CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


重機操作レバーの違い [2007年05月28日(Mon)]
油圧ショベルの作業動作部分の操作は左右にあるレバーを前後左右に動かしますが、その動きはメーカーによってまちまちです。その違いを参考までにご紹介します。

建前上はこのタイプに統一されていると言われていますが・・・・
右はコマツ方式、左は旋回が左右、アームが前後。旋回は分かりやすい。

コマツ方式は掘削操作が両手で砂を掬う動作をイメージしている。そのため左右旋回が前後になっている。

三菱・キャタピラー方式はアメリカ方式なのか他と比べ右左のレバーが全く逆。

旧ヤンマー方式は右はJIS・コマツと同様。左はアームがJISと前後逆。

以上のようにメーカーによって全く違った動きをするアーム・ブーム・バケットの油圧系統ですが、レンタル会社の重機は自分の慣れたタイプに切り替えできるレバーが付いている場合もあります。
因みに水害などのボランティア活動で使用する場合、油圧ショベルの大きさはバケットサイズがコンマ1(0.1立米)前後あたりが小回りが効き便利です。またバケットを用いた泥処理は爪ではなく整地などで使うスクレーパータイプが便利です。また地震の場合にはバケットよりは怪獣の口のような形をしたグラップルをアタッチするほうが汎用性があります。