CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


安全衛生フォーラム [2007年06月24日(Sun)]
災害系ボランティアの安全衛生フォーラムが開催されました。

ボランティア活動をする上での安全や衛生に関するフォーラムが東京赤坂で開催され、雨天にも関らず70名以上の方が参加されました。災害ボランティア活動での基礎衛生から地震災害での赤紙家屋への対応の問題など、幅広い有意義な話し合いがなされました。
このフォーラムを企画されたボランティア安全衛生フォーラム実行委員会のメンバーの皆様、本日早くから準備を行っておられた日本ファーストエイドソサエティのスタッフの皆様及び千葉RBさんを始めとした各災害ボランティア団体の皆様、ありがとうございました。
本日のフォーラムの報告は実行委員会からなされ予定ですので、またの機会に詳細を報告させていただきます。

パネラーとして登壇されたIVUSA災害救援プロジェクト推進部長の片山さん。彼が1年生の時が災害年の2004年。中越地震でも一緒に活動をさせていただきましたが、立派に堂々と発言する姿にその成長を感じ嬉しく思いました。

一年生の時の初々しい活動姿の片山さん(小千谷にて)

我らがノブさんは神戸から夜行バスで、いつも熱心です。

画面中央は家庭の防災用品さん?なんと山形から新幹線で。
ノブさんは神戸からですが夜行バスなので、一番お金を掛けての本フォーラムへ参加者ですね。
ご苦労さまでした。ろくなお持て成しもできず _| ̄|○

PS:突然現れた助さんも確か長野から新幹線?かな。