CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


お地蔵様三百体の復旧(続報U) [2007年04月21日(Sat)]
能登半島沖地震が起きた直後から被災地で活動している那須野ケ原JCの桑原さんから、来迎寺(らいごうじ)と医王院の調査報告と画像が届きました。伝説の男と電設の男のコンビによる調査でした。常に消息が途絶えてしまう男たちの超貴重で超珍しいレポートです。なにか天変地異が起きなければいいが・・・・・。

(以下)
下の画像が、現在の来迎寺にあるお地蔵様の状態です。(地震後の仮置き状態のようです)


下の画像の様に大人一人で持ち運び可能な大きさのお地蔵さまです。(地蔵尊を持つこちらが電設の男)
お地蔵様の下に四角の台座が1個の物と2個の物の2種類を確認しました。現在、お地蔵様が置かれている場所には砂利が敷かれていますので、その部分をコンクリートで固めてお地蔵様を元に戻し、更に接着剤で固定するとの事です。

下の画像の医王院はそれ程被害は無い様な印象でしたが、来迎寺と同じ様に砂利の部分をコンクリートで固め、接着剤で固定するそうです。


(以上)

地震の少なかった地域だったためか、これまでの置いただけの状態から、余震がきても堪えられるようにするようです。