CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


川口町感謝デー [2007年10月12日(Fri)]

感謝の気持ちを川口から・・・
昨日、川口町から1枚の葉書を頂戴いたしました。今月23日で震度7を記録したあの中越地震から3年目を迎えます。震源地でもあった川口町はまだまだ復興の途にある街ですが、町をあげての「震災復興おかげ様感謝デー」が開催されます。
詳細はこちらから

当時、川口に関わった多くのボランティアがまた一堂に会して、当時を振り返りながら悲しい思い出、感動した思い出、嬉しかった思い出などなど、懐かしい話に花が咲くことでしょう。

この川口町では、私たちも屋内ゲートボール場「すぱーく」をお借りし、拠点を構えさせていただき、VCと連携を取りながら、川口・小千谷・長岡を中心に活動させていただきました。

全国各地から移動ボランティアが集結し避難所からの引越しサポート

拠点を共有し、当時から共同戦線を構え共に闘った、盟友「オルとち」の出動まえの気合の入った食事風景。すでにお代りモードに入っている隊長!

塩谷への支援要請に応え、夜中車を走らせ駆けつけてくれたIVUSAの若き仲間たち

拠点では沢の水や雨水を溜めての生活。沢の水の汲み上げ部を工作するのは川口VCから○○されてきた神戸のノブさん

たった3年前の出来事ですが、その後も05年九州四国を襲ったカトリーナ級の台風14、昨年の長野豪雨、今年に入っての能登半島と中越沖の地震、先日の秋田豪雨、中越地震が遥か昔のようにも思うこの頃。
| 次へ