CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


あとは任せろ! [2007年10月23日(Tue)]
レッドソックスの岡島が大活躍している。インデアンスとのワールドシリーズを賭けた最終戦でリリーフとしてマウンドに向かう岡島は松坂に向かって「あとは任せろ」と言ったと。自信に満ちた素晴らしい言葉だ。


災害被災地では、災害ボランティアもそれぞれが仕事を持ちながらの活動になるために、野球のピッチャーのように先発・中継ぎ・抑えのようなものがあるかもしれない。私たちもそんなリレーが上手く行って地震の場合1〜2か月もの間、被災地に関われることが出来るのかもしれない。
今年9月の秋田水害でも私たちが帰るとき「あとは任せろ」と先発・中継ぎ・抑え全てを果たしてくれた与一隊長。長年のJC活動(那須野が原JC所属)最後にもなる今年、北海道帯広で開催されたJCの全国大会。当然出席するつもりでいた彼は既に予約していた飛行機をキャンセルしてまで北秋田市の残留を決めた。


「そしてトンボも任せてくれ!」

秋田を去り、北海道に行って後悔することと、秋田に残って後悔すること。その二つの後悔を比べ意義を考え、秋田残留を決めたと話してくれました。これまでJCの災害担当として頑張ってきた生き方と「義」を貫いた平成の那須の与一こと桑原隊長です。

今日であの中越地震から3年が経ちました。それに関わった多くのボランティアたち。それぞれの思いで17:56を迎えると思います(合掌)。
| 次へ