CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


三つの絆 [2007年05月04日(Fri)]

小千谷市塩谷地区で行われていた三つの絆の碑の建立が無事に終えましたと連絡をいただきました。
チーム絆に関係するボランティアの皆様、お疲れ様でした。
(携帯更新)
ペルーで救急車として [2007年05月04日(Fri)]
阪神淡路大震災の翌年から能登半島地震までの11年間。普段は足の不自由な障害者の移動支援を行いながら、災害が起きるごとに被災地を走り続けた、京都のボランティア団体「A〜GEIN」のS岡さんの福祉車両が救急車として再利用されるために南米のペルーに向けて船積みされる予定です。水害では水没し使えなくなった福祉車両の代替車両として貸し出しをいただいたり、地震・噴火では被災者やボランティアの輸送、資機材の運搬と大いに活躍してくれました。
まだまだストレッチャーが積載できる車両の少ないペルーあって、救急車としての特装を加え再活用いただく予定です。

最後の災害救援活動となった能登半島地震

| 次へ