CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


朝日山復興隊【9】 [2006年05月31日(Wed)]
前回のブログで紹介した泥と瓦礫にまみれた浦柄ですが、その泥と闘った勇者たちです。

浦柄で活動するあの「04救援隊」の貴重な写真です。

家に流れ込んだ汚泥をポンプで汲み出すSHINCHAN(福島)

高速のSAで拾われた旅人のMASARU(福岡)

使える材を運びだす名城大ボランティア

朝日山復興隊【8】 [2006年05月31日(Wed)]
朝日山復興春の陣で住民とボランティアが共に汗しながら整備する朝日山は小千谷市浦柄地区にあります。
この浦柄地区は集落を流れる朝日川が地震でせきとめられ、また養鯉池の決壊で鉄砲水が集落を襲い、二重三重の被害を受けました。その状況下、住民・自衛隊・ボランティアが一丸となって大量の泥や瓦礫に立ち向かいました。その意味からも多くのボランティアにとっても思いでに残る地です。
この朝日山復興春の陣を機に、浦柄とボランティアとの新たな絆が生まれることと確信しています。

あの日の浦柄をもう一度心に刻み朝日山に臨みたいと思います。
写真は浦柄のHP《ようこそ浦柄へ》から






◇浦柄復興委員会ブログ《うらがらの笑顔》もどうぞ!
  https://blog.canpan.info/uragara/

| 次へ