CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


はるかのひまわり [2007年01月21日(Sun)]
12年前の阪神大震災で当時6年生の加藤はるかちゃんがお亡くなりになり、その家の跡地に咲いたひまわり。そこから採れたひまわりの種が日本全国に広がりました。12年間この活動を行ってきたお姉さんのいつかちゃんもすっかり大人になって1.17希望の灯のお手伝いをしていました。
中越地震の仮設のまわりに咲いたひまわりもこの「はるかのひまわり」から咲いたものです。

絵本にもなったはるかのひまわり


今年の1.17会場で配られていたひまわりの種(左)は秋田の小学校から届けられたもの
右は活動のシンボルのマグネットリボン

はるかちゃんが大事に飼っていたペットの餌のひまわりの種が偶然に芽を出し花開いた夏、あの年はとにかく暑い夏だったなぁ

小千谷塩谷、芒種庵にも、観音様にも、春にできる絆の碑にも、塩谷への道ばたにもひまわりを植えたいと思います。
また塩谷に集まりましょう!
| 次へ