CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


チェーンソーのプロたち [2005年11月29日(Tue)]
被災地における専門性を活かしたボランティア活動に森林ボランティアの活躍もありました。水害では濁流によって街中に瓦礫や大きな流木が流れ込み、台風では樹木などがなぎ倒されます。それらの処理にはチェーンソーが欠かせないからです。

また地震での倒壊家屋からの家財道具などを持ち出す際にも梁や柱を切断しなからの作業となります。加えて新潟では19年ぶりの大雪によってさらに倒壊した家屋も増え、雪害による樹木の処理などでも森林ボランティアによる大きな働きがありました。

阪神大震災でも昨年の中越地震でも、地震での緊急救援期、近所の人がチェーンソーをもっていたお陰で倒壊した家屋から人を救出できた例も多く聞かれています。

◇04-05年、災害救援活動でご協力いただいた森林ボランティア団体さんです。
 奥会津只見森づくり倶楽部(福島)
 日本森林ボランティア協会(大阪)
 地球緑化センター(東京)
 かぐや姫なごみの里竹原(栃木)
 秩父やすらぎ隊(埼玉)
 小海やすらぎ隊(長野)
 名栗さわらび隊(埼玉)
 箱根KIKORI(神奈川)
 ふれあい筑波(茨城)
 みどり情報局―東京(東京)
 浜仲間の会(東京)


雪害木を処理する、みどり情報局-東京のOさん