CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


収穫多き森林 [2007年02月06日(Tue)]
荒廃する人工林や森林ボランティアの育成に関して、良いヒントはないだろうか?など日々考える中で、先日お伺いした速水林業さんについて再度アップさせていただきます。
常に新しいことへ挑戦続ける速水林業さんですが、その造林の考え方は、

1.単に利益追求のみを目的にするのではなく、地域住民に理解してもらえる経営
2.環境的に豊かで美しい森林の創造
3.世界に誇れる環境管理型人工林育成技術を確立
4.安全確保、機械化推進、林道網拡充、技術向上等日々の努力
5.議論の存在する現場
(速水林業パンフレットから抜粋)

森を歩きながら沢山お話をお伺いした中で、森羅万象あらゆるものに逆らわず、水・風・陽・土、自然の力、摂理、営みに応じて木を育て、山を造る、それが印象に残ったことです。そして、森林ボランティアへのメッセージは、伝統的な山造りや技術を学ぶことも大切ですが、市民団体らしい「新しい風」を吹かせることも役割ではないかと・・・・。
また一から勉強したいと思います。

グランドカバーのような下草(あえて下草を残すのが速水流)

道路網の整備を行った頃の画像(博物館にて)
材を出すための作業を如何に安く効率よく行うかが林業の生きる道と話す林業家が多いのも納得。

造林の過程がわかり易い様に解説した看板
植林1905年、ha当り12000本植林、間伐11回、密林による自然落枝、直径38.3、樹高38.3m、現在の本数(2004年)ha当り304本
と記載ありました。間伐比率2.5%、如何に間伐が必要かを示しています。

今年の干支、イノさんのヌタ場(アカ泥はダニが効くのを知っているイノさん)

林業関連資機材の専門店、林業が盛んな地域だけに林業関連の道具類も多い
町内にあるグッドウッズ


◇見学させていただいた速水林業さんの大田賀山林の概要
面   積:93ha
森林面積:89ha(ヒノキ85ha・スギ2ha・広葉樹2ha)
海   抜:10〜380m
傾   斜:3〜45度
雨   量:4200mm/年
林   道:7800m

そして、どの案内資料にもこの言葉がありました。
「最も美しき森林は、また最も収穫多き森林である」
アルフレート・メーラー(1860〜1922)

参考:速水林業さんのサイト