CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


朝日山復興隊【3】 [2006年05月24日(Wed)]
6月に小千谷市浦柄地区で行なわれる「朝日山復興春の陣」の実施にあたって、その歴史を少し振り返って見たいと思います。

《奥羽越列藩同盟》

京都において天皇を警護する京都守護職にあった会津藩に恨みをもつ長州藩は薩長軍だけで会津を鎮圧するのではなく、仙台・米沢などの東北諸藩の兵力を利用するという考えを持っていた。仙台藩は、当初西軍の命を受け会津に兵を出したが、その一方で会津に陳謝謹慎を勧め、朝廷の許しをもらうべく新政府にはたらきかけようとした。その陳謝謹慎の理由もまったく理解できないが。

仙台藩の本音としては会津を討つ意思はない。しかし会津藩の謝罪嘆願書は撫総督府に握りつぶされてしまう。西軍の参謀、世良修蔵はあくまで徹底交戦の姿勢をくずさない。「なぜ謝罪している会津を、討つ必要があるのか?」仙台藩士をさらに驚かせたのは、世良たち西軍幹部の仙台領内での振る舞いであった。

記述によれば彼らは「仙台藩士を侮辱する歌を唄い」「酒を飲み、暴れ」朝廷の軍隊だという理由で「婦女に一生消えることのない辱めを与え」それを誇りにしたとある。

もともと彼らには和平の意思などなく、特に長州藩にとって会津征伐は、京都において多くの同士を死傷されたことへの恨みばらし、弔合戦ともいえるものであった。戦争はあらかじめ、和平のためではなく、戦争そのものが戦争の目的だったといってよいだろう。「政府軍、官軍といっても長州・薩摩など南西の一部の藩にすぎないのではないか」

世良が大山格之助にあてた密書に「奥羽皆敵」(奥羽=東北は全て敵)の文字が見つかると、激昂した仙台藩士はこの「奥羽殲滅計画」を問い詰め、怒りが頂点に達した仙台藩士がついには世良を惨殺する。

これをきっかけに、仙台藩主導の仲介作戦は破綻。東北諸藩は公然と新政府軍への抵抗を表明すべく、仙台藩白石城において「奥羽列藩同盟」を結ぶことになる。後に長岡藩など越後諸藩が加わり「奥羽越列藩同盟」となる。その数。実に東北三十一藩という、奥羽地方のほとんどの藩を含むものであり、情勢は一気に「奥羽越対薩長という様相を呈してきたのである。炎

こんなどうしようもない世良修蔵でも西軍藩士の墓は驚くほど立派なんです。

◇奥羽越列藩同盟参加藩
白石列藩会議から参加した14藩
仙台藩・米沢藩・二本松藩・湯長谷藩・棚倉藩・亀田藩・相馬中村藩・山形藩・福島藩・上山藩・一関藩・矢島藩・盛岡藩・三春藩・

新たに奥羽同盟に参加した11藩
久保田藩(秋田藩)・弘前藩・守山藩・新庄藩・八戸藩・平藩・松前藩・本荘藩・泉藩・下手渡藩・天童藩

奥羽越列藩同盟に参加した北越6藩
長岡藩・新発田藩・村上藩・村松藩・三根山藩・黒川藩

次回は北越戦争


列藩同盟の舞台となった仙台藩白石城
上の写真は列藩同盟旗

参考:Wikipedia
中山間地の災害を考える [2006年05月23日(Tue)]
新潟県中越地震・復興フォーラム開催
−何をもって復興か〜人間力と地域力−

新潟県中越地震から1年半。被災地では2回目の豪雪の冬を経て、暮らしの再建に向けて今も懸命な努力が続けられています。 もともと人間として「たくましい」中越の方々に学ぶべきことは、自然との共生力、強固な地域力、そしてふるさとに対する愛着心であります。
一方で、深刻な課題も露呈されています。中山間地の地震災害がもたらした孤立集落や集落移転の問題、仮設住宅が段々歯抜け状態となり残る者の精神的圧迫感…、今こそ「何をもって復興なのか」という課題に正面から向き合いたいと思います。

◇主 催:震災がつなぐ全国ネットワーク
◇共 催:全国災害救援ネットワーク
◇協 力:中越復興市民会議 復興デザイン研究会
◇後 援:内閣府 全国社会福祉協議会 名古屋大学
◇日 時:2006年5月28日(日) 10:00〜16:30
◇場 所:名古屋大学環境総合館

