CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


基地泊まり [2008年06月15日(Sun)]
今回は現地にどうしても入れないために、後方支援として被災地に4ルートから入っている各先遣メンバーの情報共有・発信を円滑に行うため、そのシュミレーションも兼ね赤坂基地に詰めています。
こんなところで救援機材に囲まれ一人でいると、そろそろもっとデカイ地震でも来そうだな!とかいけない妄想にかられてしまいます。
四川大地震における後方支援と同じく今回も基地泊まりです。そろそろ消灯にします。先遣隊の皆様、おやすみなさい。



PS:宮城県は地震の巣だけあって、それだけに耐震家屋普及が進んでいると実感できました。震度6に耐えられる家づくり、そして家具などの固定が一番大切なことだと今回の地震で再認識しております。

岩手・宮城内陸地震13 [2008年06月15日(Sun)]
岩手・宮城内陸地震に関するNPO等の関連サイト

◆宮城県災害ボランティアセンター
http://www.msv3151.net/index.html

◆宮城県災害時外国人サポート・ウェブ・システム
http://www.emis-miyagi.jp/index.php

◆くりこま高原自然学校代表佐々木豊士さんのブログ
https://blog.canpan.info/master_kkns/

◆岩手県社協 ボランティア・市民活動センター
http://www.iwate-shakyo.or.jp/vc/index.html

◆先遣チーム ヒューマンシールド神戸サイト
http://chikyunikki.spaces.live.com/

◆先遣チーム SVTS風組
https://blog.canpan.info/kizuna/

◆震災がつなぐ全国ネットワークメンバー等の動き
http://www.npo-aichi.or.jp/shintuna/2008/06/6142000.html

◆宮城県防災情報サイト
http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/saigai_index.htm

◆岩手県防災情報サイト
http://www.pref.iwate.jp/%7Ebousai/
岩手・宮城内陸地震12 [2008年06月14日(Sat)]
前々から宮城県沖を震源とする地震は日本で最も高い確率で地震が発生するとの専門家による指摘でしたが、今回のように内陸側にも震源を持つ大地震が起きるということはますます問題のある複雑な地域になりそうです。そして、災害ボランティアにとては応用問題的な今回のマグニチュード7.2の岩手・宮城内陸地震のようです。

先遣隊として入った長野・山形・埼玉・新潟の仲間は一関市で合流、明日以降のことについて協議中とのことです。総論としてはボランティアとしては関わりにくい今回の被災状況のようです。
また被災地全体を通して高齢化が進んでいる地域でもあり、地震による後片付け的な作業はあるものの、ボランティアセンター展開での作業でもなさそうとの報告です。

今回の地震における宮城県内でのボランティアによる支援活動は、下記サイトを十分ご確認の上、行動されることをお薦めします。

宮城県災害ボランティアセンター
http://www.msv3151.net/index.html

岩手・宮城内陸地震11 [2008年06月14日(Sat)]
四川省大地震を彷彿させる今回の地震です。地球が異常に動き始めているように感じる。


岩手・宮城内陸地震10 [2008年06月14日(Sat)]
富山県高岡市の炊き出し釜メーカーのやまやさんが支援に入っている一関市本寺小学校(岩手県一関市厳美町字岡山16−6)は80人ほどが避難しているとのことです。殆どがヘリコプターで救助された人たちです。
岩手・宮城内陸地震9 [2008年06月14日(Sat)]
◇あくまで参考としての情報です。
今回の地震で被害の大きかったとされる宮城県栗原市花山地区に入って活動していた先遣メンバー(埼玉・新潟)からの情報です。花山地域全体を見たところでは家屋などの被害は極めて少ないようです。震源付近の山間部の崩落などの大規模な被害状況とは対象的に居住地区では穏やかとのことです。従ってボランティアなどの大量動員による活動にはその必要性が少ないとの報告です。

◇栗原市の花山地区での避難所情報です
栗原市の花山にある「石楠花(しゃくなげ)センター」に100人程が避難しているとのことです。石楠花センターは花山湖の市役所支所の直ぐそばです。
栗原市花山字本沢北ノ前77
0228-56-2331
岩手・宮城内陸地震8 [2008年06月14日(Sat)]
岩手県奥州市に入っている吉村さんからの情報です。
(以下)
奥州市役所3階にて本日7回目の災害対策会議。自治体、消防、警察、自衛隊、判定士から活動報告と明日の予定を協議中。
山間部に置き去りにされた車の持ち主が不明で、開通した後の持ち主との連絡方法を岩手県と協議する。
宮城県と同様に山間部の被害が深刻だ!
(以上)
岩手・宮城内陸地震7 [2008年06月14日(Sat)]
炊き出し釜のやまやさん、一関市で避難所となっている本寺小学校で炊き出しの準備を開始しています。
岩手・宮城内陸地震6 [2008年06月14日(Sat)]
HS神戸の吉村さんは岩手県一関市から国道4号線を奥州市に向かっています。鶴岡スターンとは奥州市で合流予定。道は渋滞していないようです。
被害の大きかった花山ダム周辺にて活動しているコーゼンさんに風組は合流予定。

宮城県災害ボランティアセンター
http://www.msv3151.net/index.html
岩手・宮城内陸地震5 [2008年06月14日(Sat)]
被害の大きかった栗原市に近い登米市迫町にあるハンセン病療養所「東北新生園」の状況を確認に行っていただいた風組さんから、特に被害はなかったとの報告をいただきました。安心しました。風組さん、ありがとうございました。建物にも入所者の皆さまにも一切被害はなかったとのことです。