CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


ジュラ吉くん [2008年05月31日(Sat)]

旧山古志村梶金集落の復興支援活動は鎮守様の杜の整備から始まります。

画像は昨年の秋田豪雨の折、残念なことに水害の影響で倒すことになった椹(さわら)です。仲間の恐竜ジュラ吉に乗ってチェーンソーで横に大きく張り出て電線に掛かった枝を打つ風組の親方です。




※ジュラ吉君に乗ることは「災害時のみの止むを得ない緊急的作業」ですので絶対に真似をしないようにしてください!
耐震を考えないつくり [2008年05月31日(Sat)]
手抜き工事だけではなく、四川省はこれまであまり大きな地震を経験されていなかったこともあり、耐震に対する意識はあまりなかったと思わざるを得ないような建物の倒壊。複数階の建物でも強度計算などされていレンガを積んで表面をモルタルで化粧しただけのビル。崩れる時は粉々になるため空間が生じることもなく、そのため救命の確立が低いとの指摘。



道路に面した塀も同じレンガを積んだだけのつくり

この画像は四川大地震被災地から戻った助さんから借用
学校倒壊の多さ [2008年05月31日(Sat)]
四川大地震では学校の倒壊があまりにも多かった。平日の昼過ぎの大地震は授業中でもあり多くの児童生徒の犠牲者を出した。材料搾取などによる手抜き工事もその大きな要因とされているが、一人っ子政策による大切な大切な子息を失い、大きな悲しみを背負いながらこれから生きてゆかなければならないのだろう。
また、震災孤児の4000人という数字からは、村全体が土砂崩れによって生き埋めとなり、学校にいて難を逃れたというケースもあったのだろう。子を失った親、親を失った子。そのあまりの数字の大きさに災害の規模すら想像もできない自分です。

授業中だったのでしょう。ペンを握ったまま天国へ・・・・



画像は新華網(XINHUANET)から引用させていただきました

◇日本の小中学校の耐震化率
https://blog.canpan.info/makezu/archive/1161
災害看護師被災地へ [2008年05月31日(Sat)]
画像は四川大地震での看護師によるトリアージと思われる画像です。災害経験の少ない中国では、災害看護に対する考え方も遅れていると言われています。
過去の国内外の災害において常に最前線で活動してきた災害看護の専門集団、災害看護支援機構によるセミナーが、明日開催されます。
https://blog.canpan.info/makezu/archive/1487

災害看護は救急救命期だけではありません。時間を追う毎に看護の役割は多様に変化していきます。看護支援機構はこれまで培った技術と経験をもとに四川大地震被災地に向かう準備を開始しています。
セミナー後、その具体的な打ち合わせを行う予定です。タイミングよくカンボジアから帰国する予定の助さんも成田空港から駆けつけてくれる予定です。




※画像は新華網(XINHUANET)から引用させていただきました
| 次へ