詳細はこちらから!
http://www.npo-aichi.or.jp/shintuna/archives/2006/04/post_1.html
救援資機材【4】 [2006年05月22日(Mon)]
オフロードバイクです。救援資機材とはちょっと違いますが、災害現場で役に立ちます。その用途は説明するまでもありませんね。地割れや崩落が所がある場合には、担いだり、引っ張りあげたりできるよう比較的小型のオフロード車のほうが汎用性があります。その他の用途としては、そうですchoさん、いや熊のオートバイ乗りパフォーマンスで被災者に癒しを与えます。


ただ呆然としてはいられない [2006年05月21日(Sun)]
先日のブログ「ただ呆然と」でご紹介した、家財運び出しの前に瓦礫と化してしまった旧山古志村の被災家屋ですが、長岡市の郊外にある瓦礫分別場にそっくり運んでいただき、家財・貴重品・家族の思いでの品などの探し方を家族の方とボランティアと解体を行った業者とで行いました。既に沢山の土と泥にまみれていますが、天候にも恵まれ、10箱程度の家財を探すことが出来ました。

ここは、旧山古志村から運び出された瓦礫の分別場です。


他人にはゴミに見えるものも、家族にとってはかけがえのない宝物なんです。

子育てに大忙し [2006年05月20日(Sat)]
家の脇にギャグのつもりで数年前にバードハウスを何個か作り飾りました。このバードハウスは少し大きく入り口も大きめだったので鳥が入る事はないと思っていたのですが、今年の春はシジュウカラの夫婦が子育てを始めました。

子育てに 羽も休めず シジュウカラ kuro


車に隠れて無事隠し撮りに成功!
シジュウカラの雄雌の区別は、ネクタイの太いほうが雄、細いほうが雌です。
救援資機材【3】 [2006年05月19日(Fri)]
地震でも水害でも、私たちが行っている救援活動で、あらゆる場面で有効に活用できるのがエンジンタイプのチェーンソーです。しかし、チェーンソーは使い方を誤るととても危険な道具です。その使用についてはしっかりした操作・整備の講習と積み重ねた経験が必要です。特に切断された流木や柱・梁はいろんな方向に応力が働きます。その力の方向を予測することも大切な技術です。それさえ学び取れば災害現場で最高に役に立つツールです。

ブレードの長さがも35センチクラスと45センチクラスの2台があれば用途によって使い分けができ便利でしょう。

チェーンソーを上手に操れる森林ボランティアも災害現場で活躍されています

用途は流木の処理、雪害木の処理、倒壊家屋の解体、物資の運び出し口の確保などなど。

チェーソーについて詳しい案内はこちらを



いよいよ真打にご登場いただきました(小千谷にて)
お返しはまた次の人へ [2006年05月18日(Thu)]
先日、災害に関したある懇談会で2004年の台風23号で大きな被害を受けた豊岡市の中貝宗治市長に再会することができました。この災害では当然のことながら市民も行政各部署様々な経験をされたようで、その貴重な体験を伝えるために多忙な業務の合間を見つけ、機会を捉えて講演活動を行っているようでした。《被災地責任を参照

お話を伺った中でとても嬉しいことがありました。今年の国体は兵庫県(のじぎく国体)で行われますが、旧出石町(現豊岡市)は空手の会場になっているとのことです。豊岡では選手の皆さんをホームステイで歓迎するという企画を考え、そのホームステイ先に真っ先に手を上げたのが、出石町で最も被害の大きかった鳥居地区の皆さんだったとのことです。泥まみれになった大勢のボランティアへの恩返しとの思いがあったようです。

この地区は以前から市民農園なども行っており、その田畑も決壊した川から流れ込んだ土砂で見るも無残な姿でした。しかし、いまは見事に復活され水害復興のシンボル的な地区になっているとのことです。今はどうしても中越地震被災地に通う日が多くなっておりますが、近いうちにきれいに甦った豊岡・出石を訪れたいと思っています。

災害ボランティアのもう一つの見えない力はこんな形で実を結んでいました。


家の壁を突き抜け、遠くの畑まで流されてきたグランドピアノ(旧出石町にて)
救援資機材【2】 [2006年05月18日(Thu)]
水害には欠かせない水中ポンプ&発電機

水中ポンプ&発電機は水害での排水や中越地震では養鯉水槽の清掃に大活躍をしました。ちなみに新潟など雪国では太いビニールホースに穴が沢山開いてるものがあります。駐車場などの融雪用のホースなのです。購入時には確認を忘れずに。

