CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


緩やかな協働作業 [2007年08月16日(Thu)]
今日の丸特隊は、ボランティアセンターからのボランティアさんとの協働作業でした。丸特隊が住民と一緒に家屋に入り家財道具を運び出し、一般のボランティアさんがそれを受け取り搬出作業をするという内容でした。このような丸特隊とボランティアセンターの緩やかな協働関係が、微妙にバランスを取り合って赤紙家屋も対応しているスタイル。これもまた「赤紙対応問題」に対して市民側が賢く作り出した知恵なのかもしれませんね。

今日の丸特隊は少し早めに帰途についた仲間数名とシャッターを押していただいている長岡技大のボルナツさん。人数は少なくても、確実の赤紙家屋に対しても対応されていくこの活動。ボランティアセンターとの信頼関係があってこそ実現するこの動きを、今後も大切にして行きたいと思います。

小千谷の風組さんが現場に陣中見舞いに来られ、そしてまた被災住民の相談事にのっていただき不安を取り除いておられました。家屋の解体など噂ばかりが飛び交って真実はどうなのかを知らない住民がまだまだ多いことを感じました。

ハスクバーナさん、いつも機材の提供ありがとうございます!