CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


闘牛初場所 [2008年05月03日(Sat)]
中越地震被災地も4度目の春。地震後に崩れた写真スポットの野池群も復旧しました。



今日は小千谷闘牛の初場所。小千谷塩谷の角突き牛も朝早くから初場所の準備。横綱級の卯三郎さんの飼う竹沢号は初場所最終取り組みのおおとりを務めます。

小千谷小栗山の初場所風景

最終取り組みを前に気合いの入る卯さん。

角突きの朝は(動画) [2008年05月03日(Sat)]
角突きがある朝、牛たちは昨夜から餌を与えられていないため角突きの予感しており、大型トラックが着くと、早く闘牛場に行きたくてもう興奮状態です。
映像は小千谷塩谷の横綱級の竹沢号の積み込み風景です。その途中でやはり積み込み順番待ちの隆正号を見て「お互い頑張ろうぜ」と視線を贈る竹沢号にご注目。タマの揺れ具合も絶好調!



3年半前の中越地震の時、塩谷の村人は全員ヘリコプターで避難。村の3頭の牛たちは餌を貰えなくなるため鼻綱を解かれ野に放たれました。数日後、牛を探しに村に戻ったら3頭仲良くヘリが飛び立った小学校跡地に居たそうです。そこに居たら村人が戻ってくると思ったのかもしれませんね(涙)
| 次へ