◇水中ポンプ&キャプタイヤケーブルドラム
ドラム:用途は遠隔電源確保、巨大魚のリール)
水中ポンプ:用途は揚水、排水、噴水、象のウォシュレット)

◇小型発電機
用途:停電時の電源確保、非通電地域での電源確保、電気イスの電源確保)
朝日山復興隊【2】 [2006年05月17日(Wed)]
小千谷浦柄で行われる「朝日山復興春の陣」の概要がほぼ固まりました。

【活動趣旨】
中越地震の被災地の小千谷市浦柄地区は、町内を流れる朝日川が土砂崩れによってせき止められ、その影響をもろに受け、町内に猛烈な勢いで土砂が流れ込み、その被害状況は新聞・テレビ等でも取り上げられました。それら町を埋め尽くした大量の土砂は自衛隊と住民、そして全国から駆けつけてくれた多くのボランティアが力を併せ、なんとか取り除くことができました。
一方で、この浦柄地区にある朝日山は北越戦争(戊辰戦争)において東軍(長岡・会津・桑名を中心とした東軍諸藩)と西軍(薩摩・長州を主力とした西軍諸藩)が激しい攻防戦を繰り広げたところです。浦柄の住民は朝日山を愛し、そこに眠る東軍兵士のお墓を大切に守り続けています。この朝日山も中越地震の被害を受け、山肌が崩れ落ち、山頂までの車道も途中で分断された状態です。

この度、この朝日山の旧道(古道)の復旧、石碑・案内看板の修復、山頂の清掃などを浦柄住民とともに中越地震に関ったボランティアと合同で行うことにより、親睦をさらに深め、これからの浦柄地区の復興の一助とするものです。

【主  催】
小千谷市浦柄町復興委員会

【協  力】
中越復興市民会議、日本財団災害ボランティア支援タスク

【日  程】
平成18年6月10日(土)〜11日(日)(二日間)

◆第一日目(土曜日)
 9:00 集合  
10:00 作業開始
15:00 作業終了、下山
16:00 点呼、解散
夕方から、住民とボランティアとの交流会を予定

◆第二日目(日曜日)
 9:00 集合  
 9:30 作業開始
11:30 作業終了、下山
12:00 点呼、解散

【活動内容】
(1)旧道の整備(草刈・歩道・階段づくり)
(2)車道の清掃、雪害木の処理
(3)頂上付近の清掃
(4)展望棟・トイレ・展示コーナー等の清掃
(5)設置看板の修理・設置
(6)墓碑・石碑等の復旧
(7)危険個所の整備
(8)地元住民とボランティアとの交流会

参画・参集団体はこちら

※一般のボランティアの募集は行っておりません。
※ボランティア保険は参加者各自の対応とします。

本件に関する問合せ先:
日本財団災害ボランティア支援タスク TEL:03-6229-5161

地震によって崩落した山肌

地震・雪害で倒れた石碑

朝日山山腹に咲く可憐な花「イワカガミ」
朝日山復興隊【1】 [2006年05月16日(Tue)]
6月10(土)-11(日)、二日間で行われる、小千谷浦柄朝日山復興春の陣」の復興隊が決まりました。

【参謀本部・浦柄隊】
小千谷浦柄復興委員会と住民の皆様

【長岡藩連合】 (順不同)
中越復興市民会議
立ち上がれ!中越プロジェクト
にいがた災害ネットワーク
長岡技大VOLT of NUTS
中越学生ボランティアネットワークなじらね
小千谷青年会議所
チーム絆
NUVC(新潟大学ボランティア本部)
トライ・ネット(桑名藩飛地領柏崎から)

【風人隊連合】 (順不同)
震災がつなぐ全国ネットワーク
あかつきボランティアネットワーク
チーム静岡
那須野ケ原青年会議所
地球緑化センター自主グループ
中越元気村系ボランティア
オールとちぎ
名城大学
チームA〜gein
ヒューマンシールド神戸
テクニカルボランティア集団「風゜」
只見ぶなの木倶楽部
くわな防災支援ネット


※なお、この朝日山で東軍として長岡藩とともに戦った会津・桑名&柏崎からも援軍が来ます。


日本財団災害ボランティア支援タスクが応援します

ボランティア保険は各自で(ケガと弁当自分持ち)
※朝日山復興春の陣では一般のボランティアの募集は行っていません。

中越地震で被害をうけ道路が崩壊した朝日山山腹