CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


らくがき農園 [2007年04月30日(Mon)]
2004年はとにかく災害の多い年だった。新潟豪雨水害に始まり最後はまた新潟に戻って中越地震。後で振り返ったらあの年は90日間被災地にいたようだった。当然多くの災害ボランティアの皆さんとも一緒になる事が多かった。中でも災害救援活動を積極的に行っている大学生を中心としたNPO団体「IVUSA」の皆さんともよく一緒に活動させていただいた。昨日あることろで、その時の学生幹部だった田村さんとその一年後輩の小早川さんと再会することができた。二人とも今はりっぱな社会人だ。

実は二人は偶然にもわたしの近くで友人から畑を借りて野菜を作っているという。その友人の斉藤さんも以前に中越の復興支援活動に応援をいただいたことがある。今日はその農園で作業を行うというので、飛び入り参加させていただいた。

横浜の中でも都筑区はまだまだこのような田園風景を多く見ることができる地域です。かなりの面積を借りていますがまだまだ使い切れていません。

今日は念願の看板の設置も。畑の近くの近藤さん宅の可愛いちびっこたちもお手伝い。らくがき農園と命名。落書きのように好き勝手に野菜を植えていることにちなんでか???

完成した看板を囲んでハイポーズ!

これまで災害被災地でしか会うことのなかった仲間との農作業は楽しい。きゅうり・茄子・かぼちゃ・おおば・パセリ・にんじん・キャベツ・かぼちゃ・唐辛子などなどが「らくがき農園」の作物です。
斎藤さん(左)小早川さん(中)田村さん(右)、そして近藤さんちのちびっ子三姉妹。

なんと斉藤さんちのペットは豚くん。近寄るとブヒーブヒーと威嚇してくる。番犬ならぬ番豚。