CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


浦柄からのたより [2006年05月01日(Mon)]
小千谷市浦柄の復興に力を注いでいる復興委員会の川上和雄さんから朝日山の近況報告がありましたので紹介させていただきます。(4/28の状況)

今の朝日山の状況です。山頂は雪も溶け、桜も咲いています。しかし、8〜9合目付近は北向きのため残雪が50センチ以上あり完全に溶けるのは連休後半になると思います。この雪の下に倒木や昨年手入れできなかったために雑草、落ち葉が多量にあります。頂上の石碑も今年の雪で倒壊していました。

朝日山西斜面の大崩壊現場で見つけたふきのとうが集団で咲いていましたので一緒に送ります。下界は桜が満開で最高の状態です。昨年は落ち着いて桜も見ることが出来ませんでしたが、自然の力はすごいですね。

浦柄地区、東山地区、山古志地区と雪消えとともに工事が一斉に再開され、ダンプカーや工事車両の往来がものすごく、事故がなければと思っています。
また、連絡します。


とありました。



どんなに雪が深くても植物はこのフキノトウのように強く立ち上がってくる。人が作ったものはもろいが、人も負けてはいられない。
昨年は桜すら見る余裕が無かったというのがとても印象的でした。
雪が消えたらまた出来ることから一歩づつ・・・。
| 次へ