CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


中山間地の災害を考える [2006年05月23日(Tue)]
新潟県中越地震・復興フォーラム開催
−何をもって復興か〜人間力と地域力−

新潟県中越地震から1年半。被災地では2回目の豪雪の冬を経て、暮らしの再建に向けて今も懸命な努力が続けられています。 もともと人間として「たくましい」中越の方々に学ぶべきことは、自然との共生力、強固な地域力、そしてふるさとに対する愛着心であります。
一方で、深刻な課題も露呈されています。中山間地の地震災害がもたらした孤立集落や集落移転の問題、仮設住宅が段々歯抜け状態となり残る者の精神的圧迫感…、今こそ「何をもって復興なのか」という課題に正面から向き合いたいと思います。

◇主 催:震災がつなぐ全国ネットワーク
◇共 催:全国災害救援ネットワーク
◇協 力:中越復興市民会議 復興デザイン研究会
◇後 援:内閣府 全国社会福祉協議会 名古屋大学
◇日 時:2006年5月28日(日) 10:00〜16:30
◇場 所:名古屋大学環境総合館

詳細はこちらから!
http://www.npo-aichi.or.jp/shintuna/archives/2006/04/post_1.html
| 次へ