CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


レバーブロック [2007年07月24日(Tue)]
家の前の倉庫の屋根に寄りかかったブロック塀の処理

テンションが利きやす上方にワイヤーを巻き、レバーブロックでゆっくりと巻き上げてブロック塀を内側へ。塀が寄りかかったり、寄りかかられたりと、隣りどおしの微妙な関係も少しずつ解消していく。丸特ニーズはそのような役割も担っています。



柏崎に調査に入っていた神奈川災害ボランティアネットワークのUさん(右)も、お仲間を連れて応援に駆けつけていただきました。本当にありがとうございました。

災害現場で共に汗をした多くの仲間の力の結集によってこの被災地も少し甦ったかな。この地域のM区長さんも坂道の多いこの集落を汗を拭きながら忙しそうにしていました。また災害被災地は地区の世話役さんたちの支えがあってこそ、元気になっていくのだと改めて感じる、今回の救援活動の最期の地区となる番神です。

この地区はあの鉄道が寸断された青海川駅上にあります。危険地域に指定され住宅再建が出来ない土地も沢山出てきそうです(悲)