CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


災害VC看板シリーズ【2】 [2005年12月20日(Tue)]
1997年冬に起きたロシアタンカー事故(ナホトカ号)によって大量の重油が日本海沿岸に流れつき各地に甚大な被害をおよぼした悲しい。特にナホトカの船首部が流れ着いた福井県には多くのボランティアが駆けつけ重油の回収活動汗にあたった。同年、福井県ではそれらの経験を踏まえ、災害時のボランティア活動がより効率よく円滑にすすむよう全国から集まった義現金を元に災害ボランティア活動のための基金条例が作られた。電球

2004年夏、集中豪雨によって再び福井県は未曾有の被害を受けることになった。その水害処理においても延べ6万人のボランティアが活動した。福井県は本年4月にさらに災害時におけるボランティア活動が一層推進され、県の責務などを明らかにしたさらに強固な「福井県災害ボランティア活動推進条例」を新たに制定した。キラキラ

福井方式は潤沢な基金に裏づけされたボランティア活動が展開される。多くのボランティアセンターの看板が手書きであるのに対し、業者発注?される。ボランティア活動のための基金から地元の復興の一助としてお金が落とされる。この福井水害においてもボランティアが使用した多くの資機材が地元で購入され、災害 の多かった2004年はその資材が全国のボランティアセンターで再活用された。この条例は勿論県外派遣にも活用され、ふくい災害ボランティアネットを中心に、東海大地震を想定し、山を越えて静岡に入る「静岡突入訓練」なども行われている。拍手


手作り看板に比べると多少味気ないが・・・・
| 次へ