CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


新しい仲間 [2007年01月17日(Wed)]
神戸1.17の追悼会場の東遊園地で新しい仲間ができました。四国徳島の災害ボランティアグループ「徳島の風」のメンバーAOさんです。AOさんは日本の高校で唯一環境防災学科のある神戸の舞子高校のOGで現在は徳島大学生。

私の知る限り四国4県の災害系の団体(災害に強い)は、まずは高知。高知は98年大水害以降、高知市民会議や高知県社協を中心に県外派遣も行う実力のある層の厚い県です。愛媛はもともと市民活動の活発な県ですが、災害では水害の多かった04年、新居浜も大被害を受け、その時に大活躍をした新居浜市社協。香川においても04年台風16号による高潮水害・23号の洪水などを受け、社協系や各NPOの災害ネットワークが確立された。04年の災害年においても徳島は大きな被害もなくそのためかなんとなく県外からは徳島だけがやや見えにくい存在でした。

しかし今回の神戸でのAOさんとの出会い。過去に大きな災害がない県での災害ボランティアの育成は危機感の欠乏からなのか、中々育ち難いのが実情です。その徳島にあって徳島市社協さんなどが中心となって勉強会なども地道に行っている頼もしい存在、それが「徳島の風」です。

神戸の災害系ボランティア団体の幹部のKMからはOAさんは高校生の時から際立ったセンスを持っていた子だったと後で伺いました。そしてなによりあの絆Tシャツを持っていると聞いた時、またおじさんの目から汗が・・・・・

会場には沢山の高校生ボランティアがスタッフとして活動していました。防災意識の高い若者が沢山育っていくことが何より嬉しいです。

AO先輩と舞子高校生
中越地震で避難所となった小千谷高校とも交流がある舞子高校

徳島が災害が少ないことはよいことです。
が、これからもよろしくお願いします。


東遊園地にある1.17希望の灯、訪れる人も後を絶たなかった
雨の中の神戸 [2007年01月17日(Wed)]
阪神地区は1月17日前日から小雨模様。地震の起きた5:46は雨足も強くなり「1.17」を模った6432本の竹灯篭のロウソクもつけては消えつけては消えの繰り返しでした。しかし雨の中続々と会場を訪れる市民の皆様はそんな雨にもまけることなく根気よく繰り返し繰り返し火を灯しておられました。

朝の出勤時に、仕事の合間に、お昼休みにと広場を訪れ灯篭に火を灯し合掌されておりました。

神戸から中越に通う仲間、1.17希望の灯の白木さんも雨の中夜通しの作業で大忙し

犠牲者の数の竹灯篭にはそれぞれの思いが・・・・

04年台風被害のあった豊岡からも

阪神淡路大震災12周年関連1月17日の関連行事は、
つどい・ウォーク・追悼セレモニー等25件
法要・礼拝等宗教行事29件
コンサート・講演・展示会等6件(全60件)

それぞれの会場でのスタッフ・ボランティアの皆様お疲れ様でした

そしてA〜geinの袖岡さん、二日間お付き合いいただきありがとうございました

神戸時代からの災害救援仲間、インド帰りのN山さんとも再会

12年前の神戸の画像
| 次へ