CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


四川大地震画像 [2008年05月26日(Mon)]
四川省大地震発生から多くの時間が過ぎ、沢山の画像がネット上にアップされています。悲惨極まりない画像も多くありますのでご注意ください。







陸路を絶たれた文川への救援には空挺部隊が落下。まるで空爆を受けたような文川の壊滅的な街並みが上空から見えます。
※文川=正しくはサンズイに文

都市災害リスク指数 [2008年05月26日(Mon)]
ドイツ再保険会社が格付けした世界の大都市の災害危険度指数で、東京がダントツトップでリスクが最も高い街になっています。
1.東京・横浜(710
2.サンフランシスコ(167)
3.ロサンゼルス(100)
4.大阪・神戸・京都(92
5.ニューヨーク(42)
6.香港(41)
7.ロンドン(30)
8.パリ(25)
9.シカゴ(20)
10.メキシコシティ(19)

その主な理由は、江戸時代から進められてきた埋め立てによる軟弱な地盤、木造家屋の多さ、道幅の狭さ、地下水脈の多さ、防災意識の低さなどなど。とても危なく恐い場所で働き、生活しているんだなと改めて感じます。
四川大地震の大惨事を思うに、地球は絶えず呼吸していて、日本列島はその呼吸をする割れ目に乗っかっているということ。
それでも日本には諸外国にあるような危機管理省のような部局がなく、災害多発国でありながらも、実は危機管理については過去の災害でも結構泥縄的な対応が多いのも事実です。
頼れるのは自助共助のみ!公助を期待してはいけません。
| 次へ