CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


”風”のお守りと”風”のハンマー [2008年05月16日(Fri)]

明日朝、漸く取れた中国航空のフライトで四川大地震被災地に向かう助さんのバックには、夕張の仲間がくれた、RERAのリストバンドのお守りが巻いてあった。雲南に長期滞在し、既に被災地に入っている仲間の災害ボランティアYさんとも連絡がついた。
スマトラ大地震被災地の復興支援活動をルーツにもつ夕張のリストバンドRERA。RERAはアイヌ語で風の意味。風に国境はない。明日彼等はその風に乗って国境を越える。勿論装備には小千谷風組がボランティア用に作った改造型小型ハンマーも積んだ!
みんなの様々な思いが一つになっている。ご健闘を祈ります。
四川省被災地へ [2008年05月16日(Fri)]
災害ボランティア仲間が取りあえず中国四川大地震被災地に向けて出発の準備を開始しました。現地までは空路陸路とも困難を予想されますが・・・・・。外国からやってきたボランティアだからできることがきっとある!神戸の時もそうだった!

<画像:https://blog.canpan.info/churauminosato/img/694/200805151838000.jpg>

現地での人海戦術による救援活動を見ると、せめてこの風組の「風太」だけでももって行きたいのところですが、飛行機には積めないしなぁ・・・・

中国の被災地では家族はわが子がまだ生きていると信じ、手を血だらけにしてコンクリートの瓦礫を必死になって片付けている。被災地に行って、いったいどれほどのことが出来るんだ言う人が中にはいる。必死でいる被災者に「皮の手袋を日本から届けに来ました。これ使ってください。一緒に瓦礫どかしましょう」といって手袋を渡してあげる日本から来たバカなボランティアが一人二人いてもいいと俺は思う。ましてや他人がとやかく言う問題でもないと思うし。

中越地震で被災したボランティア仲間のブログをご紹介します
http://blog.livedoor.jp/teechan_tetti/archives/635080.html
地震国の誇りを胸に [2008年05月16日(Fri)]

四川省の大地震は死者が2万人に達し、中国政府は最終的に死者5万人になると推定した。現地からの画像を見る限り専門的なレスキュー機材を使っての救援活動は見受けられずもっぱら人民解放軍による人海戦術のように見える。
中国は四川省大地震で外国に先駆けて漸く日本からの救援隊を受け入れてくれた。あと二日早ければと無念さも感じる。この時期に行く側の隊員の志気も当初準備していた頃に比べればどうだろう。隊の使命は遺体捜索ではなく人命救助。地震後72時間を超えての生存率は極めて低下しているが、しかし中越地震の妙見の奇跡の例もある。まだ間に合う!
世界に先駆けて要請を受けた地震国日本の誇りを胸に活躍をして下さいと祈るばかりです。
誰かが誰かを助けることに理屈は要らない。正に中国の格言「義を見て為さざるは勇無きなり」のみ。その言葉の意味には今は失われつつある人を見殺しに出来ないという人間としての魂と美学がある。
たった一人でもいい。瓦礫の中でまだ生きている人が必ずいます。助けてあげて下さい。

救出打ち切られ、親が手で…都江堰の中学校
| 次へ