CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


綱紀粛正 [2007年10月30日(Tue)]
当時の防衛庁長官や官僚なども関与していることなど、徐々にいろいろなことが明らかになってきた今回の防衛省不祥事事件。自衛隊の為にも、東京地検には鋭く切り込んでいただきたい。


あなたにそんなことを言える資格はあるのかと、
強い怒りを感じながらも、
被災地のために日々活動する自衛隊さんです。

群馬で水害フォーラム [2007年10月30日(Tue)]
群馬県では9月に起きた台風9号の影響で道路が寸断され、県内の南牧(なんもく)村が孤立状態となり、陸上自衛隊第12旅団が道路復旧などが行われました。
そんなこともあり、台風被害に関するフォーラムが高崎で開催されます。

防災・減災フォーラム2007in群馬

◇主 催:国土交通省高崎河川国道事務所
◇日 時:2007年11月16日(金)
      13:30〜16:30(13:00開場)
◇場 所:高崎シティギャラリーコアホール
      (高崎市高松町35−1)
◇定 員:300名(先着順,11/9締め切り)

◇プログラム:
[基調講演]
群馬県の気象災害〜台風被害と防災の歴史〜
田代大輔氏 (気象予報士)

[パネルディスカッション]
台風9号に学ぶ〜高めよう地域防災力
〈パネリスト〉
・田代大輔氏(気象予報士)
・座間愛知氏(高崎市副市長)
・清水義彦氏(群馬大学准教授)
・前佛和秀氏(国土交通省高崎河川国道事務所長)
〈コーディネーター〉
・小林忍氏(上毛新聞社論説委員長)

※申し込み方法ほか、詳細は以下のHPをご覧ください。
[上毛新聞社]
http://www.jomo-news.co.jp/tokyo/bousai/
漸く走れる [2007年10月30日(Tue)]
中越地震以来活躍の場がなく、暫らく走らせなかったためにエンジンがかからなかったオフロードバイクが修理から帰ってきた。これからは有事に備え、まめに乗ろうとバイクマニアのスタッフと話しています。


しかし、以前ばらした時のナットが一個余ってしまっている(^^;)
| 次へ