CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


国も動き出しました [2008年05月01日(Thu)]
ここ数年に起きた未曾有の自然災害を受け、公官庁の中でも多くの専門技術を持っている国土交通省が本腰をあげて緊急災害派遣隊創設に動き出しました。
以下、国土交通省河川局のHPから抜粋。

緊急災害対策派遣隊(TEC−FORCE)の創設が決定

4月24日、国土交通大臣を会長とする「国土交通省防災会議」が開催され、緊急災害対策派遣隊(TEC−FORCE※)の創設が決まりました。
TEC−FORCEは、大規模自然災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、被災地方公共団体等が行う災害応急対策に対する技術的な支援を円滑かつ迅速に実施することを目的としたものです。
本省、国土技術政策総合研究所、国土地理院、地方支分部局、気象庁に設置され、先遣班、現地支援班、情報通信班、高度技術指導班、被災状況調査班、応急対策班、輸送支援班、地理情報支援班、気象・地象情報提供班より構成されます。
大規模自然災害が発生したときは、被災地にTEC−FORCEを派遣し、被害状況の調査、被害の拡大防止、早期復旧に関する地方公共団体等の支援を行います。
今後、地球温暖化等に伴う災害リスクの増大や大規模地震の可能性も踏まえ、国土交通省の責務を今まで以上に果たせるよう総力をあげて取り組んで参ります。
なお、本省での隊員の指名は、5月を予定しています。
※ Technical Emergency Control Force

詳細はこちらから
| 次へ