳島は大きな被害もなくそのためかなんとなく県外からは徳島だけがやや見えにくい存在でした。

しかし今回の神戸でのAOさんとの出会い。過去に大きな災害がない県での災害ボランティアの育成は危機感の欠乏からなのか、中々育ち難いのが実情です。その徳島にあって徳島市社協さんなどが中心となって勉強会なども地道に行っている頼もしい存在、それが「徳島の風」です。

神戸の災害系ボランティア団体の幹部のKMからはOAさんは高校生の時から際立ったセンスを持っていた子だったと後で伺いました。そしてなによりあの絆Tシャツを持っていると聞いた時、またおじさんの目から汗が・・・・・

会場には沢山の高校生ボランティアがスタッフとして活動していました。防災意識の高い若者が沢山育っていくことが何より嬉しいです。

AO先輩と舞子高校生
中越地震で避難所となった小千谷高校とも交流がある舞子高校

徳島が災害が少ないことはよいことです。
が、これからもよろしくお願いします。


東遊園地にある1.17希望の灯、訪れる人も後を絶たなかった
雨の中の神戸 [2007年01月17日(Wed)]
阪神地区は1月17日前日から小雨模様。地震の起きた5:46は雨足も強くなり「1.17」を模った6432本の竹灯篭のロウソクもつけては消えつけては消えの繰り返しでした。しかし雨の中続々と会場を訪れる市民の皆様はそんな雨にもまけることなく根気よく繰り返し繰り返し火を灯しておられました。

朝の出勤時に、仕事の合間に、お昼休みにと広場を訪れ灯篭に火を灯し合掌されておりました。

神戸から中越に通う仲間、1.17希望の灯の白木さんも雨の中夜通しの作業で大忙し

犠牲者の数の竹灯篭にはそれぞれの思いが・・・・

04年台風被害のあった豊岡からも

阪神淡路大震災12周年関連1月17日の関連行事は、
つどい・ウォーク・追悼セレモニー等25件
法要・礼拝等宗教行事29件
コンサート・講演・展示会等6件(全60件)

それぞれの会場でのスタッフ・ボランティアの皆様お疲れ様でした

そしてA〜geinの袖岡さん、二日間お付き合いいただきありがとうございました

神戸時代からの災害救援仲間、インド帰りのN山さんとも再会

12年前の神戸の画像
犠牲者の数の灯火 [2007年01月16日(Tue)]
伊丹市昆陽池公園での追悼
沢山の方々が交互に公園を訪れロウソクに火を灯しに、そして祈りをささげています




年配の方、家族連れ、高校生、中学生、そしてあの時にまだ生まれていなかった子ども達、沢山の人たちが火を守ってくれています
点灯開始 [2007年01月16日(Tue)]
12年間この追悼式を引っ張ってきた赤松さん
震災当時塾の先生、教え子の死に直面しその死を無駄にしまいとこの活動を開始・・・・


多くのボランティアによってこの活動も支えれれてきました
京都から袖さん

長野から太田さん

今年から静岡HANAさんも

チーム絆も1.17で頑張ってます
真実 [2007年01月16日(Tue)]
やや小雨まじりの天気になりましたが、今年も阪神・淡路大震災犠牲者追悼のつどいが阪神地区の各所で開かれます。
失った命の数をロウソクの灯火にして追悼する記念行事が昆陽池公園南広場でもう直ぐ開始されます。 
今年のテーマは真実、明朝地震のあった5:46まで12時間ロウソクを灯し続けます。

準備完了!作業を行ったボランティアさん

この灯火を会場のロウソクに分灯されます

◇主 催:
ユー・アイ・アソシエーション
1.17追悼のつどい実行委